« 高校野球を観に行く 県大会3回戦 春の終わり夏のはじまり | トップページ | 13日ソロライブに向けて(1) 攻める宣言 »

2014年5月 5日 (月)

のらちゃんセカンドシーズン 第8回 それは分かり切ったことだ?

Pa0_0597

のらちゃん。

--

「かわいい、」と

のらちゃんに見惚れて、その場を動かなくなってしまった

小学4年生ぐらいの女の子が、

「いままでみたわんちゃんのなかで、いちばんかわいい」

と私に言う。

--

言われたこっちがびっくりした。

そんなことを言われるなんて、のらちゃんはすごいなあ、とおもう。

「ありがとう。」と女の子に私からお礼を言った。

のらちゃんは、女の子より私の方ばかりをみている。

--

--

のらちゃんがトコトコと女子高生のあとを追っかけて行く。

「こらこら、のらちゃん、」と私が騒いでいると、

女子高生が振り返って、足元の、のらちゃんに気付き

ふわっと笑って、「か、わいい。」と言った。

--

てか、きみがかわいいよ!

私は、はっと目の覚めるおもい

ショートカットの女子高生は陸上部の赤いジャージを着ていて、

「か、わいい。」とほほ笑んだ彼女はかわいかったなあ。

--

--

世界卓球・団体戦がやっていて、夢中である。

今回の世界卓球は、あまりにもおもしろくって、

代々木第一体育館に観に行けば良かったと後悔した。

--

代々木第一体育館の二階席から、卓球のボールが見えるわけがない、そんなこと分かり切っている。そうおもった。

しかも。その自由席でも3500円!

私はおびえた。

でも。行くべきだった。世界卓球はおもしろすぎる!

ボールが見えるかどうかじゃない。見る、のだ!

^--

^--

GWだからと、なんとなく、

髭を剃ってみたら私は、謝罪するサムラゴウチ氏みたいになってしまって、

つるつる具合がなんかキモい。

鏡の前で、ひとり、10秒は笑い続けていた。

^--

おもえば、3年位?私はずっと髭面であって、

つるつるフェイスの自分が笑っているのを見ていると、

「なに、お前?だれ?」と、つよい違和感を感じる。

私は私だ、そんなの分かり切ったことだ、とは思えない。

こいつ、キモいんだもん。

^--

^--

のらちゃんがかわいいのは、私には分かり切ったことである。

でも。

その「分かり切ったこと」を突き破ってくるものがある。

やっぱり、そういうとき、こころが動いていくのを感じる

--

同じひとにだって、何度でも恋をすべきだし、

やはり私はどんどん別人になるといいのかもしれない。

「分かり切ったこと」を超えていくのだ。

(NB)

グリマーズ連NBの「分かり切ったことを突き破る」ライブ

5月13日(火)

新宿レッドクロス 19:00~

« 高校野球を観に行く 県大会3回戦 春の終わり夏のはじまり | トップページ | 13日ソロライブに向けて(1) 攻める宣言 »

のぶ記」カテゴリの記事