« 震災から248日 浅田真央選手がアツすぎる! | トップページ | 2011年12月 グリマーズ連のライブ »

2011年11月14日 (月)

震災から249日 女子バレーボールがアツい!(2)

ワールドカップ。ブラジル戦。日本がストレート勝ち。

「こういうことって、あるんだなあ、」と、人生もっと思うことにします。平たく言うと、「あきらめないで!」ってこと。

もちろん、大事な場面でブラジル選手のミスは多かったけれど、それにしても、日本チーム地味に守備でよく拾えてた。ブロック陣とレシーブ陣とでスペースの連係が良くできていたことは、まぐれではない、ちゃんとした勝因です。

主将・荒木絵里香選手の動きが、今大会パッとしていなくって、なんというか、コート上には6人しかいないのに、ひとり存在感のない感じが、いかがなものか、と個人的に思っておりましたが、ブラジル戦はそんな私の思いをぶち壊す、見事な活躍でした。これも勝因のひとつでしょう。

まあ、バレーボールは(控えの6人を入れて)12人でやるスポーツであり、誰かしらあまり調子の出ない選手がいるなかで、どうにかやりくりをしていくわけです。あとは山口舞選手が気持ち良いスパイクを打てるように連係を詰めていけば、コート上の6人の存在感がバキバキ出てくるはずです。

なんというか、たのしいね、女子バレー。泥ラリーに終止符を打つ、エース木村・江畑のライン際のスパイク、その球筋。ムリな態勢からの江畑幸子選手の強気なスパイクに、だんだん魅力を感じてきました。「そこから、そんなに強く打つかー?!」って思います。ああいうのは大事です。

ちょっとずつ「常識」を超えていくことが大事です。

(のぶ)

カウントダウンジャパン11/12 グリマーズ連のページ http://jack.ro69.jp/contest/jack1112/artist/22595

« 震災から248日 浅田真央選手がアツすぎる! | トップページ | 2011年12月 グリマーズ連のライブ »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。