« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

震災から16日 募金のたのしみ

エレガント募金

--

1990円のお買い物、

レジの娘が、ちょっとかわいいし、

10円のお釣りを、なんの迷いもなく、募金箱に入れたら

レジの娘が、ちょっとかわいいし、

おれ、なんか、いい感じかも、と、

お釣りを受け取る、3秒で判断し、

受け取ったそのまま、エレガントに、募金箱へ。

「あ、ありがとうございま~す」と、にっこり微笑んで、

ポイントは、

10円は、さも当たり前のように、オートマティックに、

募金箱へ。

というところにある。

大した事ではない。しかも不純である。しかし、

微笑んで礼を言うレジ娘とか、私の自己満足とか、

10円でうまれる、世の中の、良きヴァイブス、

なかなかいい感じであります。

こうなると。スタバに募金箱があれば、

コーヒーは(290円+募金10円)、300円みたいなもので

これからは、いかにクールに、エレガントに、募金するか

という、たのしみが、お会計にうまれます。

いかに、かっこよく、お釣りを募金箱に入れるか

お好きなレジで、エレガント募金、ぜひ、お試しください。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年3月26日 (土)

23日ライブ終えて その2 震災に対して歌う

おもい、いろいろ (なぜ、誰のために歌ったか)

--

たぶん、いま、バンドには、二種類あって、

震災があっても、いつも通りのライブをするバンドと、

震災があったから、いつも通りのライブをしないバンド。

で。グリマーズ連(というか、私)は、震災から10日、

いつも通りのライブをやる訳にはいかない

そう思ったので、『tomorrow2』という曲をやりました。

--

『Tomorrow2』

何の手がかりもなく避難所へ戻る

からだはクタクタさ

ちくしょう、かならずおまえ探し出すから

たのむから 生きててくれ

つらい この時を越えて

ぼくら 今日を生きていく

嘆かないで あきらめないで

(2)

こんな近くにいるお前なのに

死んでいる

閉じたその瞼を開けてほしい

前のように 前のように

つらい この時を越えて

ぼくら 明日を夢見ていく

安らぐ日が きっと来る

--

これが歌詞です。ピアノ伴奏の打ち込みで、

ステージ上に、私ひとり立ち、歌いました。

19世紀、米作曲家、S・フォスター作『Hard Times』

(『厳しい時代はもうやって来ない』1854年)を基調とした

暗くもあるが、凛とした強さもある曲調に、

歌詞には「直接的に過ぎる言葉」が選択されています。

はじめ、私のつくった歌詞は、

遠回しに、悲嘆・死・再起、をイメージさせるものでした。

ライブ2日前のリハスタでそれを歌った時、メンバーが、

「なにも伝わってこない、」と、

「きみが、今回のライブで、本当に、

震災に対して何かを伝えたいのならば、

このままの歌詞ではダメだろう」と助言してくれました。

--

そもそも、どうして、そこまでして何かを伝えたいのか。

そもそも、誰に伝えたいのか。

--

私個人的には、

1.被災ということを、まず想像すること、

2.リアルタイムで、気にして生きている、ということを、

なにかしら表明し続けていくこと、

そのような態度が、いま、大切だとおもっています。

2は、義援金や物資など、何かしら寄付するということ、

もしくは、ニュースで報道番組を見続けることでもいい。

とにかく、「関わろうとすること」「関心をなくさないこと」

「被災地の事を、気にし続けて生きていること」

そういう態度こそが必要だと思っております。

--

私のそんな態度は、善意というより、

ひととして、今、あるべき態度をとりたい、

「自分勝手な気持ち」といった方が、しっくりきます。

ほんとうの被災者ではない者に出来ることは、

自分勝手な気持ちを、いかに

被災者に寄り添わせるか(出来れば、寄り添えるか)

にかかっている、と思います。

--

そのうえで、『tomorrow2』の歌詞、

私としては、無関心でいないこと、その表現方法を、

「直接的に寄り添ってみた」ということです。

こうしてみると、

このうたが必要なのは、被災地の方々ではなくて、

被災地以外の、震災後、特に何も生活が変わっていない

ひとたちなのかもしれません。

『tomorrow2』は、被災地以外のひとたちのためにある。

この曲を披露するにあたって、

まずやるかどうか・歌詞・演奏形態・曲紹介のmcまで、

メンバー3人で随分話し合いました。

冗談や、よこしまな気持ちで絶対できることではないし、

私なりのおもいを、音楽であらわしたつもりです。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年3月24日 (木)

23日ライブ終えて その1 セットリスト

2011年3月23日 新宿レッドクロス

--

1.シングルマザーのほのお

2.介護桜 (R&Bうたもの 新ver.)

3.tomorrow2 (震災に対して、歌った新曲)

4.聖母誕生

5.中学三年生ブルース

6.青山遊び人ブルース

7.悲しみ転校生旅芸者

8.ぽんぽんいたいの

--

ライブ中、ギターを弾いたのは1曲のみ。

他7曲は、マイク握って、歌とラップをしました。

私個人的には、グリマーズ連として、現時点で、

一番ふさわしい形態で、一番いいライブできている

とおもいます。

まあ、もっともっと、のびしろがあるとは思います。

私とTBとで、振付を踊れたら、

どんなにステージ見栄えがパワーアップするか、

考えただけでワクワクします。

震災について歌った『tomorrow2』のことは、次回。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年3月23日 (水)

23日のライブ

2011年3月23日(水)

新宿レッドクロス

open18:30 start19:00

(グリマーズ連の出演は、3番目20:20~)

\2000(前売り・ドリンク別)

出演

ハウシンカ

THE POSEIDONS

グリマーズ連

SHIRAYUKI BANKIN

ファーイーストマンズ

<コメント>

詳細連絡遅れましてすみません。

グリマーズ連の出演は、3番目20:20~20:50です。

| コメント (0)

2011年3月22日 (火)

震災から10日 23日ライブに向けて

バンド練習

--

みなさまの節電のおかげで、午後の計画停電、中止

というわけで、

グリマーズ連のライブ直前リハが、無事行われました。

今回の震災から、私なりに、感じていることを、

ステージに立つ者として、きちんと表現したい思いから

あたらしい?曲をやることになりそうです。

今、いつも通りのライブをやる、わけにはいかない、

私としては、そういう気持ちであります。

昔、歌っていた『沼南ハードタイムス』というバラードを

歌詞書きかえ等、変更を加えて、私が一人で歌います。

ピアノ伴奏で、しっかり歌を歌う、ことを、します。

メンバーと相談して「今歌うべき」歌詞に作り変えました。

タイトルは『Tomorrow2』です。

『介護桜』が、ラップから、うたもの曲に変わったこと、

その他、特に変わりないですが、大騒ぎ?をする以上

徹底的に、気持ちを込めて、ライブしたいと思います。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

| コメント (0)

2011年3月21日 (月)

23日ライブに向けて

節電をしよう!

--

20日は、集中的に、粘り強く、歌作りをしていました。

おかげで、まるで新曲のように、生まれ変わった2曲が

かたちになり、よくがんばった、自分をほめてあげたい。

ライブは水曜日なので、お披露目出来るか微妙ですが

なんとかして、お披露目出来るようにしたいです。

もっとも。震災後、メンバーとまだ会ってもいないので、

今回の私の作品が、カンタンにダメ出しもらうことも、

ありえます。

21日の直前練習。はたして、リハスタに電気はくるのか?

計画停電にぶつかってしまうか?

がんばれ?第2、第4グループ!

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

| コメント (0)

2011年3月19日 (土)

震災から7日

希望とか

--

予定されていた、スタジオ練習が出来ませんでした。

リハーサルスタジオに電気がこない。計画停電とか、

今回の震災の影響(電車、ガソリン等)もろもろあって、

2か月ぶりのライブなのに、準備がままなりません。

まあ、できることをやるだけですので、

停電の暗闇の中、

久しぶりに、ぽろんぽろん、アコギを弾いておりました。

NHKの映像で、

原発一号機が水素爆発したとき、近隣にいた男性が

大きな太鼓をドーンと叩いたような波動を身体に感じ、

「もう、終わったな、と思った」

と、コメントしていたのが、非常に印象的でした。

大地震があって、大津波があって、原発の近くにいて、

避難するため病院の庭にいたら、爆風を身体に感じる。

ここまで条件がそろえば、

「もう、終わったな、」は、かなりリアルだったと思います。

しかし、ポイントは、彼(われわれ)がまだ生きていて、

「終わらなかった」ということであり、

「あなたに、まだ続けるチャンスが残されました!」

「あなたに、新しいこと始めるチャンスです!」

私としては、そういうことにしてみたい。

震災後、ずっと連絡が取れなかった仙台の親戚から

きょう、ようやく連絡があって、安心しました。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

| コメント (0)

2011年3月17日 (木)

震災から六日目

いま、必要な態度について

--

ひとから「血相を変えて怒られる」機会がありまして、

(私が、とある紙にセロテープを貼った、事に対して)

私としては、「う~ん、そんなに怒ることかなあ、」と

「いま、福島で起こっている原発の事に比べたら

このセロテープ問題、ちっちゃ過ぎるよなあ、」とか、

怒られながら考えていました。

怒っている人間の表情から発せられる、いや~な感じ、

私としては、セロテープなど、大したことではない上、

世の中では、明らかに大変なことが起こりまくっている。

しばらく、怒られた私としてもイライラしておりましたが、

ふと。

あのひとにとっては、

いま、福島の原発(世の中)がどうなっていることよりも??

セロテープを貼ってしまう事が絶対見過ごせない事であり

原発より、セロテープ。圧倒的に、それが大問題。

こんな時でも、全然、態度がブレていない。

それって、あのひとなりの、プロ意識だな、とおもった。

だんだん、あのひとのプロ意識が、素晴らしく思え、

なんというか、こんな時にでも、自分を持っているというか

誇りをもって生き、セロテープが、ちっちゃくならない。

大津波の圧倒的な映像や、原発の圧倒的な不安よりも、

セロテープを貼った貼らないで、激怒するテンション、

今ある、自分のやるべきことが「絶対に強い」という

人間としての態度が、私にも必要だなあ、とおもった。

もちろん。私のやるべきことは、音楽であります。

いま、音楽なんて、どうだっていい、と思えるでしょうが

「私のセロテープ」を、ちっちゃいことにしてはいけない。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年3月15日 (火)

ともあれ、がんばりましょう

がんばりましょう、

--

水戸の清水さん(かまボイラー)、

ネット上に動きがないので心配しておりましたが、

おととい夜、ご本人から「無事メール」も頂き、

ツイッターに面白いつぶやきがあり、ほっとしました。

清水さんのツイッター http://twitter.com/sadamizu

水道も電気もないとのこと。四日間?、大変です。

「野具祖」という表記に、たくましさがあって安心しました。

私の近所は、地震直後から9時間ほど停電だったため、

この辺一帯「地味に被災気分」があるせいか

昨日、近所のスーパーの棚がすっからかんだったのは、

ちょっと驚きました。ガソリンスタンドも閉めちゃってる。

明らかな被害など何もない、平穏な町ですが、

なんか地味に、異様な光景が広がってきています。

こういうなか、いかに生きるべきか(何をつくるべきか)、

やっと、考える余裕が出てきました。

お世話になっているFEVER、店長氏のブログ、

文章に、凛とした佇まいがあり、

読んでて、なんか元気になりました。

新代田FEVER 店長氏のブログ14日付『FEVER決意表明』 http://www.fever-popo.com/blog/fever/

(のぶ)

| コメント (0)

2011年3月12日 (土)

泥ブログご覧のみなさま、ご無事でしょうか?

泥ブログをご覧のみなさま、ご無事でしょうか?

埼玉の私は、ちょっと停電ありましたが、元気です。

まだまだ油断せずに、いきましょう。

(の)

| コメント (0)

2011年3月10日 (木)

グリマーズ連がゆく!

バンド練習

--

今回は、例えば、「ハイハットを叩く強さ」を検討しました。

グリマーズ連は、そんなことに時間を割く、バンドです。

隣のスタジオからもれる「普通のロックバンド」のドラムに

ああいうドラム叩きたいよぉ…と冗談ばかり?言うWDは、

着々と、帝都随一のR&Bドラマーになりつつある。

あと、私の歌っている時の姿勢を、

ふたりにチェックしてもらいました。

自分では、usher~NE‐YO~マイケルの動きのつもりが

なんかクネクネしてて、キモい、とかいう評価。残念。

『介護桜』を、うたもののR&B曲にすることにしました。

今日のスタジオでの感触は、よかったです。

23日ライブに間に合えば、新『介護桜』となります。

今回も、ギターとベースも持たず、スタジオ入り。

やる気ない? いやいや、むしろ、超本気です。

練習後のスタジオ室内、熱気でムンムンしておりました。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

| コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

ももいろクローバーのUSTREAMを観ました

なにかがある

--

USTREAM配信で、ももいろクローバー、

私も行った!ZEPP東京でのライブ映像を観ました。

最近の私の涙せんときたら

浅田真央がリンクの上に立つだけで、うるうるするし、

『ワンピース』を読んでも、うるうるきてしまうし、

大河ドラマでも、ちょくちょく、じんわりきているものですが

今回配信された、ももクロZEPP東京ライブ第3部、

青(の娘)が、突然、感極まって泣き始めたのには、

なぜなのかも分からずに、私も見事にもらい泣きです。

北海道日ハムの斉藤佑樹投手が

多くのひとから好かれる「なにかがある」ことが

私にも本当にふしぎで、すごいなあ、と思いますが、

ももいろクローバーの6人も、なんか、

そういう「なにかがある」ような気がします。

今回の配信で思ったのは、お客さんの掛け声で、

「あ~りん、あ~りん」というのが、私は妙に好きな音で、

ンク(の娘)が歌うパートになるのが、待ち遠しい。

「あ~りん、あ~りん」掛け声にも、なにかがある。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

グリマーズ連のmyspace『青山遊び人ブルース』を試聴

http://www.myspace.com/glimmers-len

| コメント (0)

2011年3月 7日 (月)

ももいろクローバーのライブに行ってきました

生ももクロから学んだこと

--

ももいろクローバーのライブに行ってきました(ZEPP東京)

私が今、一番観るべき(観て、己の芸能に生かすべき)

ディランでもなく、JAY-Zでもなく、「ももクロ」である。

そんな確信があったので、思いきって、お台場へ。

生「ももクロ」観てきました。

ライブ始まり、青(の娘)が、ラップをした瞬間、

おぉ、私はこの衝動を味わいに来たのだ!と、にやにや

私の中で何かがブアッっと弾け、心が躍りました。

トランスが再生している!トランスが!トランスが!

なにかすごいものが目の前で行われている衝動、

トランスが、いま、なにか新しいものとなろうとしている。

トランス最高。ライブの醍醐味を、久しぶりに味わう。

初めて生で聴いた『行くぜっ!怪盗少女』にはシビれた。

この曲は、すごい。時代をつくっていく衝動を感じます。

昔、同じくZEPPで観た、パフュームの『ポリリズム』くらい

うおぉ!これはいい曲だな~、とシビれました。

『ココ☆ナツ』聴けなかったのは、非常に残念でした。

こここ、ここ、こここ!の盆踊りサビ、あの祝祭感は、

ぜひとも一度、生で体感してみたいものです。

で。結局、お台場で何を学んできたのか、というと、

いい歌は、明るい未来につながるチケットである、という

まあ、ごく当たり前のことです。

『行くぜっ!怪盗少女』のような曲が、そうであり、

彼女たちのように私も、がむしゃらに、いい曲だけを作り

そして、ライブで汗をかき一生懸命やっていきたいです。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

グリマーズ連myspace 『青山遊び人ブルース』を試聴

http://www.myspace.com/glimmers-len

| コメント (0)

2011年3月 5日 (土)

ももいろクローバーが鳴りやまないっ!

どんどんやれ~!

--

「ももいろクローバー」が鳴りやまないっ!

こここ!ここ!こここ!『ココ☆ナツ』

youtubeもう30回は観ました。これは、当分つづくかも。

今度の新曲も、なんかヘンな曲で、なかなかいい感じ。

ももいろクローバー『ミライボウル』 youtube http://www.youtube.com/watch?v=KUoy582ePlQ

ここ泥ブログで、三波春夫の歌謡浪曲とか、

trfの『ez do dance』や、ウィーリー・ネルソンのHIPHOP?

カニエ・ウエストとキングクリムゾンの合体『power』、

いいものはいい、と音楽を追ってきたわれわれにとって、

『ミライボウル』序盤、ラップになってない?ラップ?とか、

サビで突然テクノになってしまう、ハチャメチャ構成は

こんなの音楽じゃない、なんて全然思わない。

むしろ、これはなかなかおもしろい、と思えるはずです。

今後(たぶん)ガンガン有名になるだろう?

「ももクロ」が、ブレイク寸前?の、このタイミングで、

まだまだ野心的な新曲を出している。かっこいいです。

私は、どんどんやれ~!と応援したいです。

『ミライボウル』。3分~トランステクノに乗せて、

「青」の高速ラップも、かっこいいじゃねえか~と思います

自分の曲ながら、トランステクノ『青山遊び人ブルース』

やっててよかった。改めて、トランス好きになりました!

まあ、私のノリについてこれない方は、とりあえず、

ももいろクローバーライブ youtube http://www.youtube.com/watch?v=oW9j9uAY9bQ&feature=related

このライブ映像をご覧になって、こここ、ここ、こここ!の

あきれるほどに、しあわせがほとばしっているトランス感

この祝祭感に陶然となって頂きたいです。週末だし。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

グリマーズ連myspace 『青山遊び人ブルース』を試聴!

http://www.myspace.com/glimmers-len

| コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

ももいろクローバーを知りました

すごいもの

--

先週、神聖かまってちゃんのライブに行って来た友人に

「かまってちゃん、ライブどうだった?」ときいたら、

「対バン?の、ももいろクローバーがすごすぎる!」という

私の質問の答えになってない、感想でした。

先日のC・ビーフハート追悼記事の町田康みたいです。

「すごい」としか言いようがないらしく、すごいを連発。

そこまで言うなら、と私もyoutubeで、ももクロ観てみます。

ももいろクローバー ライブ youtube http://www.youtube.com/watch?v=ji2EvIlmvWY&NR=1&feature=fvwp

こ、これは!すごい。

私は久しぶりに、すごいもの見た気がします。

パッションの爆発、というか、おそろしく過剰な芸能、

北島三郎ライブの「北の漁場&まつりセット」のような

圧倒的な祝祭感が、「ももいろクローバー」にはある。

とくに、♪こここ、ここ、こここ♪しか歌わない

ライブ2曲目『ココ☆ナツ』という歌のサビがすごい。

突然、トランステクノに変貌し、こここ、ここ、こここ!

ニワトリ?振付も、あっけにとられる程、すばらしい。

二番では、盆踊り状態。 観てて、顔がほころんできます。

なんか、これを生で観たら、元気になるような気がします。

ライブにおいて大事なことが、ももクロにはある。

なにより、メンバーが汗かいて、一生懸命なのがいい。

観るひとを、「ほわっ」とさせる空気感、祝祭感、

これは私にとっても非常に大事なことであり、

音楽って、すばらしいなあ、と思った。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

| コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

グリマーズ連がゆく!

バンド練習

--

今回も、シーケンサーのみ携えて、スタジオ入り。

ギターもベースも持ってこないフロント組に、

ドラムWDが、半ば呆れつつも、

「もうどうなっても、ついていきます」と、心強いお言葉。

というわけで、今回もひたすら、15曲くらい演奏しました。

私の新?歌唱法が徐々に身についてきたらしく、うれしい

グリマーズ連史上、いまが一番、最高で、理想的な

バンド形態になっているかも?と思ったりします。

バンドから随分遠く離れ、地図のない旅のようですが

なんかすげえ山、登ってんじゃねえの、おれたち。

そんな感じで、練習後、盛り上がる三人でした。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

3月23日(水) 新宿レッドクロス

| コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »