« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

震災から143 日 マンハッタンを聴く

Pa0_0071

由紀乃さんと竜子さん、ファンのかわいいおじさん。タワレコにて。

先日、タワレコで、MaNHATTAN(マンハッタン)新譜も聴きました。マンハッタンと言えば、アナタキコウのキーボード担当、藤井学くんのやっているバンドであり、2010年4月京都MUSEでのイベント「つなまつり」で、われわれグリマーズ連も、初期?マンハッタンのライブを目撃したものです。

あのときは、「ふ~ん」「へ~ぇ」「ほう」とグリマーズ連中は、マンハッタンのトライバルでクール、アグレッシヴでスタイリッシュな演奏に、わかったような、わかってないような、でも分かっているみたいな顔をしておりましたが、2011年7月、タワレコの試聴機ヘッドホンで聴きながら、はっきりわかった、私はマンハッタンが好きだ。

いいねえ、マンハッタン。もしこれが、フランスあたりからの、あたらしいバンドの音源だったとしたら、「やっぱり、フランスあたりはすごいねえ、ほら、北アフリカからの影響が…」とか、したり顔で私は言っているのかもしれませんが、(西洋かぶれ、根強い偏見が私のだめなところです)

この音源は、まさに、あの学くんが演奏しているのですから、マンハッタンはすごいわけで、もう日本とか超えちゃってるわけです。

私が最近「おもしろい音楽の基準」としていることがあって、それは、最新のヒップホップ・R&Bのトラックとして使ったら、どれほど斬新でおもしろいか、という基準であります。その基準で言えば、マンハッタンの曲は、かなりあたらしいです。JAY-Zの新曲のトラックがマンハッタンだったら、かなりかっこ良いと思います。

学くんがピアノを弾いているアナタキコウ『ぼんやり、雨』が、きれいで、あのときも「学くん、いいねえ、雨だねえ」と思ったものでしたが、なんか、ああいうプロフェッショナルなプレイヤーにあこがれます。

そういえば、2010年4月京都のグリマーズ連を観に来てくれたお客さんが、マンハッタンを気に入って、その場で音源を買ってました。とろ~いグ連よりも、お客さんの方がしっかり本質をみているのですね。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月29日 (金)

震災から142日 演歌歌手の生歌を聴く

Pa0_0074

由紀乃さんと竜子さん、ファンのおじさん。

タワレコ巡り。米フォーク女性歌手、ギリアン・ウェルチの新譜とかあるんですね。他、アレサ・フランクリンの新譜とか、般若の新譜も試聴しました。

が、今回は試聴もそっちのけで。イベントスペースで、中堅演歌歌手の市川由紀乃さん&水田竜子さんの「ビューティ・スルー」という期間限定ユニットがミニライブするというので、観てきました。

私が以前から水田竜子さん好きを公言していることはみなさまも御承知の通りかと思います。若かりし頃の松坂慶子さんをさらに妖艶にした感じ、という演歌歌手を超えた?ゴージャスさ、テレビで拝見する度に、ぽおっと恋しております。

そんな、あこがれの竜子さんに、突然、生で会えるという、これはなんという偶然・僥倖か。地道なタワレコ通いのたまものです。

竜子さん、おきれいでした。テレビで観てて、かなり大柄な方だと勝手に想像しておりましたが、実際は意外と小柄な女性で、おどろきました。

一方の、市川由紀乃さんは歌が上手い。NHK歌謡コンサートなどでちょくちょく拝見しておりましたが、ライブで聴く生歌は、強弱・緩急をうまくコントロールした、聴きごたえのある歌であり、こういう磨きこまれた演歌のソウルを、Jポップ売り場にいる若者たちがかっこよいものとして受け止めたらいいのにな、と私はおもった。

演歌歌手は歌が上手い。彼女たちは中堅にあたり、ヘタな訳ないかもしれませんが、なんというか、私たちが普段やっているライブハウスという空間ではまずお目にかかれないプロフェッショナルな歌であることが、いちいち、私にとっては驚きです。

ライブハウスで歌を、バンドのボーカルは歌う訳ですが、どうして、演歌歌手のように、しっかりと歌を歌わないんだろう、と思います。同じ歌なのに。

で。私がいま目指している歌唱も、まさに彼女たちのような、強弱・緩急をコントロールしたソウルフルな歌唱法であり、おれ、まだまだ差があるな~と悔しい思いもしました。

「なめんな、私たちがどれだけ歌のレッスン(お稽古)して来たと思ってんだ!悔しい、だ?10年早いぞ、この、○○○○野郎!」と怒られちゃうかもしれませんね。

なんだかよく分からなくなってきましたが、竜子さんはきれいだったし、由紀乃さんは歌が上手い、そして、私はもっとがんばらないといけないな、と反省しました。(注:写真のファンのおじさんは、私・筆者ではありません)

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月28日 (木)

震災から141日 バンド練習&スタバ

Pa0_0063

バンド練習後、スタバでミーティング

バンド練習しました。新曲をつくっていくため、主に話し合いばかり、だったらスタジオにいる意味ないじゃん、的な、楽器音の無いバンド練習です。

が、こういうのが大事なんだよな。バンド練習は、音なんか出してたら、ダメです。ん?

あたらしい曲のコンセプトが、きょう突然出来あがって、グリマーズ連は期待でいっぱい。イメージ的には『青山遊び人ブルース』のあと、そのノリを持続させながら演奏するアゲ曲。これは期待大であり、大事にしていきたい。作る前から、うまくいくことがなんとなくつかめているので、無事、完成させるように、粘り強く生きていくのです。

ベースTBによると、いま、グリマーズ連にはいい風がきている、とのことです。そうだといいですし、その風に乗って、気が付いたら、Mステに出ているといいです。おねがいします!

帰宅したら、なでしこジャパンのNHKスペシャルがやっていて、なんとなく観ていたら、なんと、感動しました。これについては後日、気が向いたら記事にします。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月26日 (火)

震災から139日 夏の終わり

Pa0_0059

夏の終わり。左の負け。

応援していた地元の古豪野球部が、5回戦で敗退。序盤で点取り合った1対1のまま、ピリピリの緊張感のなか迎えた9回裏、あっという間のサヨナラゲームでした。

ものすごい空虚。サヨナラで勝った興奮で飛び跳ねている相手選手たちをぼんやりとみつめながら、状況がうまくつかめない。終わってしまったのか。おれたちの夏が、終わってしまったのか。もう、次はない、もはやなにもない。だからこそ、強い気持ちを懸けて、応援をしてきたのではなかったか。終わった。それにしても、もうなにも未来がないことの、ものすごい空虚。

きびしすぎるよ。高校野球。私の気持ちがまったく宙づりになったまま、どうしたらいいんだろう。

が。今年のチームがどこまで勝ち進めたというのだ、せいぜい県ベスト4、奇跡が起きて甲子園に行ったとしても、あまりに貧打のチームは無様な試合をするだけだろ、いくら私だって、それくらいわかっていたはずだ。

が。わからないのだ。試合のなかにある時、われわれにあったのは、ただ守り切り、ただ塁に進み、ただ点を取り、ただ勝つことだけであった。それがわれわれの未来であった。未来とは、いまこの瞬間におのれの力を燃焼し続けることだった。ほんとうだよ。日焼けして、大汗かいて、すべての瞬間を凝視し、濃密に生きていたのだ。

翌日の新聞によると、最後の試合を投げ切った投手(背番号三番)は、この夏、後輩たちに「古豪野球部の誇り」を伝えるべく、後輩の練習を見守っていくらしい。いいじゃないか。写真をみてほしい。前回の試合終了の写真と同様、わが古豪野球部は、礼が非常にうつくしい。選手そろって、常に深く、長すぎる礼をする、まるで「ももいろクローバー」みたいな集団である。こういう集団は、きっと伸びる。大丈夫だ。誇りは受け継がれる。そうだ、がんばれ、グリマーズ連!

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月22日 (金)

震災から135日 カシオペアを聴く

Pa0_0043

小百合さん。

ふと。カシオペアが聴きたくなって、ベスト盤聴くも、結局、http://www.youtube.com/watch?v=2DVGno9UbVs&NR=1をリピート再生20回近く、ぶっ通しで聴きました。いいねえ、『サウンドグラフィ』。最高です。何がいいんだか、よく分かりません。でもこれは音楽そのものだ、と言ってしまおう。何か大事なものがあるんだよな、この曲には。

ところで。この『サウンドグラフィ』、一番耳にするのは、近所のスーパーマーケット店内であり、みなさんも、なんとなく聞いているのではないでしょうか。テレビでもないラジオでもない、スーパーである、ということのふしぎ。

ところで、スーパーマーケット店内の歌なしBGMというのはおそろしい音楽装置?であり、ちょっと前にローリングストーンズの『イッツ・ア・オンリー・ロックンロール』が、♪て~て、ててててて~て、て、てっ、て~♪(訳:あーいのう、おんりろっくんろーる、ばぁあ、らいぃ、け~)と流れてきたときは、かなりビビった。ロックに、なにかすごいことが行われていると思った。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月19日 (火)

震災から132日 高校野球観戦

Pa0_0051

試合終了。左の勝ち。

地元公立高校の古豪野球部、グリマーズは毎年かげながら応援を続けています。理由は、「古豪復活」を夢見る、ナイスな高校野球オヤジになりたいから? 尋常ならざる気持ちを込めて、応援を続けています。

が。過去の栄光はどこに、ここ数年はすっかり弱くなってしまっているチーム。ベスト8になったら球場に観に行こうなんて思っていると、その前に敗退してしまいます。

が。今年のチームは一味違う。きょうの試合(4回戦)は一点を争う投手戦、2-0の試合でした。しかも主戦(背番号一番・エース)ではない、「背番号三番の投手」の完封試合。打線も、少ないチャンスをしっかりとものにして、わが古豪野球部は接戦を制したのでした。

それにしても。負けられない試合を見守ることの、ものすごい緊張感。すばらしい観戦体験です。私が少々ピリピリし過ぎなせいでしょうが、投手が一塁に牽制球を投げるだけでも、あぁ、後ろにそらして、一気に悪い流れにならないか、いちいち心配です。

われながら、入り込み過ぎだと思います。(2時間近く、席も立たず、日焼け、汗だく)でも、その分、得るものが大きすぎる。私なんか、きょうの試合観てて、なんか、「人生、がんばるぞ」とかまで、おもっちゃいました。

今年は一味違うので、ひょっとするとひょっとするかも。がんばれ!グリマーズ連。ん?

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月16日 (土)

震災から129日

Pa0_0042

がんばれ佳乃さん。おれもがんばるから。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月14日 (木)

震災から127日 G軍自力V消滅

Pa0_0027

がんばれ坂本選手。おれもがんばるから。

巨人軍の今シーズンの自力優勝が消えた、とのこと。それでもやらなければいけない。あきらめてはいけない。シーズンが続く限り。まだ間に合う。他力でもいい。他力、いいじゃないか。こらえろ。がんばれ。きっと何かが起こる。なげたら、終わる。てゆうか、なげたって、しようがないじゃないか。全力プレー、がんばれ!グリマーズ連。ん?

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月12日 (火)

震災から125日 寄席に行く

Pa0_0028_2

猫八が終了。ホーホケキョ。

いろんな偶然が重なって(新橋の海老蔵行くはずが…)、(江戸つながり?)寄席に行ってまいりました。

落語より漫才がおもしろく、それはきっと頭を使わないで観る事が出来るからだと思います。落語をたのしむには、頭を使います。暑い中、やっと空調のある場所に来た、安ど感のまま、頭を使わずに、ボケとツッコミの騒々しいかけあいを観て、けらけら笑う、漫才は観ててラクです。

芸がどんどんラクな方へ向かっているのだなあ、とおもいます。テレビで見る一発芸の芸人なんて、観てるこちらは頭で何も考える必要はないです。

音楽にしてもお笑いにしても、鑑賞者がラクに楽しめる方へ向かっていると思います。その分、昔の~はすごかった、ということが言われていく訳ですが、それはきっと平均的な鑑賞者の知性?が堕落したから、芸能自体もお手軽なものになっていったのだと思います。

だから、一発芸の芸人は鑑賞者に合わせて、わかりやすく、笑えるものをやってくれている、ともいえる。この世でただ一人、その芸人さんだけがフルに知性を発揮しているのだと私なんかは思う。

ダンディ坂野の渾身の「ゲッツ!」を、ちょっと前の「笑っていいとも」で観て、けっこう笑いました。生放送のテレビで贅沢な一瞬間の沈黙をつくったのち、「ゲッツ!」声がガツン!と前に出ていて、「ツ」のあと、スパッと余韻を切る。だからなんだ?と言われそうですが、久しぶりに観た「ゲッツ!」は様式美としても、おもしろさとしても、よくできているなあ、と思ったのでした。

つまり。このようなわかりやすく、かつ深遠で、とにかくダイレクトな音楽をつくっていくべきかも、と思います。それは、ビヨンセであり、ダンディである。?

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月 9日 (土)

震災から121日 タワレコ巡り

Pa0_0001

スライの新作ですって。ちょっとたのしみ。

タワレコ試聴機めぐり。ビヨンセの新譜『4』がすばらしい。『ラン・ザ・ワールド』という曲が、めちゃかっこよいです。http://www.youtube.com/watch?v=VBmMU_iwe6U これはけっこうブルースではないか。というか、エルビスのような、切れ味鋭いロックそのもの、これこそロックです。いや、なにいってんの、これこそ、2011年の最新ポップスでしょう。

こういう曲が私にも作れたらいいなあ。革新的でルーツ感があり、なおかつ大衆性がある。こういう曲を聴くと元気が出る。それはきっとこの曲の中に、向上していこう、とする気概があるからだ。

たぶん、おんなたちを鼓舞する、強いメッセージが歌われているのでしょう。たぶん、ビヨンセの強いメッセージが先にあって、それからこの挑発的なトラックが出来ている、気がします。つまり、日本語でこんなかっこよい曲を作りたい時は、まずメッセージがあって、それから挑発的なトラックを作るべきなのかもしれません。逆ではない。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月 8日 (金)

震災から120日 七夕に

Pa0_0029

スーパ-で、七夕のねがいごと、いろいろ。

もはや、ねがいごとすら、世の中への諦念からはじまっている感じがして、さみしい。なんというか、ねがいごとを願うちから、というか、夢を夢見るエナジーというか、そういうものがもっともっと必要だ。七夕で、短冊にねがいごとを書いてみようよ、というときくらい「かしゅになれますように」「ケーキやさんになれますように」とか書いてみるエナジーがほしい。どんな夢を描けるかは、生きているうえでの向上心の問題だと私はおもうのです。まあ、私からえらそうなことは言えない。が、七夕に、みんながいっとき現実を忘れてすきなことを願えばいいと思う。

大ヒットきょくをつくってこうはくにでれますように。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月 7日 (木)

震災から119日 名曲がうまれる?!

Pa0_0028

スタバでミーティング。

次の新曲に向けてあれこれ話し合います。

晩御飯は、広島お好み焼き屋に行きまして、女優・竹内結子の話をずっとしていました。なじみの老店主は鉄板の向こうで、あまりにくだらない話に没頭するグ連には今日に限って何も口を出さず(普段は鉄板越しに高校野球や大相撲の話とかで盛り上がる)、ただ黙々と広島焼きをつくっていました。

スタバに移ってからは、瀬戸内寂聴の話をしておりましたから、そばにいた勉強女子、パソコン女子とかは気が散って迷惑だったと思います。男二人で「皇室のお話」「これからの歌謡曲とは」「寂庵に行きたい」とか話しておりました。

いや、新曲の歌詞をつくっています。2曲を同時に進める事になっていて、そういえば、介護をテーマに曲を作ろう、といっていた頃にも思っていたことですが、今回のテーマも、絶対いけるので、しっかりいい曲に仕上げていきたい。

ニ曲それぞれ、一行目の歌詞とサビの骨格を作ったので、あとは流れに任せて、全体をまとめていけたら、と思っております。

あぁ、また名曲がうまれる! そんなグリマーズ連です。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

震災から118日

Pa0_0025

がんばれ遼くん。おれもがんばるから。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

震災から115日 BENI『好きだから。』聴いて

Pa0_0000

生か乾か、細か荒か、どのパン粉を買うか悩む。

ラジオから流れて来た、BENI『好きだから。』という曲に、ん?と、しばし耳を傾けます。http://pv6pvnewspv6pv.blog102.fc2.com/blog-entry-3494.html 特に強烈な言葉がある訳ではないですが、歌詞全体で、なんか弱くはないものが発せられていて、ただの女性R&B歌謡曲とは違うものになっていた、かもしれない。

ポイントはなんだろう?今、二度目聴いてみて、一番Aメロの歌詞の流れが、鳴らない電話片手に。で?貴方を思うばかり。で?こんな夜は不安で眠れない。で?終わりがすぐそこに感じて。で?という自然な流れになっているから、聴いていて、「おもしろい」の、かもしれない。

ニ番~2分40秒あたりのブリッヂあたりでは、そのようなおもしろさは薄くなり、だんだん消えてしまっているのが残念。その後1分、おんなの切ない想いが重ねて重ねて重ねて歌われてはいるのですが、なんとなく曲が続いている感じ、もうひとつ何か聴きどころがあればいいのにな、とおもった。

が。それにしても、歌いだしからの歌詞の自然な流れは、うたとしての魅力が十分にあり、こういう引き込む力が大事だな、と勉強になります。

人様のことをあれこれ考えているのは、自分のことを考えているから。曲後半に、飽きている、ということは私自身にもなじみのある話でして、気をつけねばいけない。大切なのは、聴いている人を飽きさせない(引き込み続ける)流れ、このあとどうなるか、という期待なのかもしれないな。グリマーズ連お得意?のインパクトのある言葉をドカンとぶちこむのとは、違うのかもしれない。

そのうたの物語が終わったら、リフレインせずに、さっさとうたを終わらせた方がいいのかも、今時みんな暇じゃない。いや、暇か。いや、知らない歌手のうたを聴くほど暇じゃないでしょう。そもそも、なぜ、うたはリフレインをしたがるのか。

(のぶ)

| コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »