« 犬を保護する 28日目 しっぽを振ってくれた | トップページ | プロ野球 クライマックスシリーズ最終戦を観に行く »

2012年10月22日 (月)

犬を保護する 36日目 ぺディグリーおそるべし!

Pa0_0873
犬。

--

プロ野球(クライマックスシリーズ)がいよいよおもしろくなってきました。

一球にかける緊張感、選手の「なんとかしたい思い」がピリピリ伝わってきて、たのしすぎる!

つまり。プロであろうが結局、高校野球、夏の県予選みたいな試合展開がいちばんおもしろいとは、

スポーツって一体、なんなんだろう?(これは芸能にもいえる)

--

そんなおもしろすぎる野球中継に、眠る犬。

「おい、チャンスに阿部がまわってきたぞ!」と話しかけても、眠る犬。

私といっしょにバドミントン中継の松尾・内藤ペアの試合を観ていた蜜月の日々がなつかしい。(バドミントンの画面を凝視する犬は、めちゃかわいかった)

こんなにおもしろい野球の試合中継を観ないとは、いかがなものか。

--

以前だったら、よろこんで食べていたキャベツも、

「あなたがそれほど言うなら、しかたない。食べますよ。」という、いやいやな感じ。

何切れか食べたら、キャベツは完全無視。

あとは、毅然とした姿勢で「ぺディグリー」を待つのである。

--

こちらも「はいはい、わかりましたよ、」と封を開ける、

チキンの香ばしい匂いが漂った瞬間

気の狂ったかのように私の周りを駆け回り、

「それがほしーの!それがほしーの!」としっぽをぶんぶん振って、前足で私にしがみつく犬

ぺディグリーには何が入っているのか?この豹変ぶりは、毎回、ちょっと引く。

--

--

なんというか、私が差し出したキャベツを口にくわえて、ぽりぽり、むしゃむしゃ食べる、牧歌的な光景が好きでした。

それが。ぺディグリーの封を開けると、いつも、デスメタルが鳴り響き、私の淡いラブソングはぶっ壊される。

スレイヤー 『angel of death』live  youtube http://www.youtube.com/watch?v=D1bBGdoRgYU

「はじめっから、それをよこしゃいいんだよ¥!」「FUCK!もっとよこせ!もっとだ!」みたいな、なんか、ぎすぎすした感じになる。

--

--

価値観のちがいは、相手のことが好きな気持ちを試されてる感じがする。

これは乗り越えられる? じゃあ、これは?

みたいな感じで、いちいちいろいろあるけれど、

結局、きみが好きだから、全ては私の問題なのだ。

(NB)

« 犬を保護する 28日目 しっぽを振ってくれた | トップページ | プロ野球 クライマックスシリーズ最終戦を観に行く »

のぶ記」カテゴリの記事