« 震災から225日 新曲『介護桜Ⅱ』について | トップページ | 震災から228日 カウントダウンジャパン11/12の二次予選がはじまるよ »

2011年10月22日 (土)

震災から226日 ハンドボール女子日本代表がアツい!

ハンドボール女子日本代表チーム。36年ぶりの五輪出場権をかけて、アジア予選、全勝同士、韓国との最終決戦でした。

前半は日本が1点差でリード。これはいける?といざ、後半へ。しかし後半の中盤辺りから、ずるずると韓国にリードを奪われ、以降、5~7点差をつけられたまま、後半27分のタイムアウト時に、

日本代表のファン・キョンヨン監督が円陣を組む女子選手たちに

「オマエラの今マデの努力はなんダったんダ!」と叫びました。その叫びに、叫びで応える女子選手たち。くぉ~!ハンドボール女子日本代表チーム、アツすぎる!

それまで、なんともいえないもどかしさにもんもんと観戦していた私でしたが、ファン監督のあの一言で、完全に涙腺が決壊。じわーっと目に涙、たまるたまる。

タイムアウト後、のこり3分、守備ラインを上げての捨て身ディフェンスの眺めは、もう、くやしくてくやしくて、私は久しぶりに、悔し涙というものを流しました。

なんとかしたいんだけど、なんともできないくやしさ、それは女子選手たちからじわじわにじみ出ていて。ちくしょう、くやしいんだろうな、ちくしょう、ちくしょう、と私が泣いてしまっている。

試合後のインタビューで、この試合、一番の活躍を見せた東濱裕子選手が「くやしいです。」「くやしいです。」「くやしいです。」しか、しばらく言えなかったのには、もう、こんな私までもが「わかるよ、くやしいよな、わかるよ、」と、くやしさに涙を流さずにはいられない。

いま、これを書きながらも、私はまだ泣いている。

「オマエラの今マデの努力はなんダったんダ!」は、すごかったな。あの場にみなぎっていた、くやしさ、熱量ハンパなかった。ハンドボール女子日本代表チーム。あれだけくやしい思いをしたなら、きっと次のステージがあるはずです!来年の世界最終予選、なんとかがんばってほしいです!

(のぶ)

カウントダウンジャパン11/12 第二次予選 グリマーズ連に投票よろしくお願いします!めざせファイナリスト!

http://jack.ro69.jp/contest/jack1112/artist/22595

« 震災から225日 新曲『介護桜Ⅱ』について | トップページ | 震災から228日 カウントダウンジャパン11/12の二次予選がはじまるよ »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。