« のらちゃんセカンドシーズン 8月 花火大会 | トップページ | 尾瀬ケ原を歩く 2014夏 »

2014年8月18日 (月)

高校野球 新旧 校歌あれこれ

群馬県代表、健大高崎の校歌がすごすぎる。

http://www.youtube.com/watch?v=MGJ5jcwLVYQ

いまさら言うことでもありませんが、

やはり、テレビで生で聴くと、ものすごいので、言わずにはいられない。

^--

はじめて聴いたときの衝撃は忘れられない。

「~を超える!」なんて、よく言うけれど、

実際には、

既存のものをぶっこわし、超える、というのはなかなかできるものではありません。

健大高崎の校歌こそまさに、校歌を超えた校歌です。

「ありえないよ、」とおもう。そこがすごい。

^--

「校歌が出来ました。」となったとき、

おとなが何人も集まって、よく誰も止めなかったな~とおもう。

ほんとうにあの曲が採用されてしまったなんて、なんか、ゆめみたいだ。

^--

^--

一方で、

富山商業の校歌がかっこいい。

短い曲で、あっという間に終わってしまうけれど、

『君が代』のように、シンプルかつ、重厚なメロディ、

さすが100年を超える伝統校の存在感があります。

^--

^--

私だったら、試合で負けて、

富山商業の校歌が流れても、

「まあ、こんなすごい校歌なら、負けてもしょうがないか」とおもってしまいそうです。

しかし!

もし、健大高崎の「Be together」が流れたら、

「ちっくしょう!なんで勝てなかったんだぁ~!」と悔しくて悔しくてたまらないよ!

^--

^--

少子化の影響で、

今後あたらしい高校が出来ることはかんがえにくいから、

健大高崎のような、ニューウェーヴ校歌が生まれる機会は、

もしかしたら、健大高崎を最期に、もう永遠に失われてしまったのかもしれない。

そういった意味でも、きわめてユニークな校歌だとおもいます。

^--

しかも、この夏の健大高崎の機動力野球、

なんかすごいアゲアゲで、ノッていて、すごい。

このまま全国制覇しての、大会を締めくくる『Be together』大合唱なんて、

あぁ、ゆめみたいだ。

^--

グリマーズ連の「Be together」ライブ

9月24日(水)

新宿レッドクロス

« のらちゃんセカンドシーズン 8月 花火大会 | トップページ | 尾瀬ケ原を歩く 2014夏 »

のぶ記」カテゴリの記事