« 震災から169日 スタバで歌詞作り | トップページ | 2011年10月 グリマーズ連のライブ »

2011年8月28日 (日)

震災から172日 大掃除→本を売りに行く

Pa0_0144_2

ふわふわした小説。不倫(される)話。おもしろい。

新作アルバムを作るべく、自室をスタジオにしよう。名付けて、グリマーズ連スタジオ。またはGスタ。

で、部屋の大掃除中。本を売りに行く。小学生?の頃読んでいた「十津川警部シリーズ」ものには値がついて、学生の頃、結構高い値で買ったはずの(でも、ほとんど読まなかった)「ローマ帝国衰亡史」に値がつかない、という衝撃の?査定。

「な、査定の基準はなんなのですか?」と訊いてみたら、ページが日焼けしているかどうか、余計なカバーがないかどうか、ですって!

モノの価値というものがあり、古本チェーンのバイトくんには、本のコンディションこそが本の価値であり、中身は特に関係がないらしい。ううむ。

ここではない、しかるべきお店が私の「ローマ帝国衰亡史」を待っている、そう感じ、その他の段ボール3箱分そのまま持ち帰ってきました。(値がつかない本は、お店が捨てちゃうらしいから)

大掃除、進みません。(音楽編につづく)

(のぶ)

« 震災から169日 スタバで歌詞作り | トップページ | 2011年10月 グリマーズ連のライブ »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。