« 震災から16日 募金のたのしみ | トップページ | 震災から23日 宮沢りえとランディ・ニューマン »

2011年4月 2日 (土)

震災から21日 エネルギー消費について

ももクロとランディ・ニューマン

--

しばらく風邪をひいておりました。

「なにかを作り出す」やる気がどうにも起きなくって、

生活、リスニング、その他もろもろ、すべての事象から、

芸能の形成のために、「何か」へ変換していく気力もなく

ふだんの元気な私は、何を考えるにも、

大量のエネルギーを使っているのだなあ、とおもった。

別に、大量であることが良いこと、ということでもなく。

大量のエネルギーを、ボツになる新曲のために費やす

無駄なエネルギーを、創作以外のことに費やす、など

エネルギーの使い方にも問題がある?と思ったり。

少しずつ体調が回復し、

いつものエネルギーを徐々に感じながら、

何かに出会っては、あれこれ考え始めてはおりますが、

考えながら、これは必要なエネルギー消費か?と

チェックしていくことも、これからは必要なのかしら?

節電のため、田舎のように暗くなったバイパスや、

視聴モニター全て、電気を送っていないレコード店。

明るすぎる道路や、にぎやか過ぎる店内。

今までの、無駄なものによる、華やかさ、というか、

今までの、過剰なものによる、アゲアゲ感が、

今や、過去のことになってしまったなあ、と思います。

でも。無駄で、必要でもないことにエネルギーを注いだり、

明らかに過剰なことを、さらに過剰にしようと試みたり、

そういうことからうまれるもの(心の持ちよう)が、

節電の風潮と共に終わってしまっていいのか

無駄にエネルギーを燃やし続けたまえ!

そういう芸能が発する祝祭感を覚えているはずだ!

とも思います。芸能は、祭り、なのです。

一方で、

今までの過剰な環境からうまれた発想に、何があった?

もう世の中は、別の次元に入っている、

暗いバイパス、暗い店内からうまれるべき、

あたらしい芸の姿を模索して行こう、と思ったり。

芸能は、リアル、なのです。

よくわかりません。今のところ、着地点なし。

とりあえず、最近は、

ランディ・ニューマンのピアノ弾き語り『songbook』とか、

ももいろクローバーのCD『ミライボウル』とか、

もう、めちゃくちゃ?なリスニングをしております。

でも。どちらも、いい音楽だと思います。

(のぶ)

« 震災から16日 募金のたのしみ | トップページ | 震災から23日 宮沢りえとランディ・ニューマン »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。