« ムーンライダース『tokyo7』を聴いて | トップページ | ムーンライダーズとXTCとBase Ball Bear »

2010年5月13日 (木)

鈴木雅之さん、からあれこれ

音楽とはなにか

--

少し前にNHKsongsに鈴木雅之さんが出ていて、

あぁ、やっぱりドゥーワップはたのしいな、と思いました。

そんなとき、丁度、平井堅の「キミはともだち」と出逢い、

そうか、ひとりで多重録音なのか、と歌詞カードみて思い

で、本家・山下達郎『on the street corner1』を聴きまして

あぁ、たまらなくシャネルズが聴きたい!と思い、

今日は、ラッツ&スターを聴いて、とてもしあわせに。

--

私は『ハリケーン』がとても好きで、締めの

「everyday is ザ どしゃ降り

「let me show you ザ まごころ

が、ものすごく好きで、聴くたびにウキウキする。

シャネルズ『ハリケーン』youtube http://www.youtube.com/watch?v=gmwBxt5cIQk

--

で。私が聴いているのは90年代に出たベスト盤CDで、

おまけに代々木第一体育館でのライブがついていて、

それがまた、すばらしい。

ライブ始まりの「Hold me tight♪」だけで大興奮です。

なんていいバンドなんだろう、と惚れ惚れしてしまいます

--

なんか急にドゥーワップづいていて、それならば、と

今までずっと苦手だったゴスペラーズも聴いてみました。

『ソウルセレナーデ』(2000)というアルバムで、

Bryan-michael cox(usher『confessions』を作った人)が

制作に絡んでいて、へぇ~!と今更ながら驚いた。

もちろん、R&Bの、いいトラックでした。

--

なんというか、ドゥーワップを更新しているグループ、

そういう観点でみると、BOYZⅡMENとかを経て、

なかなか自然な流れのなかにゴスペラーズはいる、

今更ながら、私にはそういうことがわかってきた。

やはりここでも、更新、なのだ。

ラッツ&スターが私には最高にかっこいいんだが、

同じことをやっては、かえって遠くなる。ということか。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

5月30日(日) 新宿redcloth

グリマーズ連のmyspace 「いのちがけCD」upしました!

http://www.myspace.com/glimmers-len

« ムーンライダース『tokyo7』を聴いて | トップページ | ムーンライダーズとXTCとBase Ball Bear »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。