« 11日ソロライブで何をやるか(2) おんな演歌の道 | トップページ | ポール・マッカートニーは天才だ »

2013年12月11日 (水)

11日ソロライブ終えて 溝の口文化

2013年12月11日(水)新代田FEVER

眞猿 presents 「環七サイドホテル」

--

1.ぽんぽんいたいの

2.天城越え (石川さゆり)

3.シングルマザーのほのお

4.中学三年生ブルース

5.兄弟ガラス

6.悲しい酒 (美空ひばり)

7.悲しみ転校生旅芸者(浜崎あゆみAppears入り

--

あまりいいライブではありませんでした。

なんというか、「自分のやりたいことをやっただけ」みたいなライブになってしまった。

それのどこが悪い? いや、悪いです。十分に。

聴いてくれている人に、伝えていく、届けていく、寄り添っていく、という配慮に欠けていたな、と。反省点。

全体的に、「硬く」「あわただしい」ライブになり、

やわらかい空気をつかみ損ねた感じです。

オープニングアクト、早い時間ながら、そこそこ人がいたのに、残念です。

--

天城越え。私が編曲したギターイントロ、

指がカチカチに硬くなってしまって、思うように動かない。

「お、指が弾くのを拒んでる。」とか思いましたが、

そういうヘンな余裕があるわりに、

もう一度弾き直してみても、やっぱりうまく弾けませんでした。

^--

溝の口にある、「12Bunch」というライブバーによく出演しているバンドさんたちのイベントだったらしく、

出演者とお客さんとの和気あいあい、あたたかイベントでした。

そんななか、

なぜか、ももいろクローバー『ミライボウル』(歌なしトラック)で入場し、『ミライボウル』pv http://www.youtube.com/watch?v=KUoy582ePlQ

なぜか、学生服を着た私は、

やっぱり、梶さんの言うとおり、ちょっとズレているのかもしれなかった。

^--

そんな私にも、バンドさんやお客さん、みんなとてもやさしくしてくれました。

溝の口って、私はまったく縁がなかったのだけれど、

溝の口文化?、あのフレンドリーさは新鮮で、

あんなにたのしそうに、夜な夜な、溝の口の夜は更けていくのかもしれなかった。

なんか、いろんな世界があるのだなあ、とおもいました。

(NB)

グリマーズ連のライブ

2014年1月27日(月)

新代田FEVER

« 11日ソロライブで何をやるか(2) おんな演歌の道 | トップページ | ポール・マッカートニーは天才だ »

グリマーズ連 記」カテゴリの記事