« 震災から194日 陸上競技会をみる  | トップページ | 震災から200日 白鵬がすき! »

2011年9月23日 (金)

震災から197日 野球解説者 衣笠と桑田

ラクに投げる

ジャイアンツ先発の内海投手の好投を、テレビ解説の衣笠祥雄さんが「最近の内海投手はラクそうに投げているでしょ?だからいいんです。」と仰っていました。

なんというか、うたを邪魔しないトラック、というか、うたがすっと届くよう無駄なものが聞こえてこないトラックというか。捕手のかまえたところにスバン!糸を引くような直球、というわけです。

そもそも、ラクに投げれば、カキーンと打たれるわけで、それでは凡百のR&Bに没する。そうならないためには、すごいんだけどすごいそぶりが見えないことがポイントです。というわけで、宇多田ヒカル『first love』を聴いています。ラクそうに、鳴っています。どの楽器がどこでどう鳴っているのか。

一方で、「キャッチャーの構えたところから、ほんの何センチか内に入れるか外に出すか、というのがピッチャーの個性だ」みたいなことをテレビ解説の桑田真澄さんが仰っていて、

あ、それは音楽の話ですね、と私はおもった。桑田さんは野球の話をしながら、どうも野球の話をしていない時があって、すてきだ。

野球解説者は、いろいろなことをおしえてくれる。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

10月5日(水) 新代田FEVER(世田谷区)

« 震災から194日 陸上競技会をみる  | トップページ | 震災から200日 白鵬がすき! »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。