« 11日ソロライブ終えて 溝の口文化 | トップページ | アンパンマンのクリスマス »

2013年12月15日 (日)

ポール・マッカートニーは天才だ

--

ポール・マッカートニーの新作『NEW』がすばらしい。

一度聴くと、ばかみたいに、こればっかり聴いてる。てか、観てる。

ポール・マッカートニー「NEW」 youtube http://www.youtube.com/watch?v=kfjndKl7lEg

ああ、ポールは天才だな、とおもう。

心躍る、たのしいうたなのに、なんか、かなしくなる。

キュッと、こころが切なくなる。

これは間違いなく快感体験で、

一度聴くと、ばかみたいに、こればっかり聴いている。てか、観てる。グッと来る、いいPVである。

--

私はポールのことを天才とおもう。

私はまちがいなく高揚していて、つまりウキウキしている。

「NEW」はすごい曲だ。

たのしさ、かなしさ。人生が全部つまっている。

それなのに、(歌詞がすてきな)2番が終わるまで、1分もかからない。すさまじいことだ。

天才としか言いようがない。

--

--

天才って言いたい、このアツさに身を置いている、この感じ、これが大事です。

その大げさな賛辞のまわりで、なにかが動き出すちから、推進力みたいなものがうまれていくのを感じる。

「一瞬の高揚感」がメッセージとして、ヴァイブスとして、あらわれる。

大事なのは、アゲアゲのサークルのなかに自分を組み込んでいくことだ。

(NB)

グリマーズ連のライブ

2014年1月27日(月)

新代田FEVER

« 11日ソロライブ終えて 溝の口文化 | トップページ | アンパンマンのクリスマス »

のぶ記」カテゴリの記事