« 青梅に梅を見に行く | トップページ | 2014年4月 グリマーズ連NBソロライブ »

2014年3月27日 (木)

世界フィギュア選手権を観に行く  女子SP

世界フィギュア選手権を観に行ってきました。(27日さいたまスーパーアリーナ)

浅田真央選手にとっては、

ソチ五輪で、「取り返しのつかない」失敗をしてしまった因縁のショートプログラム。

--

「また、ダメか。」

「やっぱり、ダメなのか」

こういう結果だってありうるわけで、

観る私も、気合が入ります。

--

--

それが、ついに、

さいたまで、「完璧なノクターン」大完成しました。

「すごい。」

「やっぱり浅田真央はすごい!」

こういう結果でした。

感動。もう涙がとまりません。

^--

^--

6分間練習のさいごで、トリプルアクセルを成功させた瞬間から、

ぐわっときて、もうすでに私は泣いていて、

浅田選手の演技がはじまり、最初のトリプルアクセルを決めた瞬間から、ぶわっと泣いて、

そのあとも、ジャンプでくわっと泣いて、

ステップでうるっと泣いて、スピンでじわっと泣いて、涙、涙でした。

いま、これを書いていても、おもいだして、泣いています。

ああ、なんてすばらしかったんでしょう。

^--

うるうる、うるうる、と大の男が、かけたメガネをはずして泣くわけです。

みっともないです。

でも。周りからどう思われてたって、もうどうでもよかった。

あれを生で観たら、泣かなくっちゃ、いけない。

^--

^--

「ソチで悔しかったんだ。ソチで悔しかったんだ」

浅田はそう自分に言い聞かせながら滑っていたという。(朝日新聞デジタル)

--

浅田真央って、なんて、かっこいいんだろう。

アリーナからうちに帰って、この記事をみた瞬間、また泣きました。

「ソチで悔しかったんだ。」と自分に言い聞かせる

これは、深く想像すればするほど、そうとう泣けます。

^--

^--

78.66という世界歴代最高得点を出し、

「バンクーバー五輪のキムヨナ越え」も果たしました。

こんな未来が待っていたなんて、

きょう、私がアリーナに向かってる夕暮れ時とかには、全然、想像つかなかった。

すばらしい未来に、私はいるとおもう。

^--

^--

それにしても、

生で観たトリプルアクセルって、すごかった!

(NB)

グリマーズ連NBの「すばらしい未来」ライブ

4月7日(月)

新宿レッドクロス

« 青梅に梅を見に行く | トップページ | 2014年4月 グリマーズ連NBソロライブ »

のぶ記」カテゴリの記事