« もっとグリマーズ連 | トップページ | 北島三郎 特別公演に行ってきました »

2010年7月 6日 (火)

「ゲゲゲの女房」を観て

どうなる?アッキーナ??

--

たまたま観た、NHK連ドラ「ゲゲゲの女房」で、

新人漫画家・南明奈が、雑誌編集長・村上弘明に、

持ち込んだ漫画原稿を、完全ダメ出しされていました。

--

編集長、ダメ出しの理由。

3年前から比べ、上手くはなっているが、

3年前、初めて持ち込んできた時にあった個性がなくなり

今流行っているものと大差のない、

要するに、つまらないものになっている、と。

--

それに対して、南明奈のセリフがいい。

「個性とか、言ってるだけじゃ、だめなんです。

大手の出版社には拾ってもらえないんです」

(大体こんな感じのセリフだったと思う)

ううむ…。

--

まあ、よくある話。問題は、

・個性は、なぜそのまま維持し、伸ばし続けられない?

・個性は、いつ、どうやって、失くなる?

・個性とはなにか、そもそも本人にわかっていた?

ということなのか、それとも、

・売れてるもののマネをして、自分も売れることは可能?

ということなのか。(これは多分違うと私は思っている)

--

「ゲゲゲの女房」で南明奈の新人漫画家がどうなるか、

今後改心して成功するのか、このまま挫折するのか、

これは、ただのドラマの一挿話を超えた、

がんばる作家やがんばるバンドマンの物語であり、

ひとつのサンプルとして、参考になるでしょう。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

8月28日(土) 新宿redcloth 「開店7周年企画」

グリマーズ連のmyspace 「悲しみ転校生旅芸者」を試聴

http://www.myspace.com/glimmers-len

ディスクユニオン オンライン「いのちがけCD」買えます

http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND5217

« もっとグリマーズ連 | トップページ | 北島三郎 特別公演に行ってきました »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。