« 震災から291日 バドミントン日本リーグを観に行く | トップページ | 震災から297日 2012年は皇居ランニングから! »

2011年12月29日 (木)

震災から294日 テレビでグリマーズ連のボーカルを観る

Pa0_0294

『ゴシップガール』の舞台、表参道!イルミネーション!大混雑っ!

先日観に行ったバドミントン日本リーグ東京大会、日本ユニシスvsパナソニックが、スポーツ専門チャンネルで録画中継していて、観てみました。

ら、「パナソニック選手の好プレーに湧くパナソニック応援団席」的な映像に、グリマーズ連のボーカルが映っておりました。

にやにや笑って、パナソニックの青メガホンを叩きながら、「も~う一本!もう一本!」とか口が開いておりました。ばかだな。グリマーズ連のボーカル。おまえ、まったく幸せそうだよっ!

--

ところで。パナソニック・バドミントンチームの松尾静香・内藤真実ペアの魅力について、私はまだきちんと説明していなかったので、ここで説明したいと思います。

ふしぎなことに、私はすっかり松尾・内藤ペアのファンになってしまったわけですが、しかし、私はまだ一度も彼女たちが勝った試合を観た事がないのでした!(今、気付いた!)

それなのに、何に惹かれているのか、というと、コンビとしてのキャラ立ち、です。内藤選手の長身、サウスポーという見た目の力強さ、華やかさ、おっとり感。松尾選手のいかにも冷静そうな、知性ある佇まい、きびきびした動き、リーダーシップ。そんなふたりだからこその輝き。お互いがお互いを補完し合い、そこからふたり以上のちからが溢れて来るような期待感。

そんな松尾・内藤組を観ていると、まるでドラマみたいです。試合中、内藤選手が「ハイっ!」と声を上げると、長身の内藤選手が小柄のリーダー松尾選手にしっかり付いていく、という感じがあって、なんか、とっても、いいのです。

彼女たちは2009年の全日本総合・女子ダブルスの優勝者らしいのですが、彼女たちがどれほど強かったのか、にわかファンの私は知りません。でも、彼女たちには今も明らかに王者の風格みたいなオーラがあって、私は先日の全日本総合のテレビ中継を何の予備知識もなく観た瞬間から、「あ、このコンビ、かっこいいな」と思ったのでした。

ロンドン五輪日本代表を目指し、そしてメダルを目指していく。そういう志の高さ、誇り、が松尾・内藤組には似合います。現在の苦境から這い上がって、ふたたび栄光へ、ロンドン五輪で大活躍!王者の風格漂う彼女たちにはそんなストーリーが似合います。

グリマーズ連ボーカルの私は、パナソニック松尾静香・内藤真実コンビを応援します!がんばれ!松尾・内藤組!

さっき、国際バドミントン連盟の世界ランキングを確認してみたら、松尾・内藤組は、なんと世界ランク6位でした!http://www.bwfbadminton.org/page.aspx?id=14955

(のぶ)

« 震災から291日 バドミントン日本リーグを観に行く | トップページ | 震災から297日 2012年は皇居ランニングから! »

のぶ記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。