« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

犬を保護する 136日目 いい顔になってきた

Pa0_0532
のらちゃん。

--

のらちゃんを寝かしつける時は、あたまを撫でながら、

「み~んな、のらちゃんのことが大好きだからね、安心して眠りなさい」と言う。

捨て犬、のらちゃんの境遇をおもうと、こんな皮肉なことばもないのだが、

捨て犬、のらちゃんの哀しみをおもうと、やはり、絶対に、このことはのらちゃんに伝え続けていきたい。

--

なにより、のらちゃんは、散歩に出れば、道行く人から愛される人気者であり、

実際に、「引き取りたい」という声もちらほら上がってきたのだ。

「み~んな、のらちゃんのことが大好きだからね」は、

今や、ほんとうのことなのである。

--

--

散歩で会う、ちょっときれいなお姉さんから、

「なんか、のらちゃん、いい顔になってきましたね」と言われた。

お姉さん曰く、「以前は、捨て犬特有の哀しみが表情にあらわれていたのだが、いまはそれが見えなくなった、飼い主さんに愛されている証拠だ」とのこと。

--

私にはのらちゃんの顔のどこがどう変わったのか、良く分からないのだが、

お姉さんは「犬博士」のように、犬にくわしいので、きっとそうなのだろう。

てか、そう言われてから、のらちゃんが以前よりもっとかわいくなってきたように見える。

--

どんどん好きになって、どんどんかわいく見えてくる。

すごいラブソング。

ゆめみたいだ。

(NB)

グリマーズ連ボーカルNBのソロライブ

2月21日(木)

新代田FEVER

2013年1月30日 (水)

2013年2月 グリマーズ連ボーカルNBのソロライブ

Pa0_0416
のらちゃん。のりのり。

--

グリマーズ連ボーカルNBソロライブ

2月21日(木)

新代田FEVER(東京都世田谷区)

http://www.fever-popo.com/

「有馬さんに観て、聴いてほしくて」

adv \1500(+1drink)

open18:30 start19:00

グリマーズ連ボーカルNBの出演は、2番手19:35~

--

出演

おぢまん

ゾンビちゃん

神々のゴライコーズ

グリマーズ連ボーカルNB

ほか

--

<コメント>

バンドでは日程が合わなかったところ、

「じゃあ、ソロでどうか?」とのお誘いに、のってみました。

私ひとり。不安と期待でいっぱいです。

期待としては、

バンドで出来ないことをじゃんじゃんやってみようかしら、とか考え、わくわく。

不安としては、

ソロライブって、どうやったら魅力的なものになるのか、今までにどのような良いソロライブを観たことがあったか、記憶を検索中。

友部正人の弾き語りは震えるほど感動した、ブライアン新世界というひとの打ち込みソロライブもヤバかった、とか

中途半端なものにしたくない。

かなり本気です。

(NB)

2013年1月29日 (火)

28日ライブを終えて(1)

2013年1月28日新代田FEVER

--

1.富士見フォーエバーヤング

2.ぽんぽんいたいの

3.十字架日記

4.中学三年生ブルース

5.青山遊び人ブルース

6.武州オンザロード

7.悲しみ転校生旅芸者

--

いいライブでした。

ここ最近では断トツにいいライブしました。

たぶん、夏フェスとかビッグアーティストの前座とか、どこへ出しても恥ずかしくないくらい良かったと思う。

こんないいバンド、そうそういないので、

どのバンドにも負ける気がしない。

--

常勝軍団グリマーズ連、復活!

前回のライブは最悪だったし、

年末年始、私の音楽への深い悩みは最悪だったし、

それをきちんと乗り越えたとおもいます。

--

プロレスラー、ひとを魅了するもの、として、

コーナーのライオネス飛鳥へタッチの手をのばす、その指にまで神経をとがらせていたという、

長与千種を見習いました。

ひとつひとつのことに集中してました。

--

『武州オンザロード』を何年かぶりにライブでやりました。

丁寧に、3番フルコーラス歌いました。いい演奏でした。

いまでは、アゲ曲の後のバラードとして、いい感じでした。

--

『十字架日記』は、全くあたらしく歌詞を作り変えました

神宮外苑~いちょう並木と好きな子と歩いている、

年明けて、静かな朝、好きな子からメールが届く着信音、

そこにある幸せとか切なさとかを日記風

私なりにラブソングにしました。

--

お店スタッフさん等、けっこう好評で、作り変えた甲斐がありました。

歌詞を完璧に覚えるために、100回近くは歌いました。

4分あれば一回練習できるからと、コツコツコツコツ。

がんばってよかったな。

--

--

いいライブ、帰宅後、お酒飲みながら、インターネット。

FEVERのツイッターに、ライブ中の店長氏つぶやきを発見。

http://www.fever-popo.com/

こ、これは、最大級の賛辞と受け取ります!

こころに沁み入るうれしさ。がんばってよかったな。

--

お酒を飲みながら、いい気分で、ディラン新作『テンペスト』(2012)を流す。

ディラン新作は、実にすばらしい。生きるよろこびとかかなしみがみんな詰まってる。

今日のグリマーズ連はすごかったけれど、ディランには負けてるかもしれない。ディランはマジすごい。

紅白にも出て、なおかつ来日したディランの前座とかもやりたい。

「グリマーズずるいよ、」っていわれる位やりたい放題。がんばろう。

--

いいライブをすると、次のステージが待っている。

もっと大きな期待に応えるべく、

そのためにもっともっと努力していかなければいけません。がんばろう。

(NB)

次回ライブ決まりました!

グリマーズ連ボーカルNBのソロライブ

2月21日(木)

新代田FEVER

2013年1月25日 (金)

2013年1月のライブ

Mig1
長与千種さん。

--

--
グリマーズ連のライブ

2013年1月28日(月)

新代田FEVER(東京都世田谷区)

「FEVER!FEVER!FEVER!」

open19:00 start19:30

adv\1500(ドリンク別)

出演

グリマーズ連 19:30~

神々のゴライコーズ

歌うアホウドリ

--

<コメント>1月26日付

出演時間が決まりました。

グリマーズ連は、19:30から。一番手です。

3バンドの出演となります。

--

<コメント>

2013年ライブはじめは、おなじみFEVERから。

頭のてっぺんから指先、足のつま先まで、

緊張感をはらんだステージにしたいです。

イメージは、クラッシュギャルズ長与千種。

がんばります!

2013年1月24日 (木)

犬を保護する 131日目 画になる犬

Pa0_0486
のらちゃん。

--

かわいいとおもう。こんな顔でも。

のらちゃんは画になる犬だねえ、と。

それとも、

私が愛ですべてを受け入れているのか。

--

--

のらちゃんは

たまに、おじいちゃんとかおじさんに異様に興味をもって、

積極的に近づいていくことがあるが、

きょうは、めずらしく、たたたたたーっと

ちょっとかわいいお姉さんに走り寄っていって、

ウォーキング中のお姉さんは

「かわいい、」と言って、しばらくじゃれるということになり、

「あっ、すみません!のらちゃん、ほらほら、いくよっ」とか私も言ってはみるが、

「ナイス!いいぞ、のらちゃん。そのままだ!」と

こころのなかでは、のらちゃんに感謝。

(NB)

グリマーズ連のライブ

1月28日(月)

新代田FEVER

2013年1月22日 (火)

28日ライブに向けて(1)

28日ライブに向けてバンド練習。

--

懐かしい曲もやったり、みっちりバンド練習。

今度のライブは、いいライブになるとおもう。

なぜなら、いい曲しかやらないから。

こんないい曲ばかりやるバンドって、

そうそういないよ。

紅白全編観た私が言うんだから、間違いない。?

--

深夜に帰宅後、

ご飯を食べながら、録画してあった70年代洋楽ヒット曲番組をだらだら観る。

ブルース・スプリングスティーン『born to run』

ボブ・マーリィ『lively up yourself』

ストーンズ『it's a only rock'n roll』

の並び。 

--

くぉぉぉ!と私のなかのロック魂が燃え上がる。

来週にライブが予定されていて、よかった。

スプリングスティーンみたいに、ステージで躍動したい。(マイクスタンドはストレート)

ボブ・マーリィのように、こみあげるソウルを噴出したい。

そろいの水兵服?着たストーンズみたいに、ふざけたバンドでありたい。

--

--

年末年始、ひとりで、

新曲について、あたらしい方向性について、あれこれ悩みに悩んでいたことが

3人だと、すんなり、事が運んでいく。

バンドって、いいものですね。

(NB)

グリマーズ連のライブ

1月28日(月)

新代田FEVER(世田谷区)

2013年1月17日 (木)

犬を保護する 124日目 もののけ姫みたいな

Pa0_0460
のらちゃん。起きてるね。

--

のらちゃんは基本、かわいい。あいくるしい。

けれど、たまに、

『もののけ姫』に出てくる、気高い白い犬(美輪明宏が声をやっていた犬)みたいで、

かっこいい。

なにをしても、絵になる犬である。

(NB)

2013年1月16日 (水)

犬を保護する 123日目 雪の上は冷たい

Pa0_0451
のらちゃん。雪

--

雪の上の、のらちゃん。

しろくまみたいで、かわいい。

でも。寒いうえに、足が冷たそう。

かわいそうなので、

雪の散歩は早々と切り上げました。

(NB)

2013年1月12日 (土)

犬を保護する 119日目 伝わってくるものがある

Pa0_0446
のらちゃん。自転車かご

--

寒い夜。のらちゃんの毛布をかけ直してあげたら、

暗闇で、私のその指をぺろぺろ舐めてくれた。

今まで、そういうことを絶対にしなかった犬だったので、

はっと驚き、冷たい夜中、鋭いよろこびが突き抜ける。

伝わってくるものがある。

--

のらちゃんは、普段全くしっぽを振らない。

超クールであり、ある意味、無愛想である。

散歩中、「あら!かわいいわね~」と頭をなでてきたマダムが

「何、このこ、ちっとも、しっぽ振らないのね!」とプチ怒った時はおもしろかった。

--

私がちょっと家を空けたりしたとき、

帰宅した玄関で、のらちゃんが駆け寄ってきて、

しっぽをぶんぶん振ってくれると、

強いやすらぎがじわーっと感じられてくる。

しっぽが左右に動いている、ただそれだけ。でも、

伝わってくるものがある。

--

--

犬散歩同士で顔見知りになった、ちょっときれいなお姉さんが、

「このこのお名前、決まりましたか?」と訊いてきたので

「のらちゃんになりました」とこたえたら、

お姉さん、「えっ?」と

一瞬、怪訝そうな顔はしたものの、

とにかく名前が決まったことは、ほんとうに良かったと言い、

「いいひとに飼ってもらえてよかったね~、のらちゃん」と

自分の犬を放っておいて、のらちゃんとじゃれているお姉さん。

--

私がふと、「犬と暮らすって、いいものですね。」と言ったら、

お姉さん「私には犬なしの生活は考えられません」と、

彼女にとって犬がいかに大切な存在か、少し語ってくれました。

「私の方が犬に支えられている、」と言っていたことが印象的で

私は、犬と暮らしてから読み直した、ポール・オースター『ティンブクトゥ』という小説に出てくる若妻を思い出していました。

--

「私の方が犬に支えられている」

こういうことは犬を飼っている人はみんな?思っていることなのかもしれませんが、

実際に、ちょっときれいな女性の口からその言葉をきくと、

妙にリアリティがあって、グッときます。

伝わってくるものがある。

--

--

よく、わからない話になってきておりますが、

しっぽが左右に振れている、それだけの動きに

伝わってくるものがある。

こういうことって、大事だよね。音楽においても。

(NB)

グリマーズ連のライブ

1月28日(月)

新代田FEVER(東京都世田谷区)

2013年1月10日 (木)

BABYMETAL『イジメ、ダメ、ゼッタイ』 いじめについて

タワレコで

デスメタルなアイドル「BABYMETAL」のイベントに遭遇しました。

『イジメ、ダメ、ゼッタイ』というメジャーデビュー曲のイベントなのですが、

もしかしたらBABYMETALは今後ぐんぐん大きくなって、今年の紅白に出るかもしれない。

--

なんというか、いろんな歯車がかみ合った、というか。

小学生みたいな、ちびっこ女子たちが「世直し」を買って出て、

「イジメ、ダメ、かっこわるいよ」と歌う、ジャスト感。

--

--

いじめをテーマにうたをつくろう、と企画を立てたとして、

男の中の男、長渕剛がうたったら、説教みたいになるだろうし、

ものわかりのいいお姉さん的立場で、木村カエラやベッキーがうたったら、聴いてていらいらしそうです。

中島美嘉が悲痛な面持ちでうたったら、重たすぎるし、

遊助やナオトインティライミがうたったら、やさしすぎることになりそうです。

--

--

そうではなく、

「いじめ」が最も適切にうたわれるには

BABYMETAL『イジメ、ダメ、ゼッタイ』にただよう、微妙な「くだらなさ」が

「いじめ」に対してジャストな感じがします。

BABYMETAL『イジメ、ダメ、ゼッタイ』youtube http://www.youtube.com/watch?v=nDqaTXqCN-Q

--

--

「いじめ」は、ずっと解決しないかもしれない。

けれど、改善はするとおもいます。

そのとき有効な筋道は、大人による、またはおにいさんおねえさんによる、あたたかい励ましではなく、

いじめ真っ盛りの中高生、もしくは、それよりもっと幼い世代による、

いじめをなんかくだらないもの、かっこわるいものとしてみなす、まなざしというか、

そういうものの方が、いじめっこ予備軍をいじめに向かいづらくさせていくような気がします。

--

「あいつ、うざくね?」

そう思って、周りに空気として伝え、いじめに向かわせるいじめの方向性を

「おれたちのやってること、なんか、かっこわるくね?」

そう思わせてしまう価値観をつくっていく、というか。

--

--

まじめな話をしてみましたが、

BABYMETAL『イジメ、ダメ、ゼッタイ』のイントロで、

ちびっこ女子2人がステージの右から左、左から右にトコトコ駆け抜けていく眺めは

なんかばからしくって、最高にすばらしいです。

うれしさに、にやにや笑わずにはいられません。

(NB)

2013年1月 8日 (火)

たまに音楽の話 新春!フォーシーズンズ

う~ん、新曲ができない!

音楽って、つらいよ~。

ちっとも楽しくなんかない。

年末年始、泥沼にはまっていた私でしたが、

--

ふと。深夜テレビで

フォーシーズンズ、60年代の古い映像を観て、

「あぁ。なんてすばらしい音楽なんだ。」と感動しました。

the four seasons [let's hang on] youtubehttp://www.youtube.com/watch?v=4Vw5SHJycw8

--

そうか。音楽って、感動するものだったのだな。

ばかみたいだけど、そう思った。思いだした。

なんか、はっとするよね。本当に良い音楽を聴くと。

年末にテレビで聴いた音楽にはなかった輝き。

これこそが音楽だなあ。しみじみ。

それにしても、私は音楽が好きだね。ほんとに。

(NB)

2013年1月 7日 (月)

犬を保護する 113日目 のらちゃん、うな重に待て

Pa0_0366
のらちゃん。

--

東京葛飾の親戚の家、

お昼は、うな重の出前。

香ばしいにおい。

のらちゃん、じっとこらえます。

(NB)

2013年1月 6日 (日)

犬を保護する 113日目 のらちゃん、東京でも大人気!

Pa0_0432
のらちゃん。

--

東京は葛飾の親戚の家にごあいさつ。

お昼を食べ、天気もよかったので、

のらちゃんを連れて散歩に行きました。

--

やはり、のらちゃんは東京の散歩でも大人気。

道行く人たちから、「かわいい」「おりこうさん」言われて、

こどもたちからは、あたま撫でられ。

みんなが笑顔になる。

東京だろうが、アウェイだろうが関係ない。

元野良犬。まったく、たいしたものです。

(NB)

2013年1月 3日 (木)

犬を保護する 110日目 明けましてのらちゃん

Pa0_0424
のらちゃん。

--

明けまして、のらちゃんです。

お正月、ホームセンターで元気いっぱい。

(NB)

2013年1月 2日 (水)

2012年紅白を観る

NHK紅白歌合戦。

はじめから最後まで全編観ました。

美輪明宏、MISIA、いきものがかり、などがよかったです。

--

MISIA。ナミビアの砂漠、空の青とか砂漠の茶色とか非常にうつくしくて、

大みそか、アフリカからの生中継。

「ああ、いいものみてるなあ、」と思いました。

どんだけお金や労力がかかっているんだろう?おもいますが、アフリカとか砂漠とか生中継とか、こういう一見ムダなことに情熱を注ぐのが芸能のよいところです。

いいお金の使い方でした。

--

労力、という意味では、北島三郎のときの

「多すぎる紙吹雪」もなかなかよかった。

ああいうくだらないことも、過剰過ぎるまで一生懸命やると、ひとつのうつくしさ、すごみが伝わってきました。

--

--

いきものがかりの芸能の大きさは、今時、なかなかすごい。

紅白全体を通して感じた、

「な~んか、自分のうたを歌って、さらっと(さっさと)終わるなあ。」という、

自分のファンにしか届いていないんじゃない?そんな出演者が多かった中、

--

そのような「狭い芸能」を越えて、

より広い視聴者に届いていくような「強さ」「やさしさ」「大きさ」「広さ」、

そういう「ちから」のある楽曲、歌唱が

いきものがかり『風が吹いている』には、あった。

--

--

五木ひろしはエレキギター(黒ストラト。クラプトンモデル?)を抱え、うしろにはAKB48を従え、にぎやかに『夜明けのブルース』。

しかし。一年一度の晴れ舞台で、五木ひろしがこんなことをやっていていいのか?という疑問もわきました。

『夜明けのブルース』が良い曲であることは私も承知しておりますが、五木ひろし『夜明けのブルース』についてhttp://glimmers-len.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/8nh-caef.html

しかし、なんというか、たとえば極端な話、この紅白が人生最後に観る紅白という視聴者もいるかもしれない。

大芸能者・五木ひろしにはそういうことを背負う責任があるとおもうのです。

やはり『凍て鶴』とか、でっかい曲を熱唱してもらいたかったなあ。

--

このことは他の実力派歌手たちにも言えて、

にぎやかなのはいらないから、良い楽曲をちゃんとうたってくれよ、と思いました。

どうなんだろう?やっぱりバラードばっかりじゃ、つまらない歌番組になってしまうのかな?

--

--

メドレーにする傾向にも疑問を感じます。

一番新しい曲を披露したい気持ちはよく分かりますが、

紅白を新曲アピールの場にするのはいかがなものか。

--

NYCならば、『勇気100%』をフルコーラスで聴きたい。

smapならば、朝ドラの『さかさまの空』をフルコーラス聴きたかったし、

ももいろクローバーZならば、『怪盗少女』一曲だけ、もしくは『怪盗』~『走れ!』のメドレーこそ、ももクロの魅力をちゃんと伝えられたのに、とかおもいます。

--

--

たらたら不満をいっても、

紅白以外にチャンネル替えないし、たぶん2013年も全編観ていることでしょう。

大みそかは紅白しかないなあとおもう。

視聴率40%以上、ひとびとがなぜ「歌番組」で年越しをしているのか。よく考えるとふしぎですが、

いきものがかり『風が吹いている』などを聴くと、そこに答えはある。

というわけで、

2012年紅白は、いきものがかりが一番良かったです。

(NB)

2013年1月 1日 (火)

2013年元旦 皇太子さま雅子さまにパワーをいただく

Pa0_0404
皇居の御濠。左隅に国会議事堂

--

元旦恒例?皇居ランニング。

2周、約10キロを55分かけて、ゆっくり走りました。

晴天。空気も澄み、気持ち良いランニングでした。

--

--

半蔵門の前にプチ人だかり。

「どなたか来られるのですか?」と訊くと、

「皇太子さまです」と熱気をはらんだ皇室ファンのみなさま。

お住まいの赤坂御所から、天皇陛下、皇后美智子さまに新年のごあいさつ。そのために、ここ半蔵門から皇居にお入りになられるということ。

--

--

グリマーズは妙に皇室が好き。(特に右でも、なんでもないけれど…)

特に皇太子浩宮さま&皇太子妃雅子さまのファンである私は

すばらしい偶然に、こころ躍ります。

--

待つこと20分。

ついに黒塗りのお車があらわれ、

浩宮さま、雅子さまがお手を軽くあげて、入り待ちのファンにごあいさつ。

時間にして3秒ほど。

--

しかし、その場の空気がピンと張りつき、時間が止まったかのよう。

すごい。やはり宮さまは、ものすごい。

おふたりから発せられるオーラ、ハンパなかったです。

私は思わず「くおぉ~!」と、わけのわからない声を上げてしまいました。

--

雅子さまのほほ笑みはすばらしすぎる。

なんというか、どこからともなく、お顔にひかりが当たっているというか、後光が差しているというか、

雅子さまのお顔のまわりが光り輝いていて、

なんか、ゆめみたいだ。存在感がリアルを超えてる。

--

--

間近で拝見して、

ますます浩宮さま・雅子さまのファンになりました。

元旦から、あまりにすがすがしく、はなやかで高貴、神々しいものにふれました。

すっごいパワーをいただきました。

2013年、元旦から、いい感じです。キテます。

(NB)

追記

おふたりにケータイを向けるなんて、畏れ多い。

ブログ用の写真など、とてもとても撮れませんでした!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »