« 18日ライブ終えて | トップページ | のど自慢 落選ショックからいかに立ち直るか »

2013年9月23日 (月)

のど自慢 敗戦の弁

のど自慢。

予選通過ならず。

東京のライブハウスにこれなくても、グリマーズ(スポーツ泥ブログ?)を地道に応援して下さる

東北や北関東、東海、関西、四国、九州。全国のみなさまのために、

テレビを通して私の歌う姿をご覧いただく良い機会でしたが、それもかなわず。

くやしくて、くやしくて、くやしすぎて、

「ちくしょう。」「ちくしょう。」「ちくしょう。」しか出てきません。

--

私がいるはずだった場所に、いま、合格者のひとがいて、

明日の本番に向けて、説明会・面接・リハーサルなどをして、

緊張したり、期待に胸を膨らませたり、いまを充実しきっているのだと、ふと考えてしまう。

ちくしょう。ちくしょう。

くやしいときは、ほんとうに、「ち、く、しょう。」と口に出るのだった。

なんだこれは、失恋みたいじゃないか、とおもった。西野カナみたいな。

--

私は、絶対、予選通過できると思っていて、

そのあと、どうしようこうしよう、といろいろ具体的に考えていたものだから、

突然、「あなたにはもうなにもありませんよ、」と宣告されたときの空虚感たら、ハンパない。

ああしたい、こうしたい、いろいろ考えていた明るい計画がまったく消えてなくなった。

なんだこれは、失恋みたいじゃないか、とマジおもったよ。ハンパなく。

--

--

予選で歌い終わり、会場ロビーのテレビ(録画映像)で、自分の歌っている姿を確認。

マイクに歌詞の乗り具合ハンパなく、前に前に声がバンバン出ていた。

「ライブハウスで鍛えられてっから、(他のひととは)マイクの乗りが違うんだよな、」と自画自賛。

同じ曲を歌った中でも(6~7人いた)、「一番目に歌った人(私のこと)が一番良かったね」という会場の声もばっちり小耳にはさんだ。

「あ、これなら、大丈夫だな」と確信して、いったん家に帰って、ミントの葉を摘んで、ハーブティー飲んだりして、のんびり過ごしました。木村佳乃みたいに。

--

夕方。会場に戻り、さすがに、合格発表の瞬間は、ドキドキしましたが、

「まあ、おれのあのパフォーマンスで落ちるわけない。会場の誰かも、おれが一番良かったと言ってたし」と思え、

予選通過はそこまで喜ぶべきことでもないけれど、発表の瞬間は一応、「よし!」とか叫んでおくべきだろうな、とか身構えていたら、

予選で、私の直後に歌った、そっくりさんみたいな男性が選ばれる。

--

--

日曜昼の生放送を観た方は御承知でしょうが、

私が歌うはずだった枠には、そっくりさんみたいな赤い男性が愛嬌ある体格&歌いっぷりで、ふたつ鐘にとどまり、

今週のチャンピオンには、「今回の盛り上げ担当」みたいな方が選ばれたり、してました。

私がもし、本番で歌っていたとしても、「盛り上げ担当」に負け、今週のチャンピオンにはなれなかった、とも思う。

番組は、「明るく 楽しく 元気良く」というコンセプトを重視したかったのかな、とおもった。

--

--

と。このように振り返ることが出来るまで、二日かかった。

くやしさハンパなく、それは、今回にどれだけ意気込んでいたか、という反動でもある。

原曲を何百回も聴きこんで、歌手の息づかい、強弱のダイナミクスといったものを身体にしみ込ませたり、

実際に何百回も歌いこんで、どこに力を込めるべきか、どう歌うと歌詞の伝わりが増すか、といった体験を重ねて、

「一曲のうた」をいうものに、これほど深くのめり込んだことはなかった。

(ちなみに、カラオケで採点したら95点でした)

--

--

ただ。ほんとうに、すごいパフォーマンスならば、

番組コンセプトとか、いろんなしがらみを飛び越えていくだろう。

私は今回、少々、考え過ぎてしまっていたのかもしれない。

ゲストに誰が来ようが、自分が最もエナジーを放出できる選曲をすべきだったし、

--

--

しかし、やっぱり芸能は最高だな、と改めて。

それに懸けて、取り組む努力、努力につぐ努力。

迫りくる緊張、

実力とか、それ以上

良いか、悪いか、という評価、

栄光、と明るい未来

絶望、と巨大なる空虚

このなかで生きる、ということ。

もっと成長します。がんばります。

(NB)

グリマーズ連のライブ

11月18日(月)

新代田FEVER

« 18日ライブ終えて | トップページ | のど自慢 落選ショックからいかに立ち直るか »

のぶ記」カテゴリの記事