« 新曲『ばかだから』から、the clashを考えたりして | トップページ | OKAMOTO'S レイジくんのブログに! »

2010年6月15日 (火)

サッカーW杯 日本vsカメルーン戦を観て

音楽とはなにか

--

バンド練習から帰り、サッカーW杯 日本vsカメルーン戦

再放送(私は結果を知らない状態)で観ました。

私はサッカー通でもなく、先にすみません、言いますが

日本代表のサッカーをおもしろいと思って観ている

日本人以外のひとはいるのかなあ?序盤に思いました。

--

日本代表のゲーム内容自体は、これといった特徴もなく

世界的なスター選手もいない?ので、

日本人以外の視聴者を惹き付けるポイントは、

たぶん、必死になってやっている人間の姿、だけであり、

--

カメルーン戦終盤、日本チームにそれが出ていたから、

私は、まあ、日本人以外にも楽しめたのでは、と

結果的には思ったのでした。

--

どうして、私がこんなことを考えているのかというと、

際立った個性、スター性もなく、技術も一流でない、

パフォーマンス集団が、いかに無関係・無関心なひとを

巻き込んでいけるか、ということを考えているから、です。

--

もちろん、サッカー通からしたら、長友の守備がよかった

大久保の動き出しがよかった、とかあるんでしょうが、

私にとって大事なのは、

終盤、カメルーン代表の猛攻を受けながら、

クリアボール、大きく蹴り出すだけの日本代表の抵抗、

ああいう分かりやすさ、というか単調さ、もっといえば、

ああいう愚直さ、であります。

--

現代サッカーとして、素人にはわけのわからない

細かい組織的な戦術などあるのでしょうが、

視聴率45%の観戦者の大多数は、試合終盤に

戦術を超えた「なにか大きいもの」を感じていたはずで

それはもしかしたら『だんご三兄弟』みたいなことであり、

サザンの『TSUNAMI』かもしれないし、

たぶん、サッカー日本代表はそういうところに触れていて

私としても、そんな音楽をつくりたいとおもいました。

それはどんな音楽か?

なんというか、意識として、

愚直にクリアボールで跳ね返し続ける感じ、の音楽、

ちまちま、こまごました音楽じゃあない、

そういうことになるのでしょうか。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

6月26日(土) 吉祥寺シルバーエレファント 18:50~

6月27日(日) 水戸ソニック

グリマーズ連のmyspace 「悲しみ転校生旅芸者」を試聴

http://www.myspace.com/glimmers-len

« 新曲『ばかだから』から、the clashを考えたりして | トップページ | OKAMOTO'S レイジくんのブログに! »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。