« レコーディングすることになりました | トップページ | レコーディングに向けて(2) usher、brian、前川清 »

2010年4月 2日 (金)

レコーディングに向けて

音楽とはなにか

--

レコーディングの分析と研究のため、ヘッドホンでじっくり

アッシャー、マライア、カニエ、ファレルなど聴き、

こんなスペシャルな音像、絶対ムリ、と思った。

--

アメリカ最先端の音像は、左右に音を配置する、風な

従来?の素朴な音空間ではなく、私の聴いた印象では、

音が、パイ菓子のように幾層も折り重なっていて、

それをかぶっと噛んで、口に広がる甘さや香りを味わう、

という風、前後・上下・左右、音が立体的に迫ってくる。

--

こういうのって、今では日本でも普通なのかな?と思い、

GReeeeN『キセキ』もヘッドホンで聴いてみたが

左にピアノ、右にギター、と律儀に音振りがされていた。

扇のかたちに音が鳴っている感じ。まあ、従来の録音。

音像で驚く事はなかったが、それはわざとかもしれない。

GReeeeNのやることは、あなどれない。

--

例えばアッシャーの曲、『confessions』は私の理想だが、

usher [confessions] youtube http://www.youtube.com/watch?v=Ap7tnIzlT1w

ヘッドホンで聴くと、何人ものアッシャーが次々と現れ、

立体的、めくるめく音世界で、圧倒的であった。

この録音はすばらしい。

--

これらと同等の録音を望むのは、ちょっとムリか。

グリマーズ連なりの「理想の音」を描き出す必要を感じた

ヘッドホンで聴くと、曲の良さが聴く度、更にわかってくる

音楽マニア的探求、そういう方向性ではなく、

パソコンのスピーカー、安いCDラジカセで、聴いた瞬間

がっちり曲の魅力が伝わるダイレクトさ、即効性というか

とにかく、その方向性で、音をつくろうか、と。

--

そのダイレクトさ・即効性の鍵となるのが、

ボーカルの声、歌詞の聴こえ方、なのかも。

「うたと歌詞」さえ届けば、他は、ほどほどに聴こえれば。

すると。音中央をドカンと空けて、ボーカル声を置く、

素敵なフレーズや凝ったコードなどは、隅に追いやる、

なるほど、やっぱり、

GReeeeNみたいな音配置になるのかもしれなかった。

ううむ。音楽とはなにか。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

4月25日(日) 京都MUSE「20周年記念 つなまつり」

グリマーズ連のmyspace レッツ試聴!

http://www.myspace.com/glimmers-len

« レコーディングすることになりました | トップページ | レコーディングに向けて(2) usher、brian、前川清 »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。