« レコーディングに向けて(2) usher、brian、前川清 | トップページ | レコーディングに向けて(4) 仮オケを聴く »

2010年4月 4日 (日)

レコーディングに向けて(3) パフューム

音楽とはなにか

--

レコーディングに向けて、分析、研究をしています。

パフューム「computer city」をヘッドホンでじっくり聴き、

アコギの音が、左で、けっこうジャカジャカ鳴ってるのに、

今更ながら初めて気付きました。(知ってましたか?)

しかも。「絶対故障だ~」の部分だけ、右から鳴っていて

どうしてここだけ右からなんだろう?とか思いました。

--

まあ、こうしたレコーディングのことは、

どうでもいいこと?、とも思い始めていて

あんまり深入りしないようにしよう、と思っております。

「computer city」は歌詞がいいから、それでよいのだ。

--

あと、『ワンルームディスコ』もヘッドホン聴き、

初期と比べ、音が格段に柔らか、なめらかになっている

が、結局は、歌詞がすばらしい、と思いました。

三月四月の引越したばかりの新居、わくわく、不安を、

瞬間想起させる、そんなちからがあると思いました。

これを聴く度に[あの頃]を思い出す、そんな曲、だと思う。

タイムマシン。それって、すごい。音楽のちから。

--

私なりに、ヘッドホンリスニングの効果も出ていて

出したい音像、どのように音配置すればそうなるか、

左右・上下くらいは(前後がまだよくわからない。音量?)

少しずつ分かってきた、ような気がしています。

てゆーか、こういうことはエンジニアさんの仕事か?

まあ、音楽とはなにか、独学で勉強中。

次は、コーネリアスも聴いといた方が良さそうですね。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

4月25日(日) 京都MUSE「20周年記念 つなまつり」

グリマーズ連のmyspace レッツ試聴!

http://www.myspace.com/glimmers-len

« レコーディングに向けて(2) usher、brian、前川清 | トップページ | レコーディングに向けて(4) 仮オケを聴く »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。