« あなたを気にしている | トップページ | 27日グリマーズ連ライブに向けて(1) デジタルカントリーロックDCRはじめます »

2014年1月20日 (月)

ジャクソン・ブラウン『LATE FOR THE SKY』を聴く

なぜか急に思い立って、

ジャクソン・ブラウン『late for the sky』(1974)を繰り返し聴いています。

今更ながら。これはいいアルバムだ。いい曲、いい演奏、いいレコーディング。

エレキギターの音、ドラムの音の良さに、うっとりします。

--

先日のニールヤング弾き語りライブ盤と同様、

「あぁ、これは絶対、ラブソング歌ってるね」と勝手に夢想して、

意味のわからない英語を聴きながら、うっとりしています。

--

しかも、おとなの、苦い味わいのある、ラブソングが歌われているはずであり(私の勝手な夢想です)、

「しみるねえ。」と、おもう。

--

--

むかしは、ジャクソンブラウンって、きれいにまとまりすぎていてダメ、なんかダメ。ダメダメ。とかおもっていました。

カントリーロックやってる私が、ジャクソンブラウンは苦手ということを、かまボイラー清水さんに驚かれたこともありましたっけ。

あれから私は何が変わったのだろう。

ジャクソンブラウンがこんなに良いとおもえるなんて。

--

--

その道のプロフェッショナルが、よく、「自分を信じることだ。」と言います。

でも、自分を信じるって、なんだろう?

やってきたことを信じて続けるだけ、とはなんか違う気がする。

--

ジャクソンブラウンの1974年は、いま、どうしたって古臭い、時代遅れの音楽、かもしれない。

しかし、いま、私が良いと思うのがジャクソンブラウンの1974年であり、

いま、全然、これが古臭いなんて思わない。

むしろ、私の中でジャクソンブラウンの1974年は、いま、超イケていて、

私にはビンビン来る。

誰から時代遅れと言われても、私には全然関係ない。

--

いま、自分がビンビンきているものはなにか、

それに従って生きること、何者にも変わっていっちゃうことが、自分を信じる、ということなのかもしれなかった。

もはやビンビンきていないものに従いつづけても、ダメだ。

で。

2014年、私はカントリーロックやります!

^--

(NB)

グリマーズ連の「自分を信じる」ライブ

1月27日(月)

新代田FEVER

3月5日(水)

新代田FEVER 「おぢまん企画」

« あなたを気にしている | トップページ | 27日グリマーズ連ライブに向けて(1) デジタルカントリーロックDCRはじめます »

のぶ記」カテゴリの記事