« パンクとはなにか 共感なんて後ろからついてこい? | トップページ | 考えかたを変えたい »

2014年2月 1日 (土)

中川くんと飲む

中川くんと飲みました。

てか、中川くんって、誰だよ?と思われるでしょう。

中川くんは私の中学時代の友達であり、とかそういう説明はおいといて。

中川くんは、できるだけ、その行動を説明して人間性を説明したい、とおもわせる男である。

なんというか、大きい、のである。だから、

中川くんは中川くん。私のともだち。

なぜか実名で登場させたくなる唯一無二の男です。

--

中川くんは、フジロックに行ったとき、「グリマーズ応援ツアーバス 大宮~苗場」のドライバーとして、

どういうわけか、入口を間違えて(中川くんの責任ではない)、

フジロック会場の中をマイクロバスで乗り込んでいって、

マイクロバスがずんずんずんずん、中に入り込んでいって、

「いったい、なんで、こんなところまで入ってきてるんだ!」と

グリマーズは主催者の方から、ものすごくものすごく怒られました。

^--

^--

そんな中川くんが言うには、

ノブのことをここ5年位、ずっと考えていたんだけど、

今夜急に電話したくなって、とのこと。

--

あなたを気にしている。

そういうとき、われわれは、結局何もしないで済ますのだけれど、

中川くんは、もう一歩踏み出す。行動に移す。飛び越える。

だから、中川くんは中川くんなんだよな、と改めて感心する。

^--

^--

別に、昔話に花を咲かせる、というわけでもなく、

私と同じく、中川くんに呼ばれた、小学校の先生をやっている友人から、

いまクラスで起こっている厄介な問題などについて、話を聞いたりしていました。

--

彼女が言うには、

誰もいない教室で、ある児童の服が刃物で切られていた

誰が犯人かは大体想像がつくのだけれど、

かといって、被害者側の、自作自演かもしれない可能性も完全には否定できない

--

状況をいかにコントロールしていくか、

誰がやったにしても、「服を刃物で切る」行為自体は少々おだやかではなく、

その行為に向かわせたものが何か、それを明らかにして、対処していく、

--

--

って、なんて大変な仕事なんだろう!

もはや、ひとつの仕事を超えてる気がする。

それって何屋だよ?と、おもってしまう。

これは特別手当、ボーナスを与えるべき案件ではないか。

日々の授業をこなし、さらに、こんな問題(当然、保護者問題が絡んでくる)を解決していかなければならないなんて、

それが教師の仕事だ、と割り切るには、あまりに問題が大きすぎるのではないか。

--

彼女が、とくに悲観的でもないところが、すごいけれど、

やはり小学校の先生というのは、素晴らしいものらしく、

そういうことをちゃんと言える彼女は、すばらしい。

--

--

一方。私が話す内容といえば、

先日、ベースTBがふと口にしていた、

「味噌ラーメンか塩ラーメンかで悩んだ挙句、

味噌一本でやっていく決意を決めたラーメン屋のうたをつくろう」ということであり、

たぶんその曲はラップになるんじゃないか、とか言ってる。

私は、こんなことでいいのだろうか?

^--

(NB)

グリマーズ連NBのソロライブ

2月24日(月)

新代田FEVER

^--

グリマーズ連のライブ

3月5日(水)

新代田FEVER 「おぢまん企画」

« パンクとはなにか 共感なんて後ろからついてこい? | トップページ | 考えかたを変えたい »

のぶ記」カテゴリの記事