« 陸上 セイコーゴールデングランプリを観にいく | トップページ | 犬と暮らす 236日目 のらちゃん、NBのうたを聴く »

2013年5月 9日 (木)

犬と暮らす 231日目 のらちゃん、河川敷に行く

Pa0_0963
のらちゃん。

--

のらちゃんが、去年の酷夏を生き抜いた河川敷とは、

だいたいこんな感じのところであり、

「イタリア生まれ、愛玩用の室内犬」

そんなマルチーズ犬が生きていくには、あまりに厳しい環境なのであった。

--

こんなところに何をしに来たかというと、

今度、茨城の清水さん(かまボイラー)の結婚式の披露宴でアコギ弾き語りをすることになっていて、その練習です。

狭いところで、ちまちま練習していると、スケールの小さい芸になる、そんな気がして、

大きい声で、しっかりとギターを鳴らすことのできる場所、

グッと感情を入れて歌うので、出来ればひとのいないところ、

というわけで、のらちゃんの散歩がてら、荒涼とした河川敷へ。

--

--

それにしても。

こんなところにのらちゃんを置き去りにするなんて。

「飼い主はどこ???」と、パニックになっているのらちゃんのことを想像すると、

私はいつだって、泣いてしまう。

--

のらちゃんは、今でも、声がすんなりと出ないときがあって、

それは、誰もいない河川敷で何日も飼い主を呼びすぎて、声が枯れてしまったからではないか、と

ドラマチックなことを考えては、涙を流す。

--

そんな感情が、のらちゃんをもっともっと大切にする行為につながる。

ドラマチックな想像に酔っぱらってる「おめでたい男」だったとしても、かまわない。

そういう男は嫌いですか?

(NB)

« 陸上 セイコーゴールデングランプリを観にいく | トップページ | 犬と暮らす 236日目 のらちゃん、NBのうたを聴く »

のぶ記」カテゴリの記事