« グリマーズ連、バンド練習をみっちりやる | トップページ | 喫茶スライ 音楽は食べ物に勝てるか? »

2012年8月31日 (金)

麺屋ヘンドリックス  麺事業、何がうまくいくか

Pa0_0615
きしめん。

--

きしめんに白だしかけて、讃岐うどん風にしてみました。

夏らしく。トッピングに、きゅうり、みょうが、しょうがを載せます。

--

「夏きしめん、うまいぞっ!」(クッキングパパ荒岩主任風に)

うどんとそうめんの陰にかくれている、きしめんですが、

なかなかどうして、立派に個性があります。

--

--

ジミ・ヘンドリックスのライブ演奏が聴きたくなって、『Hey joe』『Here my train a comin'』などを聴きます。

http://www.youtube.com/watch?v=XOgczPaSar4

ジミヘンを愛する私です。が、私が言うのもなんですが、ジミはブルースギタリストとしては二流だよね、といつも思う。

落ち着きがなく、こちょこちょ弾きまくるから、「間」というか「余韻」みたいなものが味わえず、

「バーン!と出して、グッと引く」そんなブルースの良さみたいなものは特に期待できません。

--

が。こんなこといってるのは私ぐらいで、ジミヘンはやはりロック史上、最高のギタリストなのです。

となると、結局、ブルースギタリストになりきれなかった雑種のような芸能こそがロックであり、

そういう雑種の登場こそが、次のシーンをつくっていく、ということなのかも、とか考え。

--

今度のグリマーズ連のライブ、その雑種っぷりったら、ハンパなく。

R&Bシンガーとしても、ロックバンドとしても、二流のわたくしたちが、いかに、次のシーンをつくっていくものであるか、

--

あたらしい麺事業をやるなら、「きしめん」はどうだろう?

ラーメンは競争が厳しいし、うどんは激安チェーンがいる、そうめんでは商売にならない。

でも、きしめんで次のシーンはつくれるのか?

きしめんで、いかにあたらしい風を吹かすのか?

--

ジミは、ブルースギタリストになりたくて、ブルースだけを一途にやりつづけなくて、よかったとおもう。

ブルースがポップになっちゃったり、ブルースがめちゃくちゃになっちゃったり、そういうところにジミの良さがある。

ヒントはそういうところにあると思う。

「麺屋ヘンドリックス」から、NBでした。

(NB)

追記

あたらしいグリマーズは、別に、麺屋をやるわけではありません。念のため。

^--

グリマーズ連のライブ

9月12日(水)

新代田FEVER(東京都世田谷区)

« グリマーズ連、バンド練習をみっちりやる | トップページ | 喫茶スライ 音楽は食べ物に勝てるか? »

のぶ記」カテゴリの記事