« 震災から91日 ピザーラのピザとか | トップページ | 震災から94日 ジャイアンツ愛 »

2011年6月14日 (火)

震災から93日 上を向いて歩こう

110602_115901

スカイツリーふもと。看板に「上を向いて がんばろう 日本」

永六輔のことが急に気になり始めていて、こういうときは、改めて『上を向いて歩こう』の歌詞をじっくり読んでみます。

気付くのは、「ひとりぼっちの夜」だということです。震災後の流れで、どうも、「みんなでいっしょに上を向いて生きていきましょう」的なノリと思われがちですが、永六輔的には、あくまで「ひとりぼっち」であるのです。

この歌詞が平易(誰にでも分かりやすい)ながらも、なかなか深い趣き・言葉としての強さ、があるのは、結局「ひとりぼっち」でしかないところの残酷さというか、冷たさが一見ほんわかした歌詞にぴったりと寄り添っているからだと思います。

が。そんなことはどうでもよいかもしれず。もっとも大事なのは「上を向いて歩こう、涙がこぼれないように」という出だし一行にこそあるのかもしれません。「悲しいことがあって、どうするべきか」という人類最大?の悩みの答えが、楽しげなメロディとともに具体的にはっきり提示されるわけですから、このうたはとてつもなくすごいことが行われている、かもしれない。

まあ、私は、あくまでも「ひとりぼっちの夜」にこだわらなければいけないな、とは思います。「ひとりぼっちの夜」に着地させることの狂気は、いわゆるJポップの頑張ってソングにはあまりみられないものであります。こういう狂気がチラリと見えることが、リアルに届く音楽なのかも、と私は思います。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

6月29日(水) 新代田FEVER

« 震災から91日 ピザーラのピザとか | トップページ | 震災から94日 ジャイアンツ愛 »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。