« 一時間で13キロ走る | トップページ | 90分間ランニング!大瀧!大島? »

2012年5月13日 (日)

地獄のインターバルランニング!

Marathon1

有森裕子さん!

--

小出義雄監督が「インターバルトレーニングがいい」というので、私もやってみます。

きょう、私がやってみたのは、1キロを全力(4分10~20秒)で走って、次の1キロをゆっくり走り、また次の1キロを全力で、という繰り返し。それで10キロ走り(45分以内目標)、

ついでに、そのまま残り15分ほど走り続け、1時間ランニング、計13~4キロを目指す、というもの。私のランニングメニュー全部盛り!

--

いや~、きつかった!

3本目(6キロ)の1キロダッシュあたりで、完全にゼイゼイ息も切れ、もう、身体がぶっこわれそうになって、「あ、つらくて、泣きたいかも」とかマジでおもった。これが、例の「泣きながら、でもやりつづけた」って境地か?と私なりに体感しました。

--

これは、きつい。

オリンピックという、本当に出られるかどうかもわからない目標に向かって、こんなきついことを連日つづけるアスリートたちって、どうなってんだろ?

--

とはいえ。私はきょう、どんなにつらくてもインターバルランニングをやめなかったし、

いま、制作中の新曲、なかなかいいメロディが出来ずにもがき苦しんでおりますが、それでも絶対、納得のいくメロディを歌詞につけるはずです。

--

だれからも強要されたわけではない、自分の好きなことをやっているのだから、きつくても続けていますが。もしかしたら、アスリートの厳しさにくらべたら、私の音楽制作にはまだまだ甘さがあるのかも。

きょうのインターバルランニングはマジきつかった。

少なくとも、これくらいの苦しみで新曲に取り組むべきなのかもしれない。

「一晩でつくりました、」とか、「朝起きたらメロディが天から降ってきた、」とか、私はそういう才能に恵まれた人間ではない。

がんばります。有森裕子さんのように。泣きながら。

(NB)

グリマーズ連の最新ライブ

6月11日(月)

新代田FEVER(東京都世田谷区)

« 一時間で13キロ走る | トップページ | 90分間ランニング!大瀧!大島? »

のぶ記」カテゴリの記事