« 震災から359日 次の新曲『七月七日』(仮)について | トップページ | 震災から364日 ジョニー、ジン、大瀧 たまには音楽の話を »

2012年3月 6日 (火)

震災から362日 びわ湖毎日マラソンもアツかった!

20120305k0000m050037000p_size51

惨敗。ゴールする堀端宏行選手。

びわ湖毎日マラソン。日本人選手の、負けたくない気持ちがビンビン出ていて、おもしろいレースでした。

(レース前は五輪代表有力候補だったが)結果11位と惨敗してしまった堀端選手の果敢な走りには「おれが日本のマラソンを引っ張っていく、」という誇り、気概が感じられたし、私的には、無謀な走りとは思えない。

(ペース落ちて来た選手を)後方から拾って拾って、という走りは、私は好きではありません。たたかう姿勢として、はじめから勝ちに行っていない気がするから。だから堀端選手のよう、アフリカ勢先頭集団についていく勇気ある選手に五輪に行ってもらいたかった。今後もがんばれ堀端選手!

--

さて。マラソン男子五輪代表は誰か?ということですが。タイム、レース条件、レース内容、粘り、勝負強さ、とか深く考えだしたら、答えはない気がします。

私は、ごくシンプルに、選考レースで日本人1位になった選手ということにしたら、わかりやすいと思う。

というわけで、残り一枠は、川内優輝選手が妥当では?と思うのです。どうでしょう?

--

まあ、なんというか、川内選手が五輪に向けてどんな感じになるのかみてみたい、という、よこしま?、無責任な思いが強いかも。すみません。

川内選手が、あの早口で、「こうと決まったからには公務員はきっぱりやめて今日からマラソンに専念します」とか突然言いだしたら、おもしろいなあ、とかとか。

--

堀端選手といい、水球の日本代表といい、これからまた気持ち切り替えて目指す4年後は長いなあ、と外野は思ってしまいます。

まだロンドン五輪終わってもいないのに、今日も日陰で鍛錬を続けなければいけない、厳しさ。その厳しさに耐えるのは、もう、その競技が好きであること、栄光を信じる強い気持ちしかないなあ、と私は思います。

とにかく、現役続行みんながんばれ!

私も地道に下半身鍛え続けております。それが未来につながると信じております。

(NB)

« 震災から359日 次の新曲『七月七日』(仮)について | トップページ | 震災から364日 ジョニー、ジン、大瀧 たまには音楽の話を »

のぶ記」カテゴリの記事