« 麺屋ヘンドリックス  麺事業、何がうまくいくか | トップページ | グリマーズ連 2012年9月のライブ »

2012年9月 4日 (火)

喫茶スライ 音楽は食べ物に勝てるか?

Pa0_0635
ぶどう。

--

近所の果樹園で、ぶどうが出来ました。

郊外産。でも、なかなかしっかり甘い。

立派なデザートだな、と、じんわり感動します。

本場・山梨や山形産には敵わないけれど、

ぶどうはぶどう。フルーツはえらいよ。

どんな手の込んだお菓子でも勝てないな、とおもう。

--

--

9月です。ひたひたと忍び寄る秋。

恒例行事、スライ&ザ・ファミリーストーン『暴動』(1971)を聴きます。

私がこれを初めて聴いたのが、ちょうどこの時期だったからか、

『暴動』といえば9月初旬。9月初旬といえば『暴動』なわけです。

--

スライ『暴動』は、私のベスト3に必ず入るアルバムであり、

いつになっても、決して、飽きたり、魅力が感じられなくなったりしない、なんともふしぎなアルバムです。

なにより、モコモコした音が好きです。

--

--

ぶどうといい、スライ『暴動』といい、たぶん一生、好きなまま、あり続けるんだろうな、とおもう。

ぶどうの甘さと、『暴動』のモコモコ感。

こうして並べてみたけれど、ぶどうに匹敵するなんて、スライはほんとうにすごい才能だと思います。

--

ぶどうの甘さに比べたら、ほとんどの音楽は圧倒的に負けます。ぶどうはいつまでも好き。でも。何年か後に、今聴いてる、どの音楽が残っているでしょう?

まあ、ポップスとは流行歌でもあり、別に、後世に残ることが最高、というわけでもないですが、

私のなかで、スライ『暴動』の安定感は異常。私は明らかに『暴動』のモコモコ音に触れるのが大好きなのである。

こんな魅力的なものが音楽であることが、ふしぎだ。

「喫茶スライ」から、NBでした。

(NB)

グリマーズ連のライブ

9月12日(水)

新代田FEVER(東京都世田谷区)

« 麺屋ヘンドリックス  麺事業、何がうまくいくか | トップページ | グリマーズ連 2012年9月のライブ »

のぶ記」カテゴリの記事