2023年10月29日 上尾プラスイレヴン セットリストと感想

2023年10月29日日曜日

上尾プラスイレヴン 

佐藤のら 弾き語り セットリスト

^--

1. 武州オンザロード

2. 沼南ハードタイムズ

3. 富士見フォーエバーヤング (新アレンジ)

4. 環状線ブルース

5. これからのあいのうたは

6. 追憶のハイウェイ17 (新アレンジ)

7. ロンサムハイウェイブルース

8. やさしく愛して (エルヴィスカバー)

9. ネバーエンディングブルース (スライドギター ver)

10. 県道51号線

11. 荒川よ

12. 古き良き日々 (新曲)

13. 花園インターチェンジ

En. 彼方への手紙

^--

バンドオブグリマーズの曲ばっかり笑

代表曲『武州 』『沼南』 で堂々スタート!

も。

2曲聞いて お客さん1人帰られました..

ううむ。

これら2曲は代表曲。 私の誇り。 

楽曲の、私の、何が悪かったのか

ずっと考えています

サビで突然 大声 高音張り上げた歌い方が聴き苦しかったかな?

^--

まあ 今回ライブのハイライトは

後半 11曲目 『荒川よ』~ 12曲目 『古き良き日々』 だったかも

今は亡き者たちへの思い をグッと込めて

でも「うまく歌わないように」歌いました

どちらも新しい曲ですが 今後 私の代表曲になっていくといいです

^--

歌詞 (丁寧に作った言葉ひとつひとつ)を 「とん。」と前に置くように

客席を(前を)しっかり見ながら歌う

これができていたか

おおむね良いライブでした

^--

(のら)

2023年7月17日 (月)

2023年7月13日佐藤のらソロライブ終えて

Kimg0991

2023年7月13日(木)

上尾プラスイレヴン

^--

セットリスト

1.真夏の言葉

2.彼方への手紙

3.夏はこれから(新曲)

4.地下鉄の駅へと急ぐ夏(遠藤賢司カバー)

5.あなたがいればいいのに(新曲)

 

6.ロンサムハイウェイブルース(新曲)

7.黒い傷痕のブルース(小林旭カバー)

8.国道プリズンブルース

 

9.荒川よ

10.ラストデイト

11.沼南ハードタイムス

12.こんなに遠くまできてしまった

13.武州オンザロード

^--

^--

m1『真夏の言葉』

20年以上前につくった曲

歌詞は 私の父の友人で 戦後まもなくブラジルに移住した鈴木さんという方が書いた詩から

 

暑い、暑い、と会うひとごとに

真夏の言葉 これひとつだけ

 

この出だしは20年たった今でもすばらしいなあと思う

淡々とした あたりまえの歌詞ですが

駅まで 炎天下の道をとぼとぼ歩きながら なんとなく 口ずさむ

生きていることが歌になっていく まさにブルース。 

このうたが 広まっていって

日本の夏の歌のひとつになっていったら 私の夢

^--

m5『あなたが~』

ビーチボーイズ『神のみぞ知る』のカバー

 

愛するあなたがいなくなったら

わたしがどうなっちゃうか

神さまは ご存知

 

英語歌詞のすばらしさをわたしなりにかみしめて

「 結局 愛するあなたがいなくなっちゃったら?」のうたに変えました

^--

あなたを思う

また空を見上げてる

大玉花火を ひとりで見ている

あなたがいない世界で


あなたがいればいいのに...

^--

愛犬のらちゃんやおかあさん

あなたがいればいいのに

いろんな時に かんがえながら

今回は7月なので花火大会のうたに

2月は梅 4月は新緑

時節に合わせて 3行目の歌詞を変えてうたいます

^--

^--

本当は

m8から新曲3曲、 ゆったりギターソロなど予定していましたが

この日は序盤で「次の歌詞が出てこない」ありえないミスを連発

これ以上、ライブを破綻させてはならない アップアップの状態でした

後半は 新曲から 急きょバンドオブグリマーズ曲に変え、なんとか逃げ切り?ました

^--

^--

準備していたことができなかった

余裕もなく 自由に羽ばたけなかった

散々だったライブ

おれ、何やってんだろう

帰宅して深夜、かなり落ち込みました

^--

で、

1.酒を飲んで どうでもよくしてしまう

2.明日のライブに気持ちを切り替える

3.ライブ音源を聞き返し反省点を書き出す

4.もう音楽活動をやめる

こんな選択肢をおもう

^--

1→私はもうお酒を飲まないので 却下

2→今後のライブ予定はない 不可能

3→気持ちが落ち込みすぎていて現実を受け入れられない 無理

4→ううむ。できんのか?

どれも選べず、とりあえずギターを磨いたり していました深夜

^--

^--

翌日、東京 渋谷スクランブル交差点。

ハチ公前広場 雑踏の中

私は突っ立ったまま、ICレコーダーに耳を当て

ライブ音源を聞き返しました

おもってたより ひどくはなかった

ただ。金曜の夜、大いににぎわう渋谷の街のリアルやパワーに

私の 自信のなさそうな音は 負けちゃっているな

そこは気になった

^--

^--

(のら)

| コメント (0)

2022年11月23日 (水)

ボブディランとクリトリックリスに佐藤のら 19日ライブを終えて


Img_20221122_030813_20221122031101

2022年11月19日

上尾プラスイレブン

佐藤のら 弾き語りソロライブ

^--

セットリスト 

1    こんなに遠くまできてしまった

2  県道51号線

3 沼南ハードタイムス

4 地下鉄の駅へと急ぐ夏 (遠藤賢司カバー)

5 ネバーエンディングブルース (新曲)

6 彼方への手紙 (新曲)

7 32歳の別れ

8 武州オンザロード 

9 花園インターチェンジ

^--

7年ぶりのライブでしたが

割と落ち着いて

ライブを進めていくことができました

2、3曲目 あたりで とても良い瞬間があったと 思います

^--

ほとんどが バンドオブグリマーズの曲

でも私は それでいいのだと 覚悟を決めました

年を重ねて いろんな音楽を聴いてきて

ずっと音楽のことばかり考えてきた私が

15年も前の曲( 特に歌詞 )を

恥ずかしくない 悪くないと思える

その曲の中には何かしらの「ちから」が

今も変わらずあるのだろう

^--

^--

今回のライブは

7月頃に お店から お話をもらって

8月9月は ここ数年でできた新しい曲を中心に準備していましたが

10月11月と ライブの日が近づくにつれて

そもそも 私とは何なのかという問題に行き着きました

^--

私が

どこに出ても 恥ずかしくなく できる

それは何か

^--

Zepp 東京の ボブディランのステージに

いきなり引っ張り上げられて

お前なんかやれ。とディランに言われ

恐ろしすぎる状況の中で

何をやればいいのか

^--

素晴らしいクリトリックリスのステージの後

https://youtu.be/v62RqDWY6FQ

(2018年神戸ライブ映像 必見です)

もしも 私がやることになった時

何をやればいいのか

^--

もうすぐ死ぬ時

私はどんなライブがしたいのか

何の曲をやるのか

^--

私は

歌はうまくない 声も面白くない

ギターも上手くならない

作曲も編曲も才能はない  けれど

俺の ここだけはいいよなあ と

最後まで 思い続けられる

骨格のようなものは何か

^--

そんなようなことを

JR 高崎線 ずっと窓の外を眺めながら

考えていました


(のら)

2022年10月31日 (月)

スタニスラフブーニンさんと 新曲 『国道プリズンブルース』

Pa0_0209_3

水牛さんと  竹富島 2016年

^--

『国道プリズンブルース』


国道の町で ずっと聞こえている

走り去る車のエンジンとタイヤの音

海から遠く離れた この町で

潮騒のように

耳にこびりついて離れない!

おれは 囚われている


国道にはこんないっぱい車がいる っていうのに

おれはまだ 今日一日 誰とも会っていない

国道沿いの歩道を歩く

なんて孤独なんだ!

独り言が多くなった

おれは 囚われている


東京から 北に向かって 遊びに行くやつら

北の国から東京目指して 夢を追うやつら

やつらが通り過ぎていく その音を

おれはただ聞いている

こんなはずじゃなかった!

おれは 囚われている


もしも ここから抜け出して 自由になったら

竹富島で 水牛と歩いて 暮らしたい 

だけど 真夜中になって 聞こえてくる 潮騒の音

何も変わってない!と叫ぶだろう

おれは 囚われている

^--

^--

新しい曲ができました

Johnny Cash の フォルサムプリズンブルース 

世界観をわたしなりに解釈しました  

^--

11月19日のライブで披露したい

駅のホームでも 電車の中でも

不気味に ぶつぶつ つぶやいて

うたを 身体に染み込ませています

^--

先日 テレビで

天才ピアニストの スタニスラフ・ブーニンさんが

9年ぶりの復活ライブに向けて

めちゃくちゃ練習している映像を見て

天才でも そんだけ 練習するのか~ 

^--

あの映像を見た誰もが

私ももっと練習しなきゃね、と

反省をしたわけですが

7年ぶりのライブに向けて

わたしはもちろん

大反省しました

^--

(のら)

^--

11月19日 土曜日 

上尾プラスイレブン (埼玉県上尾市)

『 山口敦子と佐藤のら』

18時より

2022年10月29日 (土)

2022年11月19日( 土) 佐藤のらライブ

Kimg0991

佐藤のら   2022年

^--

2022年 11月19日 土曜日

上尾プラスイレブン( 埼玉県上尾市 )

https://www.pluseleven-ageo.com

『山口敦子と佐藤のら』

18時開演 17時30分開場

2800円 ドリンク別

出演

山口敦子( 歌とギターとマンドリン)

佐藤のら( 歌とアコースティック ギターとエレキギター)

^--

もう一組  山口敦子さん 

ルーツミュージック(ケルト音楽など)

を素敵に演奏する方が出演します

^--


Twitter はじめました

よろしくどうぞ

(のら)

2022年9月28日 (水)

聖地巡礼 2022 夏 新曲『五十鈴川』

Kimg0879

五十鈴川 手水場 (伊勢神宮内宮)

^--

^--


五十鈴川 手水場 (伊勢神宮内宮)

^--

^--

『 五十鈴川 (いすずがわ)』


さようなら また会おう

しばし お別れだ

ふたたび めぐりあうために 

あなたを忘れない

わたしのなかに


川の流れよ 豊かにあれ

海に注ぐまで

あなたのいる 向こう岸へと

たやすく

わたしを 渡らせないように

豊かに


聞こえる なつかしい

わたしを呼ぶ声

目を閉じれば 風が吹いている

わたしの肌に やさしくふれる

あなたよ


この歌は もうじき終わり

静けさが訪れる

川のせせらぎ 木々のささやき

すべて あなたがくれたもの

行こう  さあ

わたしよ

^--

^--

2022年7月

いろんな偶然が重なって

なぜか 突然 聖地巡礼 お伊勢参り

わたしはひとり 伊勢神宮にいます

^--

伊勢神宮は

手水は川で

というのが素晴らしい

そのことにいちばん感動しました

^--

1957年 ニコラスレイ監督の西部劇

『無法の王者 ジェシージェイムス』

ハリウッドの西部劇で時折見る

牧師によって川に身を沈められる

洗礼のシーン

わたしはあれが妙に好きで

^--

神聖なことのはずなのに

その見た目は どこか ばかみたい

やさしさなんてものはなく

暴力的ですらある

^--

でも あれこそ

「何かに近づく」ことだよなと思う

^--

7月の五十鈴川の水は生ぬるい

いかりや長介のように

何も訳がわからないまま

無慈悲に 川の中に放り込まれて

もっと 身を清めたい

もっと 反省したい


(のぶ)

^--

佐藤のらソロライブ

2022年 11月19日土曜日 18時

上尾プラスイレブン



2022年8月31日 (水)

2022年 11月19日 ソロライブ


Kimg0943

二郎の聖地にて。

^--

おれたちはもう若くはない

やり直すことなどできないぜ

たどり着く場所など どこにもない

はじまりしか ここにはない


『 あたらしい 32歳の別れ』

^--^

^--^

久しぶり ライブ決まりました

アコースティックギター弾き語り 

わたしだけ のソロライブ

バンド大復活へ向け 小さな一歩です

^--

「 佐藤のら ソロライブ」

2022年 11月19日 土曜日

上尾プラスイレブン (埼玉県上尾市)

出演 

佐藤のら 

他一組

詳細は後日

^--

ここ数年で 作った新曲

バンドオブグリマーズの曲

洋楽 邦楽 わたしの好きな曲のカバー

約15曲 およそ1時間くらい

^--

とにかく反省  精進しております

バンドオブグリマーズ生誕の地

誰もが通り過ぎるだけの国道の町

聖地  サイタマ県 アゲオ市

ぜひ いらしてください

 

(のぶ)

2021年8月31日 (火)

2021年 夏の終わり 久米島ブルース

Pa0_0861

久米島 ハテの浜

^--

ロンサムハイウェイブルース 3番

^--

山を越えて

砂漠がつづく

こんなところにも 墓がある


誇りが おれを生かし続けて

誇りが おれを殺すだろう


目覚める前に 死ぬのであれば

おまえの手を握っていたい


ロンサムハイウェイ

おまえが迎えに 来てくれる場所は

どこなのか

^--

^--

2019年5月

オキナワ 久米島  

宿の主人 わたし 女性客

の3人で 泡盛を飲み交わし

主人が三線を弾いて

歌う 沖縄民謡『 唐船どーい』

に 鳥肌立ち 深く感動したわたしは

沖縄本島から 子育てに疲れ果て

ひとり 旅に来たと言うシングルマザー

の浮かれ気分に ほだされて

ついつい  宿のギターを手に取り

自曲『 武州オンザロード』 を歌ってしまうのだ

^--

「 渋滞の国道で いつまでもたどり着けないぜ

けど そもそも 俺たちは

どこへ 向かっていたんだっけ?」

こんな歌詞が 離島でも

何らかの実感として響く

音楽のふしぎ

^--

新曲『 ロンサムハイウェイブルース』

わたしは 最期に

砂漠に行き着いてしまった

サイタマに砂漠はないのだが

わたしの ロンサム具合 は

イオン ショッピングモール の巨大平面駐車場では狭すぎる

もう少し 茫漠としているのだ

ということ

どういうこと?

( のぶ)

 

2021年3月11日 (木)

2021年 冬の終わり 礼文島ブルース

Pa0_0104

礼文岳山頂からの利尻島・利尻富士

^-‐

『彼方への手紙 』

 

(1)

そして 信号が青に変わり

クルマが動き始めた

 

あなたがいなくなってから

3年が経っていた

 

何も変わらないさ

まだ このまま

あなたをおもっている

 

たまに忘れてしまうよ あなたを

それでもいいか、な

 

(2)

空は青く 雲は白く

バイパスは 流れてゆく

渋滞もなく つづいていくみたい

この先は どうなるか

 

なにも変わらないさ

ただ そのまま

みんな なんとかやってる

 

あなたの知らないひとと出逢った

それでもいいか、な

 

(3)

あなたと

ふたたび会える日を

たのしみにしている

 

まちがえようのない

我が家への帰り道のように

あなたへと向かっていく

 

何も変わらないさ

きっと あのまま

あなたが駆け寄ってくる

 

はじめ気づかないふりしよう

少し照れて

それでもいいか、な

 

 

<コメント>

2018年10月

北海道 礼文島

礼文岳山頂から降りてきたわたしは

登山口から山頂まで

まったく誰もいなかった

たったひとり 秋の深い森の中で

いないはずのクマに おびえている

^--

熊除けに。

大きな声で 森の中いっぱい歌う

バンドオブグリマーズのうた

^--

持ち曲を 歌い切ってしまった

仕方ない 新曲をうたおう

ぼろぼろ泣いた

3番が、やばい

 

ありがとうございます。

(のぶ)

2020年8月31日 (月)

2020年 晩夏 ブルース

2019年の夏

わたしは ブルースをつくった

ジミーリードの曲を、もとねたにした

そうしたら?

2020年の夏

ボブディランが『グッバイ ジミーリード』というブルースを書いた

なんてったってジミーリード 

「なんか、おれたち、サイコーじゃんね、」

とおもう。

 

 

 

『ネバーエンディングブルース

~もう果てがない気がしていた』

 

(1)

はじめ 何がしたかったのか

もう分からなくなってしまっていた

ここは 誰もがただ通り過ぎるだけの

国道の町

自分から動き出さなければ

このまま死んでしまうのだろう

おまえと会わなくなってから

もう 三年が経っていた

 

駐車場を探す

気がつけば いつも そんなことばかりしている

どうしようもなく つづく

もう 果てがない気がしていた

 

(2)

あたまの上に ポツリ 雨粒が落ちる

もはや どんなきっかけでもよかった

「もういちど はじめから やりなおそう」

そんな やさしいうたが聴きたい

国道沿い 廃墟と化していた

ゲームセンターが解体され 更地になっていた

「振り返れば、幸せな人生だった」

誰が 何処で 云う?

 

リサイクルショップ

欲しくもなかった物を手に持ったまま

どうしようもなく つづく

もう 果てがない気がしていた

 

(3)

おまえが好きでたまらない

そんな季節は 過ぎてしまっていた

熱く燃えていた あのときの燃料は何だったのか?

もう思い出せない

おまえもおれと同じ気持ちだと思ってた

あれは おれの勘違いだったとしても

恥ずかしいことばかり あのころが

今よりも ずっと しあわせだったろう?

 

アドレスに残る

死んだ者たちと おまえのなまえ

どうしようもなく つづく

もう 果てがない気がしていた

 

(4)

はじめ 何がしたかったのか

もう 分からなくなってしまっていた

デタラメに変わる 国道沿いの風景

誰もが ただ通り過ぎるだけの町

おれだけが 何処にもいけない

強力な何かに囚われてしまって

「近道を探す」と云いながら

さっきから横移動ばかりして

 

行列に並ぶ

いつになったら おれの番が来るのか

どうしようもなく つづく

もう 果てがない気がしていた

 

 

ボブディランみたいな歌詞をつくってみた

ありがとうございます。

(のぶ)

«サッサン、新曲完成『夏はこれから』、愛するボブディラン