« 女子バレー ロシア戦を観に行く エカテリーナ・ガモワ選手 | トップページ | グリマーズ連の練習 »

2012年5月28日 (月)

女子バレー 世界最終予選終わる アツかったのか?

--

バレーボール女子日本代表、ロンドン五輪出場が決まって、閉幕。

全試合しっかり観たし(日露戦は会場で観たし)、ふと振り返ると、

今回の女子バレー、アツかったのか?

--

試合の流れがどこへ行くか全く分からない、ハラハラ感を試合終了まで存分に味わう。そういうの、キューバ戦くらいだった。

そのキューバ戦にしても、印象に残ったのは。試合最終盤、そこはエースだろ、という場面で、キューバのセッターがセンターからの速攻を仕掛けたこと。

えっ?そこかっ! くぅ~、かっこいい!と、しびれました。

土壇場で、そういう勝負をかけられるキューバチームのほうがチームとしてかっこいいな、と正直おもいました。

--

その意味では、日露戦の直前やっていた、韓国vsタイの試合は、なかなかアツかった。あれはいいもの観た。

タイの粘り。迎え撃つ韓国のエース、キム・ヨンギョン。両者の負けたくない気持ちがちゃんとプレーに表れている好ゲームでした。(結果こそ、韓国のストレート勝ちだったけれど)

タイの応援(団)も、ガムランっぽくって、かっこよかった。拍子と拍子の間、鉄の打楽器が裏を取っていて、なんか、はねてる。がんばれタイ!アツかったです。

--

で。アツかったのか?日本チーム。

格下相手には強かったけれど、大会通じて、なんかあんまりピンときませんでした。

それはきっと選手たちも同じ気持ちなのではないでしょうか?そんな気がする。なんかスキっとしない、というか。

--

が。連日連日、私はバレー中継がたのしみでたのしみで。

それはきっと、メンバー12人のキャラ立ちが、いよいよ先鋭化されてきて、

なんか、バレーボールが強いとか抜きで、魅力的なスポーツ(芸能)集団になっていたからかも。

--

昨年のW杯のとき、岩坂名奈選手がかわいい、ということに気付き、

今回は、江畑幸子選手がかわいいということに気付き、

初代表、平井香菜子選手もなんか気になるし、

セルビア戦大活躍の荒木絵里香選手が独特の「フンフンッ!」と腕をふってガッツポーズするのを見ると、

荒木選手はこんなにもかっこいいじゃないか、と気付く。

--

いや~たのしかった。女子バレーボール。

(NB)

グリマーズ連の最新ライブ!

6月11日(月)

新代田FEVER(東京都世田谷区) 20:30~

« 女子バレー ロシア戦を観に行く エカテリーナ・ガモワ選手 | トップページ | グリマーズ連の練習 »

のぶ記」カテゴリの記事