« 高校野球を観に行く (2) 夏の終わり | トップページ | 犬と暮らす 316日目 のらちゃん、花火大会に行く »

2013年7月31日 (水)

犬と暮らす 313日目 お風呂上がりのらちゃん

Pa0_0160
のらちゃん。

--

皮膚を清潔に保つように、と獣医さんのアドバイス

のらちゃんは、ほぼ毎日お風呂入ってます。

だからか。

犬なのに、のらちゃんはクッキーみたいな、いい匂いがする。

甘く、スウィート。

犬なのに?

--

--

先日、ケーキ屋なのにものすごく愛想のわるい女が接客するケーキ屋に入った。

やさしくない。笑わない。めんどくさがる。

居心地がわるかった。

「おい、ここはケーキ屋だよな?ケーキ屋はケーキ屋らしくしてくれ」

私の感じている居心地のわるさを、精一杯、全身全霊をかけて、女に伝えてやりたい、強い衝動に駆られたが、

--

--

ケーキ屋かくあるべし、というのは

ケーキという甘く、スウィートなものからくる、私の勝手な妄想にすぎないのかもしれなかった。

では、

ものすごく原料・製法にこだわった、一日数量限定のケーキを、店頭に来られた方だけ販売します、みたいなケーキ屋だったら、

別に愛想がわるくたって仕方ないか、とつい納得してしまうのか。

そんなわけはない。

私にはそんなケーキ屋は必要がない。そんなのはケーキ屋じゃない。

ケーキ屋とはどういうことなのか。

--

--

おれはケーキを買いに来たのだ。祝祭だよ、祝祭。

単に、小麦粉や砂糖や果物でつくった「甘いもの」を買いに来たわけではないのである。

店に入ったとたん、バターや砂糖の、甘い匂いがしずかに感じられて、

ガラスのショーケースにはいった色とりどりのケーキに

あれもいい、これもいい、と悶絶に近い悩み、浮き立つ私に、

女の子がにこやかに、「どちらにいたしますか?」

なんというか、ケーキ屋は基本アゲで、ウェルカムに。

祝祭だよ、祝祭。

--

--

犬なのに、甘くスウィートな匂いのするのらちゃん

ケーキ屋なのに、愛想のわるい女。

ことばは正しく機能してる。でも、

「なのに」なのに、全然違う。

のらちゃんの存在は、全面的にポジティヴ。

のらちゃんは天使だ。

(NB)

« 高校野球を観に行く (2) 夏の終わり | トップページ | 犬と暮らす 316日目 のらちゃん、花火大会に行く »

のぶ記」カテゴリの記事