« サッカーW杯を観ています コロンビア戦がたのしみ! | トップページ | 2014年7月 グリマーズ連NBソロライブ »

2014年6月27日 (金)

サッカー解説者にもがんばってほしい!(松木安太郎は別格)

しかし、

私はなぜ、サッカーのおもしろさが分からないんだろう?

いつか突然、「あ、こういうことか!」と

サッカーのおもしろさにハッと気づくときがくるのを待って、

とりあえずサッカーW杯を観続けている。いっぱい観てる。

^--

私もがんばってるから、

サッカー解説者にも、もうちょっとがんばってほしい。

私のようなサッカー音痴にも、「あ、それは深いね」とおもわせる、

サッカーというスポーツの味わいを教えてくれる解説者が

日本サッカー界にはもっともっとひつようだ。

サッカーを知らない私でも言えること、を話すだけのサッカー解説者が多すぎる。

^--

とはいえ、ある意味、

松木安太郎の解説は、すごい。

私でも言えそうなことを言っているだけなのに、

あれが私たちには、できそうで、できない。

なんであんなに明るいんだろう。プロだ。

^--

松木安太郎が、私の求めている「サッカーの味わい」を教えてくれることは全くないけれど

松木安太郎のカラッとした声を聞いていると、私は元気が出るから、すきだ。

もはや、解説なんて、どうだってよくなる。

^--

「3番!岩清水!いいねえ!」

「おいおいっ!いまのファールだろう!」

基本、松木安太郎はこんなことしか言わないが、

「おお!ここにも10番!澤がいるね~!」「10番澤は何人いるんだ?」とか、

ときに、なんか深いことを言う。

(もちろん、澤はひとりしかいない)

^--

5月の女子サッカー、アジア大会では、

同じく解説に入った女子サッカーの大竹七未さんとのダブル解説で、

松木安太郎ならではのオヤジギャグを言うと、

それに大竹さんが「ふふふ。」と笑う、

というやりとりが、なんかよかった。

ウケを狙いにいく松木安太郎はちょっとエロオヤジっぽいんだけど、

でもカラッとしているし、

松木安太郎ってひとはモテるんだろうな、とおもった。

^--

(NB)

グリマーズ連NBの「深い味わいの」ソロライブ

7月7日(月)

新宿レッドクロス

^--

グリマーズ連の「カラッとした」ライブ

7月30日(水)

新宿レッドクロス

« サッカーW杯を観ています コロンビア戦がたのしみ! | トップページ | 2014年7月 グリマーズ連NBソロライブ »

のぶ記」カテゴリの記事