« 震災から315日 大相撲を観に行く | トップページ | 震災から318日 全日本卓球選手権、福原愛選手がアツい! »

2012年1月21日 (土)

震災から317日 アジカン、シェルター、フラッドオブサークル

Pa0_0396

フラッド・オブ・サークル『借り物の愛』

つけっぱなしテレビに『僕らの音楽』という音楽番組が始まり、アジアン・カンフー・ジェネレーション(アジカン)が出ていて、ボーカルの方が秋元康と対談しておりました。

なんとなく観ていたら、ボーカルの方が「アジカンが民放の音楽番組に出ないのは、テレビは音が悪いから、」みたいなことを言っていて、「ふうん。なるほど。」とおもった。

こういう事を言う人はあまりいないので、感心しつつも、しかし、随分えらそうなこと言っちゃったな、とも正直思っていましたら、その後ライブ演奏が始まったら、テレビから出るアジカンの音の良さにびっくり。さすが、言うだけのことはある。きっちりこだわって収録したのでしょう。

とくにエレキギターの音がバリバリっと出ていて、その存在感たるや、たしかに、しばらくテレビから聴いたことのない「特別な音」であったのでした。(お正月に観た辻井伸行カーネギーホールのピアノの音の良さにもびっくりしましたが)

私はとくにアジカンに思い入れはないのですが、アジカンが、音に対しての確かな思いがあり、それをきちんと表出できるバンドであることは良く分かりました。今時、テレビであんなエレキギターの強い音が聴けて、良かったです。

--

アジカン、といえば、下北沢シェルター。シェルターといえば、前の店長氏(今は新代田FEVER店長氏)であり、その店長氏に見い出されたもうひとつのバンドとして、「a flood of circle(フラッドオブサークル、以下フラッド)」がいるわけですが。

きょう、山下達郎の新譜を借りにツタヤにいったら、そんなフラッドの新譜が「TSUTAYAレンタル限定ミニアルバム」としてあり、昔、下北沢シェルターでフラッドとしのぎを削った????私としては、がんばれ、フラッド!ということで、「5枚で1000円」の一枚にノミネート。

そのむかし、大みそかの新宿ロフトに出た時、フラッドのライブを観た私は、あまりのアツさに興奮し、後日、ドラムの方に「あの時のライブはアツかったねえ」と言ったら、「ボーカルの佐々木に負けたくない気持ちでドラム叩いてる、」みたいなことを言っていて、なるほど、そういう気持ち、ちゃんと音に出てたなあ、と感心したものでした。

で。今の3人組のフラッドには、そういう感じが良く出ていて、負けるか、負けるか、みたいな個性のぶつかり合いがひとつの音の塊になっていて、なかなか良いです。a flood of circle [I love you]youtube http://www.youtube.com/watch?v=nIyPkHbib3U

店長氏は、シェルターのオーディション受けに来た若きフラッドがここまでくることをちゃんと見抜いていたのだろうなあ。私も??、もうちょっと結果出さないといけませんね、今年は。はい。私は歌謡曲がんばります。

(のぶ)

« 震災から315日 大相撲を観に行く | トップページ | 震災から318日 全日本卓球選手権、福原愛選手がアツい! »

のぶ記」カテゴリの記事