« のらちゃん、セレブ犬になる | トップページ | グリマーズ連のぶの泥ラジオ。FMラジオのDJをやってみたい、みたいな »

2014年8月26日 (火)

1キロを5分40秒で走っていていいのか

楽屋で。

衣装に着替えようと、裸になると

ドラムWDが、「太ったんじゃない?」と私に言う。

満腹時、おなかをつまむと、

最大で5センチは、つまめる。ぽっこりおなか。

^--

私は、生きてきて、

まだなんにも成し遂げていないのに、

太っている場合か。ばかが。

やることやってから、太れ。

というわけで。

以前のように、もっと走りに行くことにしました。

^--

^--

走っていると、誰もがおもうことだろうが、

だんだん思考がクリアになってきて、

自分にとって大事なことと、そうでもないことの区別がはっきりしてくる。

「走り終わったら、あれをやろう、」

「最近かんがえてたあんなことはどうでもいいことだ、」

要するに、すっきりしてくる。

^--

私は速く走れるランナーではないが、せめて、

体幹、身体の軸がぶれていない、

うつくしいランナーでありたい、とおもっていて、

^--

そういえば、プロスポーツも、

最後は、いかに体幹をうつくしく保てたか、の勝負のような気がしていて、

身体のつかれ、気持ちが折れる、といった要因で

相手より先に、体幹がブレ出した方が、負ける。

^--

そういうわけで、

体幹に気を使って走っているせいか、

1キロに5分40秒かかってしまっている。

「随分おそいな、」とおもうも、

私がたたかっているのは、体幹がブレ出す自分なのだから、

いまはタイムは気にしないでよい。

^--

お盆あたりから、走る回数を増やしていたら、

だんだん5キロが短く、おもえてきた。

以前のように、10キロがふつう、月に200キロ、という感覚にだんだん近づいているのかもしれない。

そうしたら、ふたたびフジロックに近づいているのかもしれない。

ほんとかよ。

^--

(NB)

グリマーズ連の「フジロックに近づく」ライブ

9月24日(水)

新宿レッドクロス

« のらちゃん、セレブ犬になる | トップページ | グリマーズ連のぶの泥ラジオ。FMラジオのDJをやってみたい、みたいな »

のぶ記」カテゴリの記事