« 震災から41日 新聞を読んで | トップページ | 震災から44日 新緑に »

2011年4月23日 (土)

震災から42日 見通しを立てる

きょうのリスニング

--

大瀧詠一 『ロングバケーション』 (1991リマスター盤)

キリンジ 『BUOYANCY』(2010)

グリマーズ連 『いのちがけCD』(2010)

--

いろいろいろいろ、考えながら、

日本語のうたを聴いて暮らしています。

で。締めに、グリマーズ連を聴いてみた。

良かった。いいぞ。グリマーズ連。(うたは下手だけど)

やってること、悪くない。(トラックが未熟だけど)

いまなら、もっとうまくいくような、気がします。

日本語で歌を作るということ。何を作るか。

ようやく、その答えが、私なりに見えてきた。

私は、基本的に、洋楽=「サウンド」が好きかもしれず

たとえば、今日だって、ポール・サイモンとか聴きながら

「もう、完璧にすばらしいな、」とか思っている訳です。

だから。もう、歌をつくる、必要など、ない、かも。

というのが、最近の私の、極論、かもしれなかった。

(私は、考え始めると、極端なところまでいく癖がある)

しかし。ときおり、私のこころに、すっと入って来る、

そんな日本語の歌があることも、無視できません。

♪ジタバタするなよ、世紀末が来るぜ

♪多すぎるって、五月の祝日。。。

♪過ぎ去った時、癪だけど、今より、まぶしい

「あぁ、私も、そんな日本語で、歌を作りたい、」

そんな強い動機が私の中で

生まれては、消えたり、しています

また、演奏(バックトラック)は、とても素晴らしいのに、

日本語のうたである、という理由だけで、

つまらなくなっている音楽が多いのに気が付きました。

その要因は、「全て」、歌詞のつまらなさ、力の無さ、に

あると思いました。

そんなことを考えながら、日本語の歌をあれこれ聴き、

(メジャーなものからアマチュアなものまで聴きまくり)

私なりに、ある一つの道筋がみえてきた、

私の作る歌は、こういうふうにしたい、という道筋です。

とはいえ。私の考えていることは、

グリマーズ連として、とくに変わったことはないですが

もしかしたら、エネルギー消費の記事で言っていたこと

無駄なエネルギーを使わない、適切なエネルギー使用

とは、コンセプトの明確化、つまり

私が何をしたいかを明確にし、そこに忠実に動いていく

ことかもしれなかった。

まだ、何もかたちになってはいないのですが、

見通しが分かったら、具体的に行動するのみです。

あぁ、いいうたを作りたい!

(のぶ)

« 震災から41日 新聞を読んで | トップページ | 震災から44日 新緑に »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。