« おれのスペシャル浅田真央ストーリー(2) 2012年4月 | トップページ | ソチ冬季五輪はじまる 開会式からあれこれ »

2014年2月 6日 (木)

おれのスペシャル浅田真央ストーリー(3) やることはすべてやってきた

女子フィギュア、浅田真央選手が成田からソチに向かった、というニュース(2月5日)

「やることはすべてやってきた。」とコメント。

やはり、浅田真央はアツすぎる!

こういうことを言ってくれるから、大好きだ。

--

たとえば、2011年、

浅田真央選手はもうダメなんじゃないか、と私たちはおもわずおもってしまって、

弱気なブログ記事を書いたことがありました。

「今はもういちど基礎を固めている時期だから、」という理由が、途方もない感じで、

つづく泥の道。むなしさすら感じられたのを記憶しています。(今だからこそ、ここまで言えるのですが)

2011年11月13日付 「浅田真央選手がアツすぎる!」 http://glimmers-len.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/248-adcc.html

--

2012年。

バンクーバー冬季五輪後、ほかの選手が、着々と力をつけていく状況のなか、パッションを見失ってしまったかのような浅田選手

「うわぁ大丈夫か、浅田真央」とつぶやいている私がいました。

滑ることのたのしさ、ときめきを取り戻してほしい!

そんなことを、私は本気で考えていました。

2012年4月2日 「がんばれ!浅田真央選手」 http://glimmers-len.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-706a.html

--

そして2014年2月。

「やることはすべてやってきた」。

あそこから、よく、ここまで、這い上がってきました。

思い返すだけで、涙があふれてきます。

私は当時その道のりを「スペシャル浅田真央ストーリー」と名づけましたが、

それがいよいよ完結しようとしています。

成田空港での記者会見ですら、

もう涙なくして、観れません。

どんな結末になるのか、私は

--

正直に言うと、

キムヨナ選手に勝てるのか?不安です。

もしかしたら、4年経ってもキムヨナに全然歯が立たないんじゃないか、という怖れが拭えません。

さらには日本人選手にだって勝てるか、わからない。

銀メダル、銅メダル、メダルなし、に終わったら、どうしよう。恐怖です。

浅田真央選手を信じられない自分がなさけない。

おれはなにやってんだ、と本気でおもう。私は、

--

「自分に納得のいく演技が出来たから、満足です。」

それが、涙まじりの、慰めのコメントではなく、

それが、金メダルを獲った後、笑顔のコメントであってほしい。

--

「やることはすべてやってきた。」

あとは、

ほんと、フィギュアスケートの神さま、おねがいですから、真央ちゃんが最高の結果を出せるように、お導き下さい、

とか本気でおもってる、私は、

(NB)

グリマーズ連の「やることはすべてやってきたのか」ライブ

2月24日(月)

新代田FEVER (NBソロライブ)

3月5日(水)

新代田FEVER 「おぢまん企画」

« おれのスペシャル浅田真央ストーリー(2) 2012年4月 | トップページ | ソチ冬季五輪はじまる 開会式からあれこれ »

のぶ記」カテゴリの記事