« 国民の生活が第一、岩谷時子、グリマーズ | トップページ | スタバでグリマーズ連ミーティング そこに覚悟はあるのか »

2012年7月13日 (金)

ANATAKIKOUのライブに行く 最高のライブ

ANATAKIKOU(アナタキコウ)のワンマンライブに行ってきました。(12日 渋谷o-nest)

--

はじめに言っておきたいのは、最高のライブだった、ということ。

『runawayfrom』という曲、あまりにすばらしくて、私は泣きました。ほんとうに目から涙が出たんですよ。すごいでしょ。

バラードでもなく、美メロや歌詞で泣かせるタイプの曲でもなく、むしろノリノリアゲアゲの曲なのですが、

種子島にロケットの打ち上げを観に行くと、身体中に伝わるその波動がすごくって圧倒的な感動がある、という話を聞いたことがありますが、

もしかしたら、そういう感動に近かったのかもしれない。ガーン!と来た。

バンド4人が一体となって、こういうのをやりたい!こういうのをやるのだ!という強い意志が、音の塊となって、ガツン!と届くのでした。

それはそれは、すばらしいライブ体験でした。

--

あれは、世界中で、アナタキコウにしか出せない音の塊だったし、ほんとうならば、音楽業界や文部科学省?とかで、きちんと保存していくべき立派な芸能だとおもうのですが…。

かくなるうえは、

東京の会場いっぱい埋め尽くした、満員のお客さんのちからで、アナタキコウという「音の塊」をなんとか守っていきたいところです。グレイトフルデッド方式? 具体的に何をするかは私にも分からないのですが…。

--

ボーカル松浦さんが今の4人の新編成でやりたいことが、『runawayfrom』でようやくかたちになったのだなあ、とも思い、

地道な努力が結実したうつくしさ、を感じてしまって、努力したアスリートの姿に涙するように、泣けてきた。

そして、「それにしても、『runawayfrom』で松浦さんはすごいところに到達したなあ、」と感心し、アスリートが自己新記録を更新した現場に遭遇したときのように、私のよろこびとして、泣けました。

--

感動した時の私の癖で、ついつい、脈絡のないブログになってきておりますが、

とにかく。『runawayfrom』の波動は、ものすごかったということ。

最近は主にスポーツ観戦で涙を流している私ですが、音楽もまだまだ捨てたものじゃない。

てか、バンドってすごいな、と改めて思いました。

私もバンドやってるので、がんばろう。もういちどバンドのちからを信じたくなってきた。

(NB)

« 国民の生活が第一、岩谷時子、グリマーズ | トップページ | スタバでグリマーズ連ミーティング そこに覚悟はあるのか »

のぶ記」カテゴリの記事