« 犬を保護する 36日目 ぺディグリーおそるべし! | トップページ | 犬を保護する 38日目 トリミングして、どうなったか? »

2012年10月23日 (火)

プロ野球 クライマックスシリーズ最終戦を観に行く

Pa0_0876
東京ドーム!

--

プロ野球、クライマックスシリーズ、巨人対中日の第6戦、最終戦を観てきました。

この試合に勝ったほうが、日本シリーズ進出が決まる大勝負。

絶対に負けたくない者同士の一発勝負。オリンピック並みに、おもしろいに決まってます。

1994年「10・8」の再来、現場で味わうことにしました。

--

--

ジャイアンツ先制のタイムリーのときは、ちょうど、一番搾りビールの売り子の太ももにみとれていて、見逃してしまったのが非常に残念。

てか、バックネット裏を中心に内野席を歩く、ビール売り子の女の子たちは「絶対、顔で選ばれてる」ってくらい、なんか妙に、かわいい子が多い。

--

これだけかわいくて、「学生時代は東京ドームでビールの売り子をアルバイトでやってました。内野席でトップの売上げでした!」とか言えたら、

なんか大抵の就職面接は通るのではないか、などと、どうでもいいことを考えながら、

前列の中日のユニフォーム着た女性が、携帯で小説のようなものを書き続けているのが気になる。

--

そのまた前列の中日ファンの男性は、ひいきのビール売り子を決めて、その子だけをかたくなに指名。

数いるビール売り子を完全無視。同じ子を4時間で10回以上は呼び寄せて(10杯以上飲んだということ)、ビールを注ぐ間、わずか1分程度の会話を楽しんでいたが、

試合終了。結局、売り子とどうなるわけでもない。何度も小便をしにトイレに行っただけであった。

--

私だったら、エビスではなく、一番搾り(の女の子)にいきたいな、とかどうでもいいことを考えながら、

たまに中日のチャンスがくると、ハラハラする。

--

前列の中日ファンの男性には、巨人ファンの彼女がいて、

中日ファンからしたら、巨人ファンの気持ちが分かる訳がなく(逆も然り)、

彼女がジャイアンツファンであること、

巨人・坂本がヒットを打つことが瞬時に彼女自身のよろこびに変わること、

中日の主砲ブランコが凡打することが瞬時に彼女自身の安どにつながること、は

まったく理解ができないはずであり、

それでも2人が付き合っているというのは、えらいことだなあ、とおもう。

こういうふたりなら、世界中のあらゆる問題が解決できそうな気がする

(NB)

« 犬を保護する 36日目 ぺディグリーおそるべし! | トップページ | 犬を保護する 38日目 トリミングして、どうなったか? »

のぶ記」カテゴリの記事