« 震災から222日 月9「私が恋愛できない理由」を観る | トップページ | 震災から224日 新曲『湾岸線R&B』について »

2011年10月19日 (水)

震災から223日 月9『私が恋愛できない理由』についてⅡ

スポーツとは関係ないのですが、きょう、走りながら、月9ドラマ『私が恋愛できない理由』、初回が終わり、今後の楽しみ方はなにか、を考えておりました。

香里奈が今後いかに、親友であり、元カレである同僚にくすぶる想いを打ち明けるのか、親友と恋愛は可能なのか、どこを転換のきっかけとするのか、

大島優子(AKB48)が今後いかに、会社の上司に、初めてのことにおびえながら、おのれの操をささげるのか、

この二点は、果たしてどういう展開にしていくのか、たのしみではあります。

吉高由里子が初回で、超偶然にタクシー同乗、更に高級なサインペンを借りたまま下車、という、ちょっとドラマみたいなきっかけで萩原聖人と恋が始まりそうなのには、不満が残る。現実では、偶然の出逢いって、そうそうなく。ドラマじゃないんだから、頼むぜ、と突っ込みたい。いや、ドラマだった。

なんというか、香里奈といい大島優子といい、われわれの日常に、まあ、あるかも、という状況設定からスタートしているから、成り行きに興味がありますが、吉高由里子の偶然設定は、ずるいぜ~と思います。

とはいえ、そのような偶然があった時、ひとはいかにちゃんとした恋愛までもっていくのか、という興味もないわけではなく、それはけっこう高いハードルであり、吉高由里子がいかにハードルを乗り越えていくのか、見守ろうと思います。

まあ、グリマーズ連のメンバーである私としては、香里奈と同じ女子高の演劇部後輩である大島優子が、結局、いつまでもかっこいい先輩・香里奈を好きになってしまって、「わたし、センパイがすきです。オトコなんて要らない」とか言ってる展開も、おもしろいかも、とか考えたりもしています。

---

書きながら、私はにやにや笑っている、そのことはお伝えしておいた方がいいかもしれませんね、一応。

(のぶ)

カウントダウンジャパン11/12 二次予選 グリマーズ連に投票よろしくお願いします!めざせファイナリスト!http://jack.ro69.jp/contest/jack1112/artist/22595

« 震災から222日 月9「私が恋愛できない理由」を観る | トップページ | 震災から224日 新曲『湾岸線R&B』について »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。