« 男子バレー世界最終予選はじまる 女子ハンドボールと女子ホッケーのことも | トップページ | 清水貞信さんが『悲しみ転校生旅芸者』をカバー! »

2012年6月 2日 (土)

男子バレー どうやったら感情移入できるか?

男子バレー世界最終予選、開幕。

--

きょうは、男子バレー日本代表チームにどうやって感情移入するか、という問題について考えます。

今の代表メンバーの感じ(顔つき、髪型、眉毛、ネックレス、喜び方など)が、どうも、私にはなじめません。

唯一。ベテラン山本隆弘選手(7番)だけが、「なんか、いいね、」と思えるくらいで、

ほかの選手は、「なんか、違うんだよなあ…」という感じ。応援するにも感情移入がしづらくて、どうしたものか、と。

--

W杯のときは、全員ひげをはやして、EXILE風にしてみたらいいかも、と、ここで提案しました。

今回は、全員、坊主にすればいいかも、と思いました。

--

からかっているのではなく、割と本気にそう思ってます。

なんというか、五輪をかけた決死のたたかいであり、戦況は割ときびしいことが予想されています。

そこで。みんな坊主にして、「おっ!なんか決意がちがうね、」という眺めを見せていきたいところです。

--

いい歳したおとなが、「決意の坊主」にしてる眺めって、ちょっとキケンで異様です(東京マラソン後の川内選手など)。が、そこがかっこよさにつながります。

日本人がそろいもそろって坊主にすると、独特のヤバさが放出されてきます。

そのヤバさをスポーツと融合させ、さらには世界最終予選という決死の大会と融合させる。

--

全員が坊主になったら、日本代表チーム、きっとかっこよい戦闘集団になるとおもう。

それぞれが独自のセンスで、あれこれやってる今より、むしろ、見た目、絶対おしゃれになるとおもうし。

必死さが伝わってきて、なおかつ、かっこよい。なんか急に感情移入が出来るような気がします。

--

(NB)

グリマーズ連の最新ライブ!

6月11日(月)

新代田FEVER(東京都世田谷区)

20:30~

« 男子バレー世界最終予選はじまる 女子ハンドボールと女子ホッケーのことも | トップページ | 清水貞信さんが『悲しみ転校生旅芸者』をカバー! »

のぶ記」カテゴリの記事