« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

震災から175日 大掃除・世陸・過去のステージ衣装

Pa0_0159

パワー系ヴァージョン。

自室をグリマーズスタジオ(Gスタ)にすべく、大掃除つづく。畳三畳分のスペースを空けたい。大変。

服の整理していたら、グリマーズ、過去の衣装が出現。むかしっから、われわれは衣装を自作していたのだな、笑えました。いつだったか、世界陸上に燃えたとき、陸上日本代表のユニフォームを着て、ライブをやろう、ということになったんだっけ?

ベースTBと私、フロントのふたりでタンクトップに短パン、という「自作」陸上日本代表ユニフォームを着て、カントリーロックライブをやっておりました。

ドラマーはパワー系(フィールド)種目仕様に。(Tシャツの上にタンクトップ)。こういうところの芸も細かいグリマーズ。

グリマーズには自作衣装という伝統?があり、前回ライブで好評だった私の韓流?スーツ衣装においても、なにがしかの自作ポイントが必要なのかも。いや、自作衣装はいよいよ卒業か?

ちなみに。グリマーズは、コミックバンドだったことは一度もありません。念のため。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

10月5日(水) 新代田FEVER (世田谷区)

| コメント (0)

2011年8月30日 (火)

震災から174日 世界陸上を観る

Pa0_0150

世陸大好き!グリマーズ。むかしのステージ衣装。

世界陸上、観てますか?

私は連日観戦しております。相変わらず、世陸は面白い!織田裕二&中井美穂コンビ、前回ベルリンの時、なんか疲れてて、このコンビもう限界か、と思ったけれど、今大会は今のところ元気そうでなにより。織田裕二の無垢なはしゃぎっぷり!あれこそ世陸!これからトラックの中距離種目があり、私個人的にはそれがたのしみ。

女子短距離の福島千里選手がかわいい。まず、声がかわいい。あんな声と電話で話せたら、うきうきです。彼氏(いるのか?!)うらやましい!

いつも笑顔でいるところもかわいい。笑顔は大事です。それほどかわいくない顔も、なんか、確実に、かわいくなるのです。

私も、いつももっと笑っていられるよう、努力したいです。福島選手の足首を紐で吊りあげ体幹を鍛えるというトレーニングは、マジ超つらそう。ああいう努力が下地にあって、あの笑顔、あのかわいさがある、のだなあ。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

10月5日(水) 新代田FEVER (世田谷区)

| コメント (0)

2011年8月29日 (月)

2011年10月 グリマーズ連のライブ

2011年10月5日(水)

新代田FEVER (東京都世田谷区)

詳細未定

<コメント>

40分ライブのお誘いを受けております。ありがたいことです!現在制作中の新曲がちゃんと披露できるよう、がんばります。ロックを超えてどこまでも、リアル歌謡曲、ビッグソング連発!すごいライブになるでしょう!

| コメント (0)

2011年8月28日 (日)

震災から172日 大掃除→本を売りに行く

Pa0_0144_2

ふわふわした小説。不倫(される)話。おもしろい。

新作アルバムを作るべく、自室をスタジオにしよう。名付けて、グリマーズ連スタジオ。またはGスタ。

で、部屋の大掃除中。本を売りに行く。小学生?の頃読んでいた「十津川警部シリーズ」ものには値がついて、学生の頃、結構高い値で買ったはずの(でも、ほとんど読まなかった)「ローマ帝国衰亡史」に値がつかない、という衝撃の?査定。

「な、査定の基準はなんなのですか?」と訊いてみたら、ページが日焼けしているかどうか、余計なカバーがないかどうか、ですって!

モノの価値というものがあり、古本チェーンのバイトくんには、本のコンディションこそが本の価値であり、中身は特に関係がないらしい。ううむ。

ここではない、しかるべきお店が私の「ローマ帝国衰亡史」を待っている、そう感じ、その他の段ボール3箱分そのまま持ち帰ってきました。(値がつかない本は、お店が捨てちゃうらしいから)

大掃除、進みません。(音楽編につづく)

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月25日 (木)

震災から169日 スタバで歌詞作り

Pa0_0139

スタバ、どんどんアイデア浮かぶ~。

スタバで曲作り。新曲の中で「濡れ場」をつくろう、ということで、濡れ場をあれこれ話し合っておりました。あそこをあれしてああしよう、とかスタバで真剣ミーティング。舞台は夕暮れの更衣室、です!

いま、3曲が同時進行。ビッグソングぞくぞく!グリマーズ連。10月初旬にライブも予定。詳細後日。アルバムも作るぞ~。おたのしみに!

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月24日 (水)

震災から167日 原発をみる

Pa0_0133

原子力発電所。

原発、見てきました!駅で自転車を借りて、サイクリング気分で原発へゴー!

震災後、原発というものを、一度見てみたかったのです。思ってたより、大きくなかった。あんなもんですか。

近くに郵便局もコンビニもありました。原発はもっともっと奥深い所にあると思ってた。あんなもんですか。

原発の村は、坂の多いところで、誰もいないから、ひゃーっと叫び、歌う、サイクリングたのしかった!

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月23日 (火)

震災から167日 『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』の感想

Pa0_0135

ニールヤング、ギリシャでの古代遺跡ライブみたいですね

キャプテンピンチの清水兄さんと水戸駅で待ち合わせ、おすすめのサザコーヒーでお茶をしてから、清水さんのクルマに乗せてもらってイベント会場に向かいました。

そのクルマではipodで、ロック名曲?の数々をせわしく流しながら、ふたりであれやこれや話し合いました。そのなかで、ストーンズの『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』http://www.youtube.com/watch?v=b7tD_z30leoを流しながら、感想を話し合ったのですが、

私は、いつものように?、ハウリン・ウルフが大好きなミック・ジャガー青年たちがその思いあふれて演奏している、リズムがダラーっとしてて、ヘンな曲、でも白人ならではで、なんか良い曲。という感想を伝えました。

一方の清水さんは。この曲はイントロが最高に良くって、ジャキーン・ジャキーンとひとつひとつのパーツが合体していく、合体ロボットみたいな曲、そういうところがカッコ良い、みたいな感想でした。

以前から、清水さんの曲感想は、ヘンだけど、的を得ているところがあって、しかも詩的で、私は好きなのですが、『ジャンピン~』の感想もなかなか魅力的です。(むかし、ロス・ロボス『コロッサルヘッド』の感想を、冷蔵庫に死体が入ってる感じ、みたいにブログで書いていたとき、すげえな~思った)

比べて、私の感想は、分析でしかなく、詩がないな~とおもいます。このへんがおれの、人間としてのつまらないところ、だよな。(感想を寄せる曲への)愛はあるんだけれど…。

清水さんみたいに、すらっと、詩のある感想をいえるようになりたいです。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月22日 (月)

震災から166日 キャプテンピンチのライブに行く

Pa0_0137

キャプテンピンチ(元かまボイラー清水さんの新バンド)。

ふと。キャプテンピンチのライブに行ってきました。野外ライブ。東海村。茨城県。

すばらしいライブでした。バンド力に、ちょっとびっくりして、感動しました。このままフジロックのステージに立ってもおかしくないのではないか。どこに出しても恥ずかしくない、といえばいいか。ボーカル清水兄さんのやりたいロック(バンド独自のグルーヴ)がかなり鮮明になってきていて、それが好きな人が日本(または世界)に常時500人位?はいると思うので、どなたか、キャプテンピンチをフジロックに出演させて下さい。このバンドのクオリティは、地元のイベントとか趣味とか、の域をいささか超えちゃっております。

かまボイラーではない、キャプテンピンチになってからのあたらしい曲も、レコーディングして音源にしたらいいのに、『ハラッパ』という曲を聴きながら、思いました。

ところで。グリマーズというバンドは昔っから、この曲の音源はないの?、早くあたらしい音源をつくって!というお言葉をちょくちょく頂きます。ありがたいことです。が、そのお言葉通りにすぐに動き出さないのが、グリマーズというバンドなのでしたが。

「そうか、レコーディングすればいいんだ。」 私にも、やっと、わかった。良いバンドの良い曲は、早く音源化したらいいのだ。それはうれしいことなのだ。

「年内に、グリマーズ連の新アルバムを作ろう!」とキャプテンピンチのライブを観ながら、私、突然、決意しました。東海村に行って、随分大きなもの得た。がんばるぞ。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月20日 (土)

震災から164日 希ちゃんとか赤いベルト

Pa0_0120

だんだん、歌詞が出来つつある。

スタバで歌詞作り。佐々木希のことを話し合いました。これからは佐々木希のことを考え続けるのです。

また、なでしこジャパンの話から、女子プロレスラー、ライオネス飛鳥と堀田祐美子の話を経由して、あたらしい曲についての構想を練り、さっそく作り始めました。これもビッグソングの予感!

ふと、youtubeでみつけた、堀田祐美子vs井上貴子の試合が、めちゃおもしろい。この試合、内容深すぎる!久しぶりにプロレス観て興奮しました。http://www.youtube.com/watch?v=6TjpKQIw2LY&feature=related

スタンガン受け続け、へろへろになってる堀田選手。スタンガンで攻撃、非道に過ぎる貴子選手。ほったさ~ん!と必死に叫ぶ女性ファン。限界まで行こう、会場一体で。これぞプロレス!みんなすばらしい。

グリマーズ連も、こういうライブがやりたいです!

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月19日 (金)

震災から163日 新アルバムの構想を練る

Pa0_0091

がんばれ謙さん。おれもがんばるから。

おれはなにをがんばっているか。と言いますと、きょうは、あたらしいアルバムについての構想を練っておりました。『介護桜』をはじめとしたグリマーズ連の、あたらしすぎる新曲を、全5~6曲収録します。

そこでは、いろいろなストーリーが語られるはずであり、アルバムの中で、世田谷の住宅街、シベリア抑留、北国の児童施設、麻布十番のスタジオ、代官山の事務所、表参道、鎌倉の浜辺、渋谷のクラブ、さいたまの団地、上海の高層ビル、池袋西口の芸術劇場広場、東武東上線・下赤塚の駅ホームなどが歌われることでしょう。

構想を練っていると、あぁ、そういうものがあったら、おもしろいな、と思います。早く作りたいし、早く歌いたい、早くレコーディングしたいし、早く人前で披露したいです。

明るい未来のために生きていきたいです。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月15日 (月)

震災から159日 グリマーズ連記念日

Pa0_0092

がんばれのぞみちゃん。おれたちもがんばるから。

2009年グリマーズ連として活動をはじめ、2011年の終戦記念日で二年が経ちました。

グリマーズ連、しかるべき道を歩み、孤高の存在となっております。ますます高まるおれたちの自信。その自信はどこから来るのか?、だって、今度の新曲、おもしろいよ、すごいよ。ビッグソングになるよ。

まだ止まらない。ぜんぜん始まってないし。ビッグソング連発。そろそろ、と風が来てる。さあ、これからだ。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月13日 (土)

震災から157日 スタバでミーティング

Pa0_0116

スタバで歌詞をつくる。

グリマーズ連ミーティング、スタバで新曲を作ります。私が草稿していった歌詞をベースTBにチェックしてもらいましたが、だいたい方向性はあっているとのこと。田舎の女の子が都会に出てきて、自分らしく生きていく、というストーリーですが、もちろんそこにはグリマーズ連ならではの「テーマ」があります。自分らしく生きていくために、なにをするか、そのテーマが何かは、もうちょっと歌がかたちになってからお知らせします。

行きつけの広島お好み焼き屋では、おかみさん(60過ぎ)とグ連とで、女性の生き方について女性週刊誌さながら、下世話な?ことを、鉄板越しに話し合いました。もともとは、地デジのことを話していただけだったのに、イチローの話を経由して、なぜ結局「女性の生き方」に話が及ぶのか、おかみさんもグ連も、そういう話がしたいからだ。

海から帰ってきて、TBに「浜辺のアゲアゲ新曲」の歌詞をみせたところ、この歌詞には「哀しみ」がない、との感想。なるほど、テーマが「おんな・あそび・浜辺」であれ、そこに哀しみ・ブルースがなければ、グリマーズ連独特のグルーヴは生まれないのであった。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月11日 (木)

震災から155日 海に行く

Pa0_0094

アゲアゲ浜辺。指まで入る。

海に行ってまいりました。都心でふと。そうだ、海へ行こう、思いまして、湘南新宿ラインでぶらり、いざ鎌倉、小旅行です。

新曲の歌詞が「女の子・あそび・浜辺」がテーマでして、いわばアゲアゲ浜辺の研究、その視察が目的です。『天城越え』制作時においての、吉岡・弦・桜庭、のお三方が実際に天城を旅したという話はあまりに有名です。演歌ではこのような視察・創作旅行がよくあると聞きます。

というわけで。ビール片手に、素足で波打ち際を行ったり来たりしながら、ビキニ姿の女の子たちを眺めます。これもすべて歌詞のためです。うたのために身を削るのです。大汗かいて、日焼けして、ビキニの女の子たちを眺めるのです。おれって。

ふと。どこかから突然、風に乗って、ジュリアナトランスの「ホゥ!ホ・ホ・ホ・ホゥ!」という、あの掛け声が聴こえて来てhttp://www.youtube.com/watch?v=MByaBp6u_ig、2011年8月それはきっと何かの聴き間違いだったと思いますが、アゲアゲ浜辺、私はなかなかたのしかった。

良い一日でした。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

震災から152日 君は何をがんばるか

Pa0_0082

グン様がんばれ。おれもがんばるから。

グン様、何をがんばるのか。もはや私にもよくわからんのですが。

新聞記事で、山下達郎さんが、歌を作るとは、大げさに言って命を削る作業である、と仰っておりました。ううむ。

とりあえず、私は作詞がんばってます。削って。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

震災から150日 ANATAKIKOUのライブに行く

Pa0_0081

がんばれあ~りん(ももクロ・ピンク)。おれもがんばるから。

アナタキコウのライブに行ってきました。(渋谷o-nest)

電車乗って、街を歩いて、ライブハウスに行って、バンドのライブを観る、というのも、随分久しぶりです。客のひとりとして、いろんな想いがありましたが、一番強く思ったのは、結局いかにライブ体験をさせてもらえるか、なんだなあ、と。

そういった意味で、今日のアナタキコウのライブはスカッとするライブ体験がありました。本編最後に演奏した『かくれんぼう』という曲なのですが、このグルーヴがやりたいんだ、というバンド全体の波動がドン!と出ていて、うむ、たしかに、このグルーヴが出せるバンドは、日本でアナタキコウしかいないのだった。それは爽快、かつ稀少なライブ体験でありまして、こんなライブ体験を私はしたいのだ、とおもった。ありがとう、アナタキコウ。

というようなことを、ライブ後ボーカル松浦さんに熱っぽく話していたら、終電の時間が過ぎてしまって、10キロの夜道を歩いて帰りましたが、いい運動になって良かった。ほんとです。

キーボードの学くんと、マンハッタンのすばらしさについても、随分ねっとりと話しました。

まあ、きょうは、なんといっても、アナタキコウ。むかしフライングキッズを観た時も思ったことですが、そのバンドにしか出せないグルーヴを持っているバンドは実に魅力的で強いものがあります。

なぜ、ライブに行くか。知ってる曲をやってくれるから?新曲をやってくれるから?、そもそも、そのバンドにしか出せないグルーヴを浴びに来る、というのが一番の理由だとおもった。

では、わがグリマーズ連のグルーヴとはなにか?なにかあるな、きっと。それを先鋭化していこう。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

震災から148日 バンド練習

Pa0_0067

がんばれ夏菜子(ももクロ・赤)。おれもあきらめないから。

バンド練習。今回も新曲に取り組みました。といっても、歌詞の断片が出来ているだけで(メロディも、トラックもない)、新しい曲のスタートの感触を三人で確認し合うという作業。リハーサルスタジオにいる意味はほぼないのですが、そもそも、バンド練習は音なんか出していたらダメです。ん?

歌心を大切にして、『介護桜』『シングルマザー』などをしっかりと歌いましたが、歌は奥が深い。演歌歌手っぽく、しっかり歌うことの難しさ。しっかり歌うとは、たぶん、歌の世界にどっぷり入り込む、ということだと分かってきました。が。そもそも、「歌の世界」自体が歌の中になければ、入り込むことなどできないなあ、とも思いました。これは発見である。

とにかく前へ進むグリマーズ連。てゆうか、そもそも、前へ進まずにどこへ行くというのか。

(のぶ)

| コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

震災から147日 スティーヴィー・ワンダーを聴く

Pa0_0068

竜子さんと握手!ファンのおじさん。うれしそう!

キングレコード名物?ライブ後の握手会。AKB、ももクロ、そして由紀乃さん&竜子さん…、キングレコードのCDを買うと、本人と握手してもらえるんです。すごいよ。すごいことだよ。

きょうは、ふと。スティーヴィー・ワンダーの『フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ』を聴いて、なぜか深く感動しました。この曲のポイントはどこでしょうか?この曲、クオリティ高すぎます。躍動。興奮。これぞ、音楽だなと思います。http://www.youtube.com/watch?v=1vxVyaYuGYE 

(のぶ)

| コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »