« スタバでグリマーズ連ミーティング というか競泳女子100m自由形 | トップページ | 10キロを43分で走る! »

2012年4月 8日 (日)

競泳ロンドン五輪代表決定戦を観に行く

Pa0_0483
東京辰巳国際水泳場!

--

行ってきました!大会5日目の上田春佳選手の激アツの泳ぎをみて、これは一度、生で観ておかなければならない。と思い、大会6日目の辰巳へ。

--

水球日本代表ポセイドンジャパンを観に行った時同様、会場に入るなり、巨大屋内プール特有の、「むん」とした熱気が身体を包みます。ぐんぐんテンションが上がります。

--

きょうは、私、泣きました。

女子800m自由型、そして、女子200m平泳ぎが激アツでした。

女子800m自由形、1位になった藤野選手、派遣標準記録には届かず、惜しくも代表を逃しました。

レース後のインタビューでは(家に帰って観た録画、テレビではこのインタビューが放映されていなかった。感動的だったのに…)、福井選手、自己ベストだったことを自分で納得しながらも、派遣標準記録に届かなかった悔しさで涙をこらえきれず。会場の私も、「あぁ、悔しいんだろうな、」と、思わずもらい(悔し)泣き。私、マジでけっこう泣きました。

--

そして女子200m平泳ぎ。激戦の予感、レース前から会場の空気が違いました。そして激アツすぎるレース展開に、会場、異様な盛り上がり。

私としては、第1コースの川辺選手に注目していて、100m平泳ぎで悔しい思いをしていたから、ぜひ200mでがんばってほしかった。

その川辺選手が一番外側、第1コースながら?、序盤からレースを引っ張っぱる展開、150mすぎまで先頭を泳いでいて、「いけ!いけ!」と私も応援に熱が入ります。

なんというか、川辺選手の、序盤からピッチの速い泳ぎには、絶対決めてやる!という、「決意」がみなぎっていて、観ている私は、そのアツさに涙せずにはいられない!

--

が。最後の50m、川辺選手、ばててしまったか、追い上げて来る選手と残り25mの競り合いは、まさに激闘でした。

家に帰って観た録画テレビでは、解説の岩崎恭子さんが「ああぁっー!」「はぁっ」とか、もはやまったく解説になっていない声をあげていた。すばらしい!

たしかに、あのときの現場の熱狂は、どんな言葉も追いつかなかった。「ああぁっー!」としか言いようがない。録画で見直してみて、岩崎さんは完全に正しい解説をしていた、と私は思う。岩崎さんにはロンドン五輪でも、ぜひ今回のようなリアル解説をしてほしい。

--

いや~すごかった。女子200m平泳ぎ。

レース後のインタビュー、高校生の渡部選手、うれし涙に、思わず私ももらい泣き。女子高生アスリートがうれし泣きしてるっていうのも、めずらしい眺めで、グッときました。

--

悔し涙、がんばり涙、うれし涙。私、ずいぶん泣いてきました。感動した! 音楽、がんばりましょう!

(NB)

グリマーズ連のライブ

5月6日(日) 新宿レッドクロス

« スタバでグリマーズ連ミーティング というか競泳女子100m自由形 | トップページ | 10キロを43分で走る! »

のぶ記」カテゴリの記事