« 90分間ランニング!大瀧!大島? | トップページ | 短距離走をやってみる 中村式トレーニング! »

2012年5月16日 (水)

NHK歌謡コンサートを観て

NHK歌謡コンサート。

森進一さんが♪粋な別れをしようぜぇ♪と歌っておりました。石原裕次郎の曲、なかなか自分のものにしていて、良かった。これぞカバー、って感じ。良い。

小林旭さんが♪ダイナマイトが、よぅ♪と暴れまくっておりました。元気いっぱい。いいと思う。

--

今回、気になったのは、「あさみ ちゆき」さん、『新橋ニ丁目七番地』という曲。

新橋で靴磨きをしているおばあちゃんを主人公にした歌詞なのですが、

なぜ、いま、新橋の、靴磨きのおばあちゃん、なのか、ということが番組終了後も、私のあたまにひっかかっていて、

youyubeで聴き直したり、歌詞を読み返してみたり、しました。

--

 つらい気持ちは靴見りゃわかる

 今日もあなたはがんばった

たぶん、ここが大事なポイントかと思います。やはり、震災後、いかに時代をくみ取っているか、ということが歌謡曲を聴いていて私には気になります。

--

NHK歌謡コンサートとは、とくに関係ないですが、先日のNHKの俳句番組で一等賞?に選ばれた句が良かった。(お題 新茶)

 新茶汲めば 山河の色と なりにけり

この句にしても、震災後という空気のなかで、なにか特別な意味が発せられているようで、ぐっときます。

--

新曲制作中。でも、「震災後」とは関係ないなあ。

まあ、意識して作るものではないのかもしれませんね。「震災後」が、おのずとにじみ出て来るものがよいのかも。

(NB)

グリマーズ連の最新ライブ

6月11日(土)

新代田FEVER(東京都世田谷区)

« 90分間ランニング!大瀧!大島? | トップページ | 短距離走をやってみる 中村式トレーニング! »

のぶ記」カテゴリの記事