« 2014年7月 グリマーズ連NBソロライブ | トップページ | ウィンブルドン 錦織圭選手がアツい! »

2014年6月29日 (日)

のらちゃんセカンドシーズン 6月 ありのまま最強伝説

Pa0_0475
のらちゃん。

^--

世の中には、青という色があるけれど、

こうして、ほんとに青があると、青はなんかハッとする。

雨上がりのあじさい。

^--

雨が降っていると、あじさいの青がさらに映えるから

きょうは雨が降っていて、

いい日和だ、とおもうのは、なんか最強な感じがする。

^--

雨があがれば、のらちゃんが散歩できる。

(めったに立てない)しっぽを立てて、トコトコ歩く。

「かわいい、」と知らない人が寄ってくる。

雨上がり、知らない人と話すのは、なんか、いい。最強だ。

^--

^--

街で、タンクトップ着た

すごいおっぱいの女性が通り過ぎたから、

「いま、すげえ、おっぱいだった」といったら、

友人は「きみは、整形ってどうおもう?」と訊く。

^--

私は、のらちゃんを例に挙げて、

既存の理想に近づけていくというやりかたが美容整形(または犬のトリミング)の根本にある限り、

なんかかなしいよね。

だって、私はもう既にのらちゃんが十分好きなんだから、

これ以上、どこの、誰の、理想に近づけるというのか。

だから、私は整形はしないほうがいいんじゃないか、とおもう。そんなようなことを言った。

^--

友人はどこか納得のいかない表情である。

いくら周りが「かなしい。」とかいったって、関係ない。

わたしは整形でわたしの理想を実現させようとするだけだ。

でも、それ、きっとみんなから「かなしい」っておもわれるよ、きっと。

なんで、わたしの理想に近づけようとする姿勢・行動が、そんな冷めた反応をよぶのか、

ポイントは、「わたしの理想」って実は誰の理想か、という点にあるとおもう。

^--

^--

ありのままは最強なのか。

そうだとおもう。

世の中の「理想」がころころ変わっても、ゆるぎない。

ありのままを愛してくれる存在がいれば、

だれでも最強になれる。絶対王者である。

問題はそんなひとと出逢えるか、である。

^--

のらちゃんは私と出逢って最強だし、

青いあじさいの咲く雨の日は最強である。

今の時期の夕暮れに飲むビールは、塩らっきょうと一緒だと最強で、

最強ってなんなんだ? 私はばかか。

最強になりたい。ありのままに。

^--

(NB)

グリマーズ連NBの「ありのまま」のソロライブ

7月7日(月)

新宿レッドクロス

^--

グリマーズ連の「最強」ライブ

7月30日(水)

新宿レッドクロス

« 2014年7月 グリマーズ連NBソロライブ | トップページ | ウィンブルドン 錦織圭選手がアツい! »

のぶ記」カテゴリの記事