« 恋人たちのクリスマス | トップページ | のらちゃんセカンドシーズン第3回 のらちゃんのクリスマス »

2013年12月23日 (月)

フィギュアスケートのクリスマス~全日本フィギュア選手権 女子フリーを観に行く

ついに、

浅田真央選手のスケートを生で観ることができました。

(23日さいたまスーパーアリーナ)

--

泣きました。

浅田真央選手がリンクに降り立つだけで、泣きました。涙がにじんでくるのです。

浅田真央という存在は、ただごとじゃない、すごいすごいすごいです。

--

そして今回は、浅田真央選手以外の、

鈴木明子、今井遥、村上佳菜子選手の演技でも泣きました。

みんな、気合入ってた、気持ちを張りつめていた、

ビンビン伝わってきた。いいものみた。

--

フィギュアスケートはすごい。

私のような、ひとの悪口ばかりを言う、たましいの汚れた人間が、

すべての選手に対して、「転ぶな、転ばないでくれ」と願う。

自然と湧き出てくる。

--

すべての選手の成功を祈る。

成功に涙を流し、失敗にがんばれ!負けるな!と願う。

すべてのひとのしあわせを祈る。

そんなゆめみたいなことが、フィギュアスケートの会場では実現していたのだった。

(これはテレビではわからないことだった)

--

そのあとの、髙橋大輔選手のソチ五輪代表の瞬間、

泣きました。熱い涙。

自分のことじゃないのに、ほんとうにうれしかった。

どんどんたましいが清らかになって、

帰り、さいたまスーパーアリーナけやきひろばのイルミネーションをみて、

「ああ、きれいだなあ、」とか言いました。

メリークリスマス。

(NB)

« 恋人たちのクリスマス | トップページ | のらちゃんセカンドシーズン第3回 のらちゃんのクリスマス »

のぶ記」カテゴリの記事