« 震災から260日 ワールドカップ、男子バレーを観る(2) | トップページ | 震災から265日 五味孝氏さんのライブに行く »

2011年11月29日 (火)

震災から264日 男子バレー、タイムアウト時がアツい!(3)

ワールドカップ、男子バレーボール。

たしかあれは、今大会初勝利したエジプト戦だったと思うのですが、第4セットあたりのタイムアウト時に、日本男子チームの誰かが、

「向こう(エジプトチーム)だって苦しいんだぞっ!」とか叫んでおりました。

うぉぉ!だからスポーツ観戦はやめられない!大の大人が、こういう青臭いことを恥ずかしげもなく叫ぶ。いや、ばかにしてるんじゃ絶対なくって、アスリートって、いいなあ、って思うのです。

日本女子ハンドボール、アジア最終予選、後半タイムアウト時、ファン・キョンヨン監督の「お前らの努力は何ダったんダ、今マデの!」は、至高の輝き。あれはほんとうに素晴らしかった。(悔し)涙なくしては観れません。

アスリートの、いま、その瞬間を必死に生きているからこそ、出て来る、輝くことば。一方われわれは、しれっと日常を生きておりますが、出来ることなら、アスリートの叫びの様な、ある意味で没頭、どんな言葉だって恥ずかしさなく言えてしまう境地、にいたら、どんなに人生がたのしいか、と思います。

それは夢だっていいし、恋だっていいし、遊びだっていい。日常を、どこまでも、しれっとさせていたって、つまらない。「おまえ、何言ってんの?」って周りから引かれる位の、アツいことやってみたい。

というわけで、バレーボール、もっぱら、タイムアウト時の様子が私の見どころ。

(のぶ)

グリマーズ連のライブ

12月21日(水) 新代田FEVER(世田谷区)

« 震災から260日 ワールドカップ、男子バレーを観る(2) | トップページ | 震災から265日 五味孝氏さんのライブに行く »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。