« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

震災から355日 男子マラソン 川内優輝選手がアツい!

201202272202270261111

川内優輝選手。

東京マラソン。打倒エリート、市民ランナーの星、川内優輝選手がまさかの失速。ロンドン五輪に向けて、厳しい結果になりました。

このブログで取り上げるのは初めてですが、私も川内選手の動きには、いつもたのしませてもらっています。ゴール後、へろへろになって担架で運ばれる姿は、いつ観ても魅力的。おもしろいひとだ。

レースから明けて月曜日。けじめ、と坊主姿であらわれた川内選手。やりすぎなくらい青くて、強烈。ほんと、スター性たっぷり。おもしろいひとだ。

なんというか、常人より「ちょっと過剰」なところが、なんとも魅力的です。

--

そんな川内選手を追ったNHK番組がやっていて、特に印象に残ったのが、よく食べる場面です。

和食レストラン?で、肉ぶっかけうどん大盛りとカツ丼セット(カツ丼+うどん)を頼み、完食した後、さらに肉うどん大盛りを頼む、という、過剰さとか。

母校の合宿所にて、カレーに、しゃもじ大盛り4杯分のごはん(つまり超特大盛り)を盛ったりする、過剰さとか。

食べることに関しても、笑ってしまうくらい、やっぱり「ちょっと過剰」なのでした。

--

が。むかし、楽天の野村監督がベテラン山崎選手に対し「あいつはものすごく食うから、今でも通用してる」「食が細い奴はプロ選手として大成しない」みたいなことを言っていた、ことを思いだしました。

--

食うやつは大成する。がんばれ川内選手!

と。「お前は何処に向かっているのだ?」と自分に軽くツッコミを入れつつ、

だから?私も、もっともっと食べて、下半身も、もっともっと鍛えて、台頭したいと思います。

現在、新曲の歌詞を量産中。ガンガン書いてます!

(NB)

2012年2月26日 (日)

震災から353日 下半身を鍛える

水球日本代表、五輪をかけた大勝負を観に、新習志野、2時間以上かけて電車に揺られていた時も、ふと思いましたが、

「お前は何処に向かっているのだ?」と自分に軽くツッコミを入れつつ、

--

18日の大事なライブ終え、今やるべきことは何か、と考え、下半身を徹底的に鍛えます。

10キロを走り、スクワット、自分で考えた下半身を鍛える運動(体幹を意識しながら、大きく足を前後にひらき、ぐっと身体を沈ませて、右手を左足のかかとにつける。次は左手を右足かかとに。それを交互にしながら100メートルほど歩く×2セット)をして、下半身を徹底的に鍛えています。

野球選手が成長の要因を訊かれて、オフに下半身を鍛えたから、みたいな答えがよくあります。他のスポーツでもよくある話です。

NHK紅白歌合戦に歌い手として出場したい私ですが、やはり何事も大事なのは下半身だな、と。

--

それにしても、10キロを黙々と走っていると、だんだんマラソン選手の気持ちが分かってくる、気がします。

自分に気持ち良いペースで走っている、も、ほかのランナーがいると、遅いランナーは抜きたくなったり、速いランナーには並走したくなったりと、気持ちが乱れて、ペースが狂ってきて、次第にどっと疲れがくる、なんてことがあります。

先日の大阪女子マラソンでの福士加代子選手、序盤の走りのまま、軽く、気持ちよさそうにゴールまで走れたら完璧ですが、そうはいかないのがマラソンであります。

他のランナー、気候、自分の体調、コースの傾斜、自分の気持ちの変化、等々。

レース前の自分のプラン通り、思うがままに、最後までいくのは、そう簡単なことではありません。

--

東京マラソン。日本人選手、一歩先行く「雑草」とリベンジに燃える「エリート」のたたかいに注目です。お互いが「負けられない」気持ちをもって臨んでいるだけに、見応えがあるはずです。

--

18日のライブ。私NBとドラムWDは、いつもと違う状況に、出番前けっこう緊張しました。「負けられない、これは勝負だね、」と。ちょっとしたアスリート気分でした。いい緊張感だった。

だから?、いまは、下半身を鍛えるのです。

(NB)

2012年2月25日 (土)

震災から352日 結婚式ソングをつくる!

Pa0_0441

めざすは「リアル歌詞」!

ベースTBとスタバでグリマーズ連ミーティング。

今度の新曲は、結婚式ソングになりそうです。

どうしたら全く新しい結婚式ソングができるか、TBと私、スタバにて、新婦の女友達(女子高の同窓生)の気持ちになりきって、あれこれ考えます。

TBの発案により、良い出だしの一行ができました。目指すは結婚式の新定番ソング。新婦の女友達が気持ちこめて歌うソング。遊びじゃないし。本気で作ります。

--

ところで。18日ライブに出演できなかったTB。18日のこと、改めて指摘された存在感、等々を話したら、「おれ、最近のステージ上では、眼閉じて曲に入り込んで陶酔してるだけだけど…」みたいなこと言っておりました。

まあ、そうなんですが。芸能ってのは、そういうのが大事だったりするのかも。ドラムWDと私NBだけだと、音楽好きのまじめな2人、どうもいけません。

--

「音楽なんて聴かない。君ももう音楽なんて聴かないようにしたほうがいいよ」と本気で勧めてくる、ふまじめなTBとクルマで加藤ミリヤ『Aitai』を連続再生聴きまくり。「Aitai、いいねえ。」とふたりで感心しきり。

で、次のカバー曲に決定。SPEED『white love』も良かったけれど、もう回りくどいことはせず、直球ストレートでズドン!グリマーズ連の切なすぎるラブソング『Aitai』。期待して下さい。

グリマーズ連、もっと前へ進みます。

(NB)

2012年2月24日 (金)

震災から351日 18日ライブ音源を聴く

18日ライブの音源を聴いてみました。

全7曲、なかなかいい感じでライブを進めてる。聴いていて、「早く終わんないかな、」とは特に思わなかった。

自分のことなので、正確にはジャッジできないですが、それにしても、

曲間で、「yeah~」とか「woo~」とかフェイク入ると、われながら、「こいつ、おもしれえな、」といちいち思う。

ベースTBがリハスタで、しきりに、もっとフェイク入れて!もっとウザく!と私に歌唱指導していたわけが、わかりました。

--

それにしても、全体的に、もうちょっと歌がうまくなるといいなあ…。もっと力抜いて歌いたい。力むなっ!と自分に突っ込み入れながらライブ音源聴きました。(まあ、気合い入ったライブだったからなあ…)

歌詞は聴き取れたので、そこは及第点。でも、緩急自在の圧倒的な歌唱で、自慢の楽曲をしっかり伝えていきたい、それが理想。

--

SPEEDのカバー『white love 2012』がいい出来で、満足。メールがない夜。会いたい会いたい。最近のグリマーズ連のやりたいこと(ラブソング歌謡・揺れる女心)が、『white love』の世界観と2012年まさかの邂逅。奇跡的にがっちり良いものが出来たと自負しております。

--

PA音響さんの消し忘れか、BISさんのライブ音源(2曲ほど)が入っていて、そのまま聴きます。

エレキギターが鳴る、随分ロックな楽曲を歌ってたんだな、と思いきや。てゆーか、ファンの掛け声が激アツすぎる!今時アイドルファンの掛け声って、ほんとかっこよい。あれこそロックだ。ロックバンド、もっとがんばれ!

(NB)

2012年2月19日 (日)

震災から346日 18日ライブ終わる

2012年2月18日(土) 新代田FEVER

--

セットリスト

1.ぽんぽんいたいの

2.white love2012 (SPEEDカバー)

3.ゴシップガール

4.中学三年生ブルース

5.青山遊び人ブルース

6.シングルマザーのほのお

7.赤い運命

--

いいライブでした。一曲目『ぽんぽん』で会場の空気が、われわれを受け入れてくれることが伝わってきたので、その後は流れのままに、普段通り、いいパフォーマンスが出来たと思います。

正直。バンドじゃないもん!さんの後に出ていくのは、ちょっとした勇気が要ります。われわれの後にはアイドルBISさん(と激アツのファンの方々)が待っているし。ふつうのバンドだったら、逃げ出したい状況か。? ふつうのバンドじゃないグリマーズ連、逆に芸能魂が燃えます、がんばりどころです。

一生懸命つくってきた「楽曲のちから」を信じて、楽屋でWDと気合い入れて、ライブに臨みました。

--

今回、ベースTBが出演できず、ドラムWDと私NB、ふたりだけのライブに。さらっと言ってますが、TB抜きでライブやってしまうなんて、随分思いきったことやってしまった。

2人でやるしかなかったし、「いいわけ」みたいなことは言いたくなかったので、今日はステージでも何も言いませんでしたが、やはり、TBの存在は、ばかでかかったか…。

--

とはいえ。2人なりにいいライブしたと思います。音源は即完売。無料の歌詞集も全てなくなり、とお客さんの反応は上々でした。(ツイッターでもプチアツい模様)

音源を買ってくれたお客さんと握手したこと、それが何より大事だと思います。ありがとう。

--

BISのファンの方々とも話せて、面白かったです!私的には、BISとファン、一体となってのヘッドバンキングの眺めがすごくて、ももクロを初めて観た時、「ここここここ」言いながら盆踊りしているももクロの圧倒的な祝祭感を思い出しました。生きてる感じ。ああいうのは大事です。

BISのステージ、けっこうよかったです。ファンがアツくなるのも分かりました。もっと楽屋でメンバーさんとカラんで仲良くなっていればよかったな。

--

今回初めてライブをDVD録画してみました。まずWDが持ち帰り、ほんとうに「いいライブ」だったのかチェックしております。

すみません、反省はそれから。

--

家に帰ったら、深夜テレビでTRFが『survival dAnce』、横浜アリーナ会場が「フォー!」っと大盛り上がり。

われわれもライブの後半で、もうひとつ、ああいう大盛り上がりの曲があると、いいなあ、と思いました。

TRF『boy meets girlとsurvival dAnce』 小室メロディ、いい曲ですね。http://www.youtube.com/watch?v=5YKTEB7e98I&feature=related

(NB)

2012年2月17日 (金)

震災から344日 『white love』を歌いまくる!

Pa0_0433

ひとりカラオケ。SPEED『white love』だけ、ひたすら歌います!

私の歌う歌詞はほぼオリジナルであり、画面字幕は全く無視。聴いたことのないヘンな『white love』を入室から退室までぶっとおしで歌っているわけで、隣部屋の女子高生たちは、「隣、変わった人がいるなあ。てか、何このサビ、良くない?」と思っていたことでしょう。?

18日に向けて、残り一日、まだまだ練習します。グリマーズ連の『white love 2012』に期待して下さい!

--

新代田FEVER店長氏による、つぶやきがアツすぎる!

FEVERのツイッターhttps://twitter.com/#!/livehouse_fever

FEVERのHPからでも見れます。

http://www.fever-popo.com/

てか、こりゃ、グリマーズ史上最高のライブで応えないと、です。みなさま応援して下さい。

(NB)

グリマーズ連のライブ

2月18日(土)

新代田FEVER(世田谷区)

グリマーズ連の出演は19:30ころ(3番目/5組中)

2012年2月15日 (水)

2012年 グリマーズ連の2月ライブ!

L_hokuto1_2

2012年2月18日(土)

新代田FEVER (東京都世田谷区)

http://www.fever-popo.com/

「跳ぶんzzz 1m」

\2000(前売り・ドリンク別)

open17:30 start18:00

グリマーズ連の出演は19:30~(3番目/5組中

出演

グリマーズ連

BIS

current of air

パッションパッションパッション(nature call me)

バンドじゃないもん!

<コメント>2月15日付

出演時間が決まりました。グリマーズ連は、19:30から。3番目での出演です。バンドじゃないもん!さんの後です。渾身の『white love』歌って、がんばります。

<コメント>2月7日付

情報解禁となったもう一組は、「バンドじゃないもん!」さんでした。

「神聖かまってちゃん」でドラムを叩く女性の、別バンドとのこと。

ちなみに。グリマーズ連もバンドなのか、もう、よく分かりません。今回は、SPEEDさんの『white love』をR&B風にカバーする予定。その打ち込みを現在必死にやっております!

<コメント>2月3日付

グリマーズ連、2012年ライブはじめです。

たとえば、共演のBISさんはアイドルグループです。ふだんのライブハウスとはちがう感じかもしれません。

で、グリマーズ連は、というと、ヒット曲狙いのため、最近、どれもこれも似たような曲ばっかりになっております。それでいいです。

つまり、歌謡まつり。だれが一番紅白に出たいか、というアツいイベントであります。(ウソ)

受験シーズン。どんな土曜日になるか? グリマーズ連も、いのちがけ、絶対、いいライブします。みなさま、ぜひお越しください!

(NB)

グリマーズ連が目指すアツさ、たとえばこんな感じ。

北斗晶 愛の鉄拳 ラスカチョを叱るhttp://www.youtube.com/watch?v=1KFsNi1O7ks&feature=related

2012年2月14日 (火)

震災から341日 『white love』がいい感じ

Speed204061

グリマーズ連、練習しました。

SPEED『white love』のカバーが実にいい感じ。

いつも私が用意していく作品に、平然と「つまらない。ふつうだよ。やめよう。」と言うベースTBが、「いいかもしれない」と言うのですから、たぶん良いのです。

私も、歌っていて、なんか、良い感触があります。

てか、現在持ち曲の中で一番いい出来かも。って、そもそも大ヒット曲だし、あたりまえか。

--

カバーというか、歌詞を相当作り替えており、真剣な替え唄というか、もはやオリジナルな感じ。

でも、サビで♪果てしない~♪と歌うと、やはりSPEEDさんの『white love』。

でも、中身は全然ちがう。それをマジで歌うし。

あたらしい、ヘンなものができました。期待して下さい。

(NB)

グリマーズ連のライブ

2月18日(土)

新代田FEVER(世田谷区)

2012年2月 9日 (木)

震災から336日 SPEED『white love』をみっちりと

Images2_3

グリマーズ連、練習しました。

カバー曲、SPEED『white love』をみっちりと。歌うのに、エネルギー消費ハンパなく、あまりに疲れて一時練習を中断するほど。へとへとになりました

「もっとウザく!もっと気持ちこめて!」とメンバーに叱咤激励され、何度も歌います。音漏れ、リハスタ隣室の外部バンドマンの失笑も気にせず、『white love』だんだんかたちにしていくことができました。

--

「てか、『white love』の歌詞、何度聴いても、意味分かりづらくない?」と意見が一致。歌詞の一部を2012年風に作り直すことにしました。

なんか、やりたい放題、のグリマーズ連ですが、別に遊びでカバー曲をやっているわけではありません。

--

そのむかしは、はっぴいえんど『暗闇坂むささび変化』をカバーし(♪ももんが、ももんが♪歌ってました)、

その後は、Kポップのスーパージュニア『sorry,sorry』(韓国語で歌いましたね)、

そしてEXILE『ti amo』(未発表)をカバーしたりしてきた、われわれですが、

今は、SPEED『white love』をカバー。

だんだん、ふまじめになっている、というか、だんだん、まじめになっている、そう思います。そして、「うたとは何か」に近づいている、そう思います。

生きていれば、いろんな思い、いろんな変化がある、そんな感じですね

R&B風にした『white love』トラックはなかなかいい出来だと思います。みなさまにたのしんでいただけたらと思います。

(NB)

グリマーズ連のライブ

2月18日(土)

新代田FEVER(世田谷区)

2012年2月 6日 (月)

震災から333日 カーリング女子 小笠原歩選手がアツい!

Images1_2_2 

カーリング女子。歩さん(左)と弓枝さん。

NHKのスポーツ番組で、カーリング女子、小笠原(旧姓・小野寺)歩さんを特集していました。

トリノ冬季五輪のときは、あまりにカーリングに熱中・没頭し過ぎて、チーム青森の予選敗退が決まった直後、私の生活の集中力が「ドっと」抜けて、大放心、その直後の私のライブは散々だったこともある、私です。

あのときの興奮・熱狂が再び? 歩さんが還ってきました!

--

番組では、歩さんが一児の母となったことによって、カーリング競技者としていかに成長したのかが伝えられていました。

「母親であり、競技者である」みたいな状況に、「それって、本気っていうの?」と思ってしまう、ばかな私です。

先日の水球の五輪予選といい、スポーツとは、ある局面ではそれこそ「死ぬ気」でたたかっていくことが必要だと、私はよく思うからです。

--

が。カーリング強豪国のスキップ(主将・司令塔)に若い娘がいないのは、確かなことであり、歩さんがトリノ後、競技から離れ、結婚をして、出産をし、育児をしてきた、ということは、

もしかしたら、カーリングという競技にとって必要なことをしてきただけ、とばかな私にも思えてきました。

--

すると。なんなんだ?カーリング?という疑問も湧いてきます。一途にカーリングだけを練習し、生活の全てをカーリングに注ぐ、ことではなく、なぜ回り道をすることが結果カーリング競技者としての成長につながるのか? スポーツとしてふしぎなことです。

その一投で勝負の行方がきまるという究極の場面で求められることは、もしかしたら、なんというか、「まあ、たかが、カーリングだし。ぶっちゃけ、息子のほうが大事だし。」みたいな、状況を俯瞰した冷めた態度(よくいえば平常心)そんなものなのかもしれない。

--

それを手にしたらしい?歩さんの、北海道選手権での「最後の一投」は、たしかにお見事でした。

「この一投に、カーリング競技の未来、チームの存続、自分自身の競技人生、いろんなものがかかっている!」と意気込んで投げること(トリノでのプレー)よりも、

「息子が一番大事、それは絶対譲れない。でも、まあ、この一投はけっこう大事だな、」くらいの気持ちの方が、自分の望み通りの身体の動きができるのかもしれません。

--

とはいえ。私は、先日の水球、ポセイドンジャパンの選手たちのような、競技に死ぬ気で?挑む感じが大好きで、ああいう魅力も捨てがたい。

ですので。競技から離れていた選手(歩さんと弓枝さん)が、復帰後すぐに日本選手権をとってしまっていいのか?それを誰が阻止するのか?いま、カーリングに人生のすべてをかけて一途にやっている女性チームの健闘も観たいです。

おんなたちのせめぎあい、今週行われる日本選手権が、超たのしみです!

(NB)

グリマーズ連のライブ

2月18日(土) 新代田FEVER(世田谷区)

2012年2月 4日 (土)

震災から331日 『武州オンザロード』を弾き語り

Pa0_0419

私の部屋のエルビス。いつまでも!

ANATAKIKOUのツイッターをたまにチェックしているのですが、http://twitter.com/ANATAKIKOU_info

2月1日付のものに、「今日のBGM 『武州オンザロード』バンドオブグリマーズ」という文字があって、びっくり。

随分前の音源であり、私自身、長いこと聴いておりません。が、こうして今も「そっと」聴き続けてくれる方が(関西にも)いるのだなあ、ということに、じわじわっと、うれしさがあふれてきます。

で。久しぶりにギターを取り出して、『武州オンザロード』を弾き語りしてみました。

3番フルコーラス、すらすらと歌詞全部覚えていたことにも驚きましたが、なかなか良い曲だな、と思いました。

--

なんというか、音楽ってすばらしいのだな、と思いました。

私を超えて、鳴っている、ということが、ほんとうにすごい。歌謡曲とは本来そういうところを目指しているものだから、もっともっとがんばりたくなりました。

--

調子に乗って、久しぶりにギターを弾きまくりました。が、ヘタになっていて、びっくり。プチあせったので、ドレミファソラシドを、ていねいにピヨーン、ピヨーンとゆっくりじっくりと弾き、感覚を取り戻しました。基本は大事ですね。

(NB

グリマーズ連のライブ

2月18日(土)新代田FEVER(世田谷区)

2012年2月 2日 (木)

震災から329日 グリマーズ連 練習

L_kensuke1

グリマーズ連の練習。

新曲『介護桜Ⅱ(仮)』に取り組みました。が。今回私が用意していったメロディ、トラックは即座にボツに。グリマーズ連の鬼査定、健在です。

しかし。きょうは、メンバーのダメ出しの声にがっかりするのでもなく、なぜか、「自分では気付かなかったことを言ってもらえてよかったなあ」と思いました。優等生みたい。

また作り直しです。でも、何が悪いか、3人で話し合って、はっきりしたので、やることをやるだけです。努力家です。

--

美容整形のうた、『ゴシップガール』も細部、作り直し。あきらめません。

主人公の女の子を、「きゃりーぱみゅぱみゅ」みたいな感じにしないで、あくまで、プロレスラー佐々木健介のようなアツさをもった人間性にしていこう、と。

「きゃりーぱみゅぱみゅ」か「プロレス」か。グリマーズ連はどちらを選ぶのか、リハスタのロビーでメンバー3人、じっくり話し合いました。プロレスです。

佐々木健介インタビューhttp://www.youtube.com/watch?v=Ml71f7xGKvs

きゃりーぱみゅぱみゅ『つけまつける』

http://www.youtube.com/watch?v=NLy4cvRx7Vc&feature=related

--

次のライブで、カバー曲をやりたいと思っていて、その選曲について3人で話し合いました。はやく打ち込んで、練習して、実現させたい、です。

(NB)

2月のライブ 近日発表します。

2012年2月 1日 (水)

震災から328日 大川栄策さん『さざんかの宿』からあれこれ

200502280001311

NHK歌謡コンサート。

大川栄策さんが『さざんかの宿』を歌いました。

先日、島津亜矢さんのコンサートにて、島津さんの歌唱はビヨンセ並みの世界レベル、と改めて感じましたが、

大川栄策さんの歌唱も、アッシャー並の世界レベルだと思いました今夜。別格です。しかも大川さん、前よりうまくなってる? 腹話術みたいに、口の動きと圧倒的な発声が結びついていないのが、なんかすごいです。

歌う大川さん、人間というより、もはや動物みたいです。なんというか、とても素直に発声をしていますから、田んぼのかえる、遠吠えする犬、パオーンと鳴く象、そんな大自然、ネイチャー感が大川さんの歌唱にはあふれています。(褒めています)

これは島津亜矢さんの発声にもいえることで。島津さんの素直な発声は、まるで田んぼのかえるのような大自然だ、と以前ここでも感嘆を込めて述べた事があります。

大川さんも島津さんも、もはや母なる大地に根差した「歌の精霊」みたいな存在であり、日本語を超えて世界中の音楽ファンに届く「音=声」をもっているひとだなあ、とおもいます。

--

それにしても、『さざんかの宿』の歌詞はすばらしくて、つまり不倫をうたっているわけで、EXILE『ti amo』と同じですが、どちらも甲乙つけがたい。良く出来てる。

一行目の情報量の多さ!

♪くもりガラスを 手で拭いて あなた明日が 見えますか♪『さざんかの宿』

♪日曜日の夜は ベッドが広い 眠らない想い 抱いたまま朝を待つ♪『ti amo』

--

火曜の夜8時、NHKで不倫をうたってる。いい歳したおとなたちが、不倫ソング聴き、追憶とか憧憬、妄想をたのしんでいる。歌謡曲って、おもしろいですよね。

大川栄作『さざんかの宿』2005 http://www.youtube.com/watch?v=R96_jFzvogI&feature=related

(NB)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »