« 8日ライブを終えて | トップページ | 「センセイの鞄」のイメージ »

2010年2月 9日 (火)

8日ライブを終えて(2)

ライブとはなにか

--

前日記事のつづき。

とはいうものの、ライブは細かいことの積み重ねであり

現場の空気をつくるのは、アリとナシの狭間の緊張であり

曲間mcの一言で、そのライブが台無しになることもある。

--

例えば、今回のライブ、1曲目からギターの鳴りがヘンで

よっぽど演奏を止めて、故障をチェックしようか、

「トキオ~!」とか言いつつ、私は迷っていたのだが、

やはり、始まってしまったもの、やめるわけにはいかず

続けたのだが、あの判断も、まあ、結果として、

「いいライブ」であった、細かいこと、のひとつだったろう。

--

新曲『聖母誕生』がお客さんの話題になり始めてきたのも

バンド側がようやくこの曲をきちんとお届けできる状態へ

練習を積んだからとも言え、日頃の地味な反復練習が

実を結んでいる、

--

思うのは、野球で、

シーズン中に一度あるかの、ビックプレーのために、

オフシーズン、地味に練習している、

「外野手→内野手→本塁への中継プレー」のことで、

シーズン中、そんなビッグプレーを目にしたとき、

私は決まって春先のキャンプのことを勝手に想像するし

時間と経験の積み重ねによる、たしかな成果というのに

私はとても感動する。

--

もちろん、グリマーズ連の「成果」は、まだ先のことで、

もっと練習しなければならない。

なんというか、細かいことの積み重ねが、飛んでってく、

ビッグプレーの興奮とは、本来そういうものであり、

グリマーズ連は基本的にそういう風にありたいが、でも

やはり、中継プレーを地味にちゃんと成立させるチームが

ビックゲームをものにするのだ、とも、しみじみ思う。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

2月24日(水) 下北沢DaisyBar 21:00~

グリマーズ連のmyspace レッツ視聴!

http://www.myspace.com/glimmers-len

« 8日ライブを終えて | トップページ | 「センセイの鞄」のイメージ »

グリマーズ連 記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。