« 震災から197日 野球解説者 衣笠と桑田 | トップページ | 震災から202日 バンド練習 »

2011年9月26日 (月)

震災から200日 白鵬がすき!

いかがなものか、いろいろ

私は白鵬がすきで、勝ちっぷりが美しいし、白鵬こそが心技体揃った、横綱としてもっとも理想的な力士だとおもうし、尊敬してるし、白鵬が負けるとなにか世の中のバランスが乱れてしまっている気がして落ち着かない。

秋場所、とてもおもしろかったですが、結局白鵬が制したことに安堵しています。ふさわしいものがふさわしい場に収まるべきだと思う。だって、ふさわしいんだから。

ところで。白鵬・日馬富士の取り組み前で起こった、会場からの「はるまふじ!はるまふじ!」コールは、優勝決定の三つ巴戦の期待から来ていることだとは分かりつつ、それを「はるまふじ!」と応援することで(白鵬負けてくれ!と)表現する群集心理みたいなものは、いかがなものか。

むかし、石川遼選手を応援するあまり、ブレンダン・ジョーンズ選手のパッティングに対し「外れろ~」と叫んでしまうギャラリー心理みたいなもので、

アスリートに対して、「負けろ~」という意味の叫びを送るのは、いかがなものか。

これと同じことは、セリーグの某球団の応援にも感じられ、相手チームがアウトになるたびに、「パッパラ、パッパッ、アウト!」と、いちいち「残念でした」みたいな叫びをあげるのは、いかがなものか。

まあ、そのような逆風を超えて、白鵬がきちんと優勝をしたことが、ほんとうにうれしい。かっこいいよね。

それにしても、今場所の大相撲はおもしろかったです。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

10月5日(水) 新代田FEVER(世田谷区)

« 震災から197日 野球解説者 衣笠と桑田 | トップページ | 震災から202日 バンド練習 »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。